【Web小説】僕は結婚したくない③

NO IMAGE

もうすぐホームルームが始まる時間だからか、体育館には誰もいなかった。
ホームルームには間に合わないだろうが、仕方ない。
「……どういうことなんだ?」
僕の言葉に青手木は少しだけ首をかしげる。
……無表情でその動作をすると、壊れた人形のようで怖い。
「なにがでしょうか?」
なぜ、敬語?
青手木は誰にでも敬語を使うような奴ではない。というより、逆だ。先生にだってタメ口で話すような奴だ。まあ、話自体あまりするようなタイプじゃない。ほとんど学校にも来ないし。
「なぜ、僕を迎えにくる必要がある? 何かの嫌がらせか? それとも罰ゲームの類か?」
「私はイノリさんの妻ですから。それくらいは当然のことです」
「……」
質問をして答えてもらったのに、謎が深まる。
青手木が何を言っているのか、まったくわからなかった。
……妻? さっきも言ってたな。あれか? 友達がいないから、一人でおままごとをやっているとかか?
……シュール過ぎるだろ。高校生にもなって、おままごとって。
まあ、別に他人がどんな趣味を持ってようが、僕には関係ない。
問題なのは、それに巻き込まれたということだ。
「……他の奴にやってもらえよ。青手木なら喜んで旦那役をやってくれるはたくさんいるだろ」
「約束してくれたのはイノリさんだけですから」
「約束?」
「結婚のです」
「……」
まいった。
どうやら青手木の脳内では、そこまで話が進んでいるようだ。
「とにかく僕はごめんだ。他を当たれ」
「それは無理です」
「なんでだよ?」
僕がそう言うと、青手木はポケットの中を探り始め、一枚の紙切れを出した。
大きい紙。テスト用紙を二枚、横に貼り付けたくらいの幅がある。
ん? その紙、どこかで見たような……。
「昨日書いてもらった紙です」
青手木の言葉に、僕はポンと手を叩く。
昨日、放課後の教室で、その紙に名前を書かされた上に母印まで押せと言われたことを思い出す。
「その紙が、どうしたんだ……ん?」
紙の右上に書いてある文字が目の端に映り、僕は何度も目をこする。
いやいや。待て待て。はは。そんなわけない。あるはずがない。
というか、それって学生が貰えるもんなのか?
青手木が持っている紙には『婚姻届』と書かれてあった。
当たり前だが、その紙には青手木シオの名前と千金良イノリ……僕の名前が書かれてある。
そして、その名前の隣にはしっかりと僕の母印が押されていた。
「な、なんだよ、これ……」
「婚姻届。正式名称、婚姻届書。夫または妻になる人、それぞれの印鑑を押し……」
「違う! そういうことを聞いてるわけじゃない」
青手木は僕の言葉に、無表情のまま首をかしげる。
……いや、怖いって。なんか人形が勝手に動いてみたいで。
だが、僕はこんなことでくじけるわけにはいかない。
ビシッと青手木を指差し、僕は言う。
「なんで、そんなものを持ってる!」
「結婚したいからです」
「あ、うん。まあ、そうだよな」
青手木の回答はまっとうでグウの根も出ない。
だが、そんなことじゃ諦めないぞ。結婚なんて冗談じゃない。
「なんで僕の名前が書いてある!」
「イノリさんが、昨日書いてくれたからです」
「……ですよね」
くそっ、確かに昨日名前を書いたのは僕自身だ。
ヤバイ。どうしよう。僕は頭を抱えて悶える。
なんてこった。なんで、人生を決める重要なことを簡単に決めてしまったんだ。
眠たいから、早く終わらせたいから、というショボイ理由で。
……あれ? ちょっと待て。なんか話がズレてないか?
僕はハッとして顔を上げる。
「……なあ、青手木。僕たちって、別に付き合ってなかったよな?」
「はい。昨日、初めてお話しました」
「なんで、それが急に結婚ということになるんだ?」
「婚姻届けに名前を書いてくれたからです」
「いやいや。待てよ。じゃあ何か? お前は婚姻届に名前を書いてくれれば、誰でも良いっていうのか?」
青手木は壊れた人形のようにカクンとうなずいた。
「……私のことを好きと言ってくれるなら、誰でも、です」
「節操無いなっ! ……ん? 今引っかかること言わなかったか? 僕がお前のことを好きって言ったって……」
「はい」
その無表情でうなずくの止めて。トラウマになるから。
というのは置いておいて。
「そんなわけないだろ。いつだよ?」
「昨日。放課後」
「ん? 昨日?」
僕は腕を組み、首をひねって昨日のことを思い出す。
寝ているところを青手木に起こされて……。
「あっ! お前……もしかして」
「最初は寝言かと思いました。でもその後、婚姻届に名前を書いてくれたので本気なんだと思いました」
「……」
話を整理するとこうだ。
僕は不覚にも寝言で「好きだ」的なことを言ったらしい。(考えてみると思い当たるフシがある)。
あの時、教室には僕と青手木しかいなかった。
青手木は自分が告白されたのではないかと思ったわけだ。
……いや、机に突っ伏したまま告白はないだろ。
そこで青手木は真意を確かめるために婚姻届を僕の前に出した。
……そして、僕はそれに名前を書いた。
え? 馬鹿なんですか? 僕も青手木も。
そんなんで結婚決めていいわけないだろ。
とにかくここは誤解を解かねば。
「あのな、青手木、僕は……」
その時、いきなり青手木はその場に座り込んだ。
三つ指添えて深々と頭を下げる。
「不束者ですが、末永く宜しくお願いします」
「あ、いや……」
「付け加えておきますが、婚約破棄をされるなら慰謝料をもらいます」
「……い、いくらくらい?」
「一億ほどです」
体育館の中なので、風が吹くなんてことはありえないはずなのだが、僕は確かに感じた。
ヒューという風が吹いたのを。
そして思った。
……僕の人生詰んだ。と。

授業はほとんど頭に入らなかった。
当たり前だ。そんな場合じゃない。
僕は頭を抱えて目をつぶる。
すると授業中なのにやたらと視線を感じた。
……わからんでもないが(月見里さんは普通だった。……くそ。嫉妬してねえ)。
あの後とりあえず青手木に帰るように言ってみると、あっさりと承諾してくれた。
だから今、教室内に青手木はいない。
が、その状態はこのクラスにとっては通常のことで、そもそも青手木がテストの日以外に教室にいることがイレギュラーだったのだ。
先生も特に気にしている様子はない。
ただ、クラスの連中は違う。
朝の、僕と青手木の会話を聞いていたのだ。
好奇の目で見てくるのは当然だろう。
幸いなことといえば、僕は友達がいない(幸いなのか?)ことだ。
大体休み時間はいつも寝てるし、学校が終わったらバイトに行くから友達を作る暇がない。
まあ、学校内で話すのは月見里さんくらいだ。
だから面と向かって朝のことを聞いてくる奴はいなかった。
まあ、そんなことはどうでもいい。今僕が考えるべきことは一つ。
どうやって婚約破棄をするかだ。
しかも青手木の方から破棄を持ちかけてもらわないといけない。
高校生で一億の借金って、それはそれで人生終わりだし。
「月見里さんに伝わる前に……」
確かに現状では月見里さんとは脈がなさそうに思える。(あくまで思えるだ)。
だからと言って妙な誤解を与えたままにしておくのはマズイ。
で、青手木の方から婚約破棄をさせるにはどうすればいいか。
それは僕のことを嫌いになってもらえばいいのではないか。
さすがに嫌いな人間と結婚するほど人格は崩壊してないだろう。
ただ、ここで問題が一つ浮かび上がってくる。
単に青手木に対してひどいことを言えば良いというものじゃない。
もしそんな場面を他の奴に見られて噂になったら、青手木だけじゃなく月見里さんにも嫌われてしまう。
それじゃ本末転倒だ。
だから人知れず、二人っきりの時にやんわりと嫌われなくてはならない。
青手木も僕と同じく友達はいないタイプだろう。
だけど念には念を入れるべきだ。
青手木に実は友達がいて、そこから話が漏れる恐れもある。
同じクラスでもあるし。
なんとなく青手木に嫌われる。これがベストだ。
よし。今後の方針が決まったところで授業に集中しよう。
勉強をおろそかにするわけにはいかない。
月見里さんは学年でもトップクラスだ。(青手木には適わないが)
付き合った時に彼氏が馬鹿だとマズイだろ。
……可能性はゼロじゃない。だったらその準備をしておくべきだ。
僕は黒板の文字を消される前に、慌ててノートに書き写す作業に没頭したのだった。

<2ページ目へ> <4ページ目へ>