【意味が分かると怖い話】シェアハウス

■概要
意味が分かると怖い話です。こちらは創作(オリジナル)となっています。
こちらの話は配信などでも、無料でお使いいただけます。
※ただし、転記や自作発言は止めてください。

〈意味が分かると怖い話一覧へ〉

〈前の話へ:安全なマンション〉  〈次の話へ:双子の誕生会〉

■本編

私は今、二人暮らしをしている。

 

って言っても、その人とは別に恋人同士でもなんでもない。

私はその人に恋愛感情をもってないし、あっちも私にそんな感情をもってないだろう。

まあ、もたれても困ってしまうんだけど。

 

とにかく、私が転がり込むようにして、二人暮らしの生活が始まった。

 

私たちの生活は平凡そのもので、毎日が同じように過ぎていく。

 

朝。

6時にアラームが鳴り始める。

もちろん、それは相手がセットしたアラームだ。

彼の朝は早いのだ。

 

そのアラームの音で、上の部屋の私の方が先に起きてしまうのだけど、私がアラームを消したり、彼を起こしたりなんてことはしない。

それはルール違反だ。

 

だから、彼が起きてアラームを消してくれるのをジッと待つしかない。

時々、彼がなかなか起きてくれなくて、イライラするけど、そこは我慢。

私は文句が言える立場ではないのだ。

 

なぜなら、私は家賃を払っていないから。

まあ、払えないといった方が正しいのだけれども。

 

とにかく、私は我儘が言える立場ではないので、我慢するところは我慢しないといけない。

部屋だって、私の方が随分と狭い。

人なんか呼べないほどだ。

……呼ぶ友達なんていないけどね。

 

彼が家を出たら、ようやく私の時間。

下へと降り、テレビを付け、掃除を始める。

 

あ、もちろん、軽くだよ。

あんまり綺麗にし過ぎてもマズいから。

よく、部屋が汚い人が言うでしょ。

汚く見えるけど、それは自分が使いやすいように配置してあるだけ、だって。

彼もそのタイプみたい。

だから、気付かないところや、ずっと掃除していないところを重点的にやっていく。

 

いやー、この前、排水溝周りを見た時は、ビックリしたよね。

今までよく詰まらなかったな、って感じ。

 

だから、ピカピカにしてあげたんだ。

……彼は気づいてなかったけどね。

 

それが終わったら、朝食。

冷蔵庫を開けて、中を見る。

 

それなりに物が入っているけど、彼はあまり、料理をしない。

いや、仕事が忙しくて出来ないって言った方がいいのかな。

料理自体は好きみたいで、休みの日には食材を買っている。

 

でも、それが使われることはあまりない。

ほとんどを腐らせてしまう始末だ。

 

本当は私が作ってあげればいいんだけど…。

そんなことをすれば、何を言われるかわからない。

男からしたら、好きでもない女に作ってもらうのは嫌だよね。

ホント、男って面倒くさい。

 

ササっと朝食を作って食べて、食器を洗って元に戻す。

うん。完璧。

 

さてと、そろそろ、出かけようかな。

 

私は働いていないって言っても、ニートってわけじゃない。

日雇いのバイトとか、ちょっとしたお手伝いなんかをして、お金を稼いでいるのだ。

……まあ、自慢するほどの金額じゃないけれど。

 

そんなこんなで、今日も一日、平穏に過ぎていく。

こんな毎日がずっと続くのかなって思ってた矢先のことだった。

その平穏はあっさりと崩されることになる。

 

彼が引っ越しすることになったのだ。

 

急な転勤。

家じゃ、そんなこと言ってなかったのになあ。

 

なので、突然、彼とはお別れすることになった。

恋愛感情をもってなかったことが、不幸中の幸い。

とはいえ、寂しさはあるけどね。

 

だけど、彼は全く、そんな感じは出していない。

まあ、当然なんだけどね。

 

彼がいなくなった部屋の中は、かなり広く感じる。

やっぱり寂しくもあるけど、開放感もある。

 

なんか、部屋の主になったみたいで、結構嬉しい。

でも、今のままじゃ、ちょっと不便だなあ。

 

なーんて考えているときだった。

突如、部屋に人が入ってきた。

 

――そして、私は警察に捕まった。

 

終わり。

■解説

主人公の女は侵入者。

部屋に住む男にバレないように、天井裏で息をひそめて暮らしていた。

だから、掃除も食事もバレないようにしていた。

最後は、部屋の中でくつろいでいたら、部屋を見に来た不動産の人と遭遇して、通報されてしまったのだ。

 

〈意味が分かると怖い話一覧へ〉

〈前の話へ:安全なマンション〉  〈次の話へ:双子の誕生会〉