【意味が分かると怖い話】不良品のゲーム

〈意味が分かると怖い話一覧へ〉

〈前の話へ:精肉店〉  〈次の話へ:声〉

■本編

最近のゲームは凄い。

VRっていう、まるでゲームの世界に入り込んだようなものまで出てきている。

 

CMで見てて、凄い欲しいと思ってたんだけど、最大の問題はお金がないことだ。

バイトを増やそうかと思ったけど、それだとそもそもゲームをやる時間がなくなる。

 

となれば、安く売っているものを買うしかない。

例え、多少壊れていようと、正規品じゃなくても、ゲームさえできればそれでいい。

 

ってことで、さっそく、ネットで購入した。

売ってたのは、物凄い怪しいサイトで、ゲーム機自体も、聞いたことのないような海外の会社が作っているものだ。

それでも、背に腹は代えられない。

とにかく、やれればいいんだ、やれれば。

 

では、念願のVRゲーム、開始!

 

だけどいきなり、バチンと音がして、画面が真っ暗になった。

 

なんだよ、まさか、いきなり壊れたのか?

くそ、せめて今日一日くらい持てよなー。

 

ため息を吐きながら、機器を取り外すと、部屋自体が真っ暗だった。

 

なんだよ。ブレーカーが落ちただけか。

 

俺は手探りゲームの電源を切り、ブレーカーの方へと向かった。

 

終わり。

■解説

ブレーカーが落ちたのなら、ゲームの電源も落ちているはずである。

そして、真っ暗な状態でわざわざゲームの電源を切ったということは、BGMは流れていたということが考えられる。

また、ゲームが起動しているのなら、わずかながらも、起動していることを示す、ランプがついているはず。

手探りで、と言っているところから、その小さなランプすら見えていないことになる。

つまり、目の前が真っ暗になったのは、ブレーカーが落ちたのではなく、語り部の目自体が光を失ったと考えることができる。

〈意味が分かると怖い話一覧へ〉

〈前の話へ:精肉店〉  〈次の話へ:声〉