【意味が分かると怖い話】声

〈意味が分かると怖い話一覧へ〉

〈前の話へ:不良品のゲーム〉  〈次の話へ:意図せぬ同居人〉

■本編

彼の声が好きだった。

 

透明感があって、胸の奥が温かくなるような、そんな綺麗な声。

だから、彼からプロポーズされたときは、嬉しかった。

私には断る理由はなかった。

 

「コーヒー、淹れてくれ」

「うん、わかった。……あれ? ねえ、コーヒーカップ、どこ? ここに置いてって言ったよね?」

「……あ? あー、はいはい。コーヒーカップ、ここ」

「ねえ、お願い。こういうことは守ってって……」

「うるせーな! わかったって! 本当、お前、めんどくせえよ!」

「……だって。仕方ないじゃない」

「もういいよ! 自分で淹れるから!」

 

結婚してから数年後。

私たちの仲はすれ違いばかりで、冷え切ってしまった。

 

彼の声も、今では怖いと感じるようになった。

また怒鳴れるのだろうか。

そう考えると、口ごたえをしない方がいいのかなって思うけど……。

でも、私が生活できなくなるので、それはできない。

 

私はいつしか、彼が帰ってくるのが怖いと感じるようになった。

 

そんなある日のこと。

彼が風邪を引いた。

喉を痛めて、しゃべるのも辛そうだ。

 

「……もう、寝る」

「熱はあるの? 測ってみて」

「……」

「どう?」

「38度」

「凄く高いじゃない。……ねえ、食欲ある? おかゆ、作ろうか?」

「いいよ。危ないし」

「何言ってるの。いつも料理してるじゃない」

 

彼はしばらく寝込んだ。

病院には頑なに行こうとしなかったから、家で安静にしてても治るのに1週間かかった。

 

――そして。

 

「あーあー……」

「声……治らないね」

「……ごめん」

「なんで、あなたが謝るのよ」

 

確かに、彼の声が好きだった。

その声が変わってしまったことは、ちょっとだけ寂しい。

 

でも……。

 

「はい、コーヒー」

「ありがとう」

「うふふ」

「なに?」

「コーヒーカップ、言ったところにしまってくれたのね。ありがとう」

「え? 普通のことじゃないの?」

 

風邪になってから、彼は変わった。

ウィルスと一緒に、毒が消えたみたい。

 

口数が減って、声は低く枯れたような感じになっちゃったけど、私は今の彼の声の方が好き。

 

今は、彼の声だけじゃなくて、彼自身が好きって胸を張って言える。

ふふっ。今はとっても幸せよ。

 

終わり。

 

■解説

語り部は盲目の女性。

コーヒーカップの場所にこだわっているのも、見えないから、定位置にないと探すのが大変だから。

そして、風邪をひく前と風邪を引いた後の男は『別人』。

目が見えないので、入れ替わっていることに気付かなかった。

熱を測ったときに、語り部の女性は自分で見ないで、相手に聞いたところや、「おかゆを作る」と言ったときに、男が「危ない」と言ったのも、語り部が盲目であることから。

 

〈意味が分かると怖い話一覧へ〉

〈前の話へ:不良品のゲーム〉  〈次の話へ:意図せぬ同居人〉