笑って済まされない

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:3分

■ジャンル
漫画原作、現代、コメディ

■キャスト
リリアン
イアン
マイルズ

■台本

〇部屋の中

リリアンがイアンに詰め寄っている。

それを壁に寄り掛かりながら、腕を組んで見ているマイルズ。

リリアン「あんたねぇ! ターゲット間違えるとか、スパイとしてやる気あるの?」

イアン「あー、いや、あはは……」

誤魔化し笑いをするイアン。

その顔を見て、さらに怒りが増すリリアン。

リリアン「あんたは、いっつもそう! そうやってヘラヘラして! 笑って済まされないことだってあるんだからね!」

イアンがシュンとして。

イアン「……すみません」

リリアン「謝っても済まないことだってあるのよ!」

イアンの両頬を掴んで引っ張るリリアン。

マイルズ「……その辺にしておいたらどうだ?」

リリアン「あんたは黙ってて! ここで教育しておかないと!」

マイルズ「……教育ねぇ」

リリアン「なによ? 文句あるの?」

マイルズ「……」

マイルズがポケットから一枚の紙を出す。

マイルズ「本部から報告が来てる」

リリアン「報告? なんの?」

マイルズ「お前が今回、出した被害は1000万だそうだ」

リリアン「っ!?」

マイルズ「……」

イアン「……」

リリアン「……てへ!」

マイルズ「……笑って済まされないこともあるんじゃなかったのか?」

マイルズが呆れた顔をする。

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉