バタフライエフェクト

〈前の10枚シナリオへ〉   〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分

■ジャンル
アニメ、ドラマ、現代、コメディ

■キャスト
蓮太(れんた)
隼人(はやと)
美優(みゆ)
奈々子(ななこ)

■台本

〇グラウンド

男子と女子が分かれて、体育をやっている。

女子はソフトボールをしていて、男子は50メートル走でタイムを計っている。

そんな中、美優がヒットを打ち、活躍している。

50メートル走の順番待ちで座っている、蓮太が、美優を呆けたような表情で、見ている。

それを横でチラリと見る、隼人。

隼人「止めとけって、蓮太。柏崎(かしわざき)さんは無理だって」

蓮太「へ!? いや、そういうわけじゃ……」

隼人「……(ジト目)」

蓮太「わかったよ。はいはい。そうですよ。美優さんのこと、好きだよ、悪いか?」

隼人「別に悪いって言ってないだろ。無理だって言ってるだけで」

蓮太「よけい、タチ悪いよ」

隼人「けどなぁ。柏崎さん、可愛いよな。優しくて、勉強出来て、運動も抜群。惚れない奴はいないよな」

蓮太「そうそう」

隼人「それに比べて、性格、頭、運動神経、全部悪いお前じゃ、どうやっても攻略は無理だろ」

蓮太「せ、性格は悪くないぞ! ……たぶん」

隼人「現実を見ろって」

蓮太「ふっふっふ。果たしてそうかな?」

隼人「なんだよ?」

蓮太「バタフライエフェクトだよ、バタフライエフェクト」

隼人「なんだ、そりゃ」

蓮太「小さい出来事が、回り回って最後には物凄いデカい出来事になるってやつだよ」

隼人「あー、あれか? 風が吹けば桶屋が儲かる的な?」

蓮太「……それだとなんか、格好悪いだろ。バタフライエフェクトだよ」

隼人「はいはい。で、それがなんなんだ?」

蓮太「つまり、こんな俺でも、なにか小さな風邪を吹かせれば、手が届かない美優さんにも、届くって話さ」

隼人「……はいはい。夢を見るのは自由だからな」

蓮太「ふん。今に見てろよ」

〇通学路

蓮太と隼人が一緒に帰っている。

隼人「でさ……」

すると、路地裏の方から声がする。

美優「ちょっと、止めてください」

男「いいじゃねーか。ちょっと付き合えよ」

蓮太「ん? 今、あっちから、美優さんの声がしなかったか?」

隼人と蓮太が路地裏の方を覗き込む。

すると美優と奈々子が男に絡まれている。

男が美優の腕を掴んでいる。

美優「は、放してください」

男「放したら、ついてきてくれるか?」

美優「何を言ってるんですか!」

それを見ている隼人と蓮太。

隼人「うわー。今どき、あんなわかりやすい不良がいるもんだな。さっさと、通報しようぜ」

蓮太「いや、待て!」

隼人「なんだよ?」

蓮太「風を起こす」

隼人「は?」

蓮太「バタフライエフェクトだよ、バタフライエフェクト」

隼人「……?」

蓮太は石を拾い、男に目掛けて投げる。

男「いてっ!」

蓮太が隠れようとするが、転んでしまう。

蓮太「いてっ!」

男「んだ、てめえ? 今、石投げたの、てめえか?」

蓮太「あー、いや……。どうかな?」

男「見てたぞ、おら!」

蓮太「ぎゃー! 助けて―」

男「待て、おら!」

蓮太が逃げて、男が追っていく。

唖然としている優美と隼人。

隼人「……かっこ悪」

〇校門前(朝)

優美と奈々子が一緒に歩いている。

そこに、ササと蓮太が近づいてくる。

蓮太「あ、あのさ、昨日は、その……大丈夫だった?」

優美「……え? なにが?」

蓮太「いや、その、男に……」

そのとき、チャイムが鳴る。

優美「あ、奈々子。遅刻しちゃうよ。急がないと」

優美が奈々子の手を掴んで走っていく。

蓮太「……」

後ろから隼人が蓮太の肩を叩く。

隼人「小さい風すら起こらなかったな」

蓮太「……うるせー」

〇学校・廊下(夕方)

蓮太と隼人が玄関へと向かっている。

そこに後ろから奈々子が走ってくる。

奈々子「あ、あの!」

蓮太と隼人が振り向く。

奈々子「あの、その……。昨日はありがとうございました」

蓮太「あ、いや、いいんだよ。大した事できなかったし」

隼人「逃げただけだからな」

蓮太「うるせー」

奈々子「昨日は、私、ホント怖くて……」

蓮太「ははは。大丈夫だった?」

奈々子「あの、何かお礼させてください」

蓮太「別にいいよ」

奈々子「……お願いします」

蓮太「まあ、そこまでいうなら……」

奈々子「(にっこりとほほ笑んで)ありがとうございます」

蓮太と奈々子が一緒に歩き出す。

奈々子「蓮太さんは甘いものとか好きですか?」

蓮太「まあ、結構好きかな」

奈々子「本当ですか? なら、駅前の……」

楽しそうに話して歩いている奈々子と蓮太。

それを後ろから見ている隼人。

隼人「おお……。バタフライエフェクトだ」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉   〈次の10枚シナリオへ〉