嫌われている理由がわからない

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:5分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
凪(なぎ)
澪(みお)
佐藤(さとう)
不良1~2

■台本

凪(N)「僕は澪さんに嫌われている。それはきっと、僕が男なのに、弱弱しいからだ。だから、澪さんは僕を見るとイライラするんだと思う」

場面転換。
学校の教室内。

澪「なに!? 東高(ひがしこう)のやつにカツアゲされた?」
佐藤「う、うん……」
澪「どんなやつだ? 取り返してきてやるよ」
佐藤「え? いいよ。危ないし」
澪「あのなぁ。クラスメイトがそんな目に遭って、黙ってられるかよ」

凪がやってくる。

凪「ね、ねえ、澪さん。佐藤くんの言う通りだよ。こういうのは、警察に任せた方が……」
澪「っ! な、なんだよ? 私のこと心配してんのか?」
凪「そ、そりゃ、まあ、澪さん、女の子だし」
澪「っ!? 馬鹿野郎! 私を馬鹿にすんのか? 東高の雑魚どもなんて、危険でもなんでもねーよ!」
凪「ご、ごめん……」
澪「ふんっ!」

場面転換。
路地裏。

不良1「ああ? なんだ、てめえ!」
澪「昨日、うちの学校のやつからカツアゲしただろうがよ?」
不良2「カツアゲじゃねーよ。あれは慰謝料だよ慰謝料! ぎゃはははは!」
澪「ふん!」
不良1「うげっ!」
不良2「な! てめえ!」
澪「おらああ!」
不良2「うげっ!」
澪「ったく、口ほどにもねえな。……さてと、じゃあ、昨日、取ってった分は返してもらうからな」

澪がガサガサと漁って、お金を取り返す。

澪「これに懲りたら、もううちのやつらに手を出すんじゃねーぞ」
不良2「うう……」

澪がスタスタと歩き出す。
それを陰から見ていた凪。

凪「ふう。よかった。これで警察に知らせなくて大丈夫そうだね」
澪「ん? 凪? お前、なにしてんだ?」
凪「え? いや、その……別に」
澪「お前、まさか、私が心配で後をついてきた、とかじゃないだろうな?」
凪「あー、いや、その……」
澪「……ふん。余計なお世話だって言ってんだろ」
凪「……ごめん」

凪(N)「やっぱり、僕は嫌われてるみたいだ」

場面転換。
放課後の教室内。
佐藤と澪しかいない。

澪「佐藤、話ってなんだ? この前の礼は別に良いって言っただろ」
佐藤「あ、あの……澪さん」
澪「ん?」
佐藤「す、好きです! 付き合ってください!」
澪「……そっか。ありがとな」
佐藤「それじゃ……」
澪「でも、ごめん。佐藤には、私なんかより、もっといい女が似合うよ」
佐藤「そ、そうですか……」
澪「おいおい、落ち込むなって。大丈夫。お前の魅力をちゃんとわかる女はいるよ」
佐藤「は、はい……」
澪「それじゃ、また明日な」

スタスタと歩いていき、教室のドアを開く。

澪「……ん?」
凪「あっ!」
澪「……まさか、聞いてたのか?」
凪「……」
澪「盗み聞きなんて、感心しないな」
凪「ごめん……。でも……」
澪「ん?」
凪「ちょっと、ホッとした、かな。断ってくれて」
澪「なっ! そ、それって……」
凪「澪さんには嫌われてるかもしれないけど、僕は好きだよ、澪さんのこと……」
澪「なっ! ば、ばーか! いきなり変なことい、言ってんじゃねーよ!」

澪が走り去っていく。

凪「……はあ。やっぱり、僕、嫌われてるんだ」

場面転換。
廊下を歩く凪。
どこからか、バンバンと壁を叩いている音が聞こえる。

凪「ん? なんだろ?」

凪が音のするところに向かう。

凪「あ、澪さんだ……」
澪「あー、もう! なんで、素直になれないんだよ! 私のバカバカバカ!」
凪「……」
澪「わ、私も好きなのに! 好きなのにぃ!」
凪「……そっか。澪さん、好きな人がいたんだ……」

凪(N)「澪さんに好きな人がいるから、僕に冷たいということがわかった。だけど、どうして、僕にだけ、冷たいんだろう? それがどうしてもわからないんだ……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉