【声劇台本】最弱の一族

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人以上
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、シリアス

■キャスト
レア
セーレ
その他

■台本

セーレ「レア。僕は旅に出ようと思う」

レア「セーレ、何を言っているの? 旅なんて危ないわ」

セーレ「危ない……か。だからだよ。僕は旅に出て、世界一になる!」

レア「……世界一?」

セーレ「うん。だから待っていてくれる?」

レア「ダメよ! お願い、考え直して! 周りの言うことなんて気にしないで。セーレはそのままでいいのよ」

セーレ「……レア。もし、僕が世界一になって帰ってきたら……」

レア「……帰ってきたら、なに?」

セーレ「いや、続きは帰ってきてから言うよ。だから、待っていて欲しい」

レア(N)「そう言って、セーレは旅に出て行ってしまった。この村で一番……最弱と呼ばれていたのに……」

場面転換。

レアが歩いている。

そこに男がやってくる。

男「やあ、レア。あの噂、聞いたかい?」

レア「噂? なに?」

男「あのセーレの奴が、あの勇者一行と一緒に旅をしてるらしい」

レア「ホント!」

男「あ、ああ。どうやら本当のことらしい」

レア「……よかった。セーレ、無事だったんだね」

男「でも、心配だよ。あいつ、勇者の足を引っ張らないか。逆に、この村で一番弱いあいつが、よく仲間にしてもらえたもんだよ」

レア「危ないから、帰ってくればいいのに」

男「ははは。せっかく勇者一行の仲間になれたんだ。あいつなら死ぬまでついていくさ。頑固さでもこの村で一番だったからな」

レア「……」

場面転換。

レアが歩いている。

そこに男がやってくる。

男「レア! ほら、変なじいさんから手紙が届いているぜ」

レア「……私に? なんだろ?」

男「わざわざ、こんな村にまで送ってくるんだからすごいよな」

レナ「……」

男「で? 何が書いてあるんだ?」

レア「これ、セーレからの手紙みたい」

男「へー! 状況報告ってやつか。まあ、勇者の仲間なんだから、ちょっと帰郷するなんてできないだろうからな。それで、それで? なんだって?」

レア「……魔王軍の三大将の一体を倒すときに勇者と一緒に戦ったって」

男「ホントかよ? いよいよ凄いことになってきたな」

レア「セーレ、頑張ってるんだ……」

そこに初老の男がやってくる。

初老の男「レア、来てくれ!」

レア「え? う、うん。わかった」

場面転換。

男2「うう……」

初老の男「崖から落ちた時に、当たり所が悪かったらしい」

レア「うん、わかった。それじゃ、治すね」

初老の男「すまんな。回復魔法が使えるのはレアしかおらんからのう……」

レア「いいのよ、これくらい」

レアが深呼吸をして祈ると、パーっという癒しの音がする。

初老の男「さすがレアだな。みるみる、傷が塞がっていく」

レア「これでよし、と」

そこに男3が走ってくる。

男3「レアちゃん! 来てくれ! 大勢の怪我した奴らが……」

初老の男「なんだと? どういうことだ?」

男3「それが、森に暴走したモンスターが出たらしい。そいつに襲われて……」

レア「わかった、すぐに行く」

場面転換。

レア「ふう、これでよし、と」

男3「ありがとう。一時はどうなるかと思ったよ」

レア「それが……傷は癒したんだけど」

男3「ん? なにかあったのか?」

レア「どうやら、毒に侵されているみたい」

男3「ええ?」

レア「だから、毒消し草が必要になるわ」

男3「そっか……。よし、じゃあ、俺が取ってくるよ」

レア「私も手伝うわ」

男3「ダメだよ! 危ないから、村で待ってて」

レア「……セーレも頑張ってるんだもん。私も、やるわ」

男3「……そっか。でも、危なくなったらすぐに逃げるんだよ」

レア「うん、わかった」

場面転換。

森の中。

歩いているレアが立ち止まる。

レア「あ、あった。毒消し草」

後ろから唸り声が聞こえてくる。

レア「え?」

ワーウルフ「グルルル……」

レア「ワーウルフだ」

ワーウルフ「グルルル!」

レア「ま、待って! 落ち着いて! 私は……」

ワーウルフ「がああ!」

レア「きゃっ!」

ワーウルフの空噛みの音。

レア「ダメ……。暴走状態で話が通じない」

ワーウルフ「ウガアア!」

レア「きゃああ!」

ワーウルフに噛まれるレア。

レア「うう……。早く逃げなきゃ」

レアが走るが、ワーウルフも追ってくる。

レア「はあ、はあ、はあ……あっ!」

慌てて立ち止まるレア。

レア「崖……」

ワーウルフ「グルルル!」

レア「もうダメ……。セーレ」

ワーウルフ「グルルル……」

レア「ううん! 諦めちゃダメよね。セーレが頑張ってるんだもん。私だって!」

ワーウルフ「ガアアアアアア!」

レア「ギリギリまで引きつけて……躱す!」

ワーウルフ「ガアア? アアアア……」

崖から落ちえていくワーウルフ。

レア「ふう……。助かった……。やったよ、セーレ」

場面転換。

レアのところに男がやってくる。

男「レア! 聞いたか! ついに勇者が魔王を倒したんだ!」

レア「ええ? ホントに?」

男「しかも、ちゃんとセーレのやつも一緒に戦ったらしいぞ」

レア「そっか……。セーレ、すごいね……」

男「ああ! この村の……いや、一族の快挙だ!」

レア(N)「そして、それから数日が経ったある日」

セーレ「レア!」

レア「セーレ!」

セーレ「ただいま」

レア「お帰りなさ……うう」

セーレ「え? レア、どうしたの?」

レア「ううん。セーレが無事でよかった」

セーレ「約束したでしょ。世界一になって戻ってくるって」

レア「うん……。すごいね」

セーレ「それでさ……。えっと、旅に出る前に、帰ってきたら言おうと思ってたことなんだけど……」

レア「うん……」

セーレ「僕と結婚してください」

レア「はい……。喜んで」

セーレ「やったー!」

レア(N)「こうして、最弱と呼ばれた一族で、村で一番弱かったセーレが約束通り、戻ってきてくれた。世界で一番強い、スライムになって」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0