【声劇台本】アビリティクイーン

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
咲(さき)
沙良(さら)
奏汰(かなた)

■台本

咲(N)「世の中には、なんでもそつなくこなすという器用な人間がいる。そういう奴は大体が器用貧乏、つまり大体のことは最初から普通以上にできるが、その分、そこからの成長が遅いということが多い。なのでそこまで羨ましがられることはないし、本人も嫌だと思うこともあるだろう。だが、最初から何をやっても最強だったとしたらどうだろうか? たとえ成長が皆無だったとしても、最強であればデメリットは存在しない。そんな人間がいれば、誰しもが羨ましがるだろう。……たった一人、そう、自分自身以外は……」

咲が駒を動かす。

咲「チェックメイト」

奏汰「う、うう……」

咲「私の勝ちだな」

奏汰「もう一回! もう一回だけお願いします!」

咲「……まあ、いいけど」

沙良「いやいや。奏汰くん、もう無理だって。もう24連敗だよ。咲も止めてあげなよ」

奏汰「うう……」

咲「んー。まあ、沙良の言う通り、今日は止めとこうぜ。もう外も暗いしさ」

奏汰「……はい。あ、あの咲先輩……。また、明日も勝負してくれますか?」

咲「ああ。どんなことでも受けてたってやるよ」

奏汰「それじゃ、今日は帰ります。さよなら」

咲「じゃあ、また明日な」

沙良「気を付けてねー」

ガラガラとドアを開けて、部屋を出ていく奏汰。

沙良「はあ……。ホント、咲ってドSだよね。奏汰くん、涙浮かべてたじゃない」

咲「……」

沙良「まあ、わかるけどね。ああいう表情も可愛いよね。咲の気持ちもわからないでもないかな」

咲「うるせー。別に好きで勝ってるわけじゃねーよ」

沙良「何をやらせても一番。才能の塊、アビリティクイーンに勝てるはずないわよ。そろそろ、そろそろ負けてあげたら?」

咲「……そんなの、あいつに悪いだろ。それに、あいつが認めねーよ」

沙良「そんなこと言って、もう一年よ、一年。そろそろ、諦めちゃうんじゃない?」

咲「う……」

沙良「奏汰くん、可愛いから女子からも人気高いんだよね。私の友達も狙ってるみたいだし」

咲「うう……」

沙良「誰かに取られちゃうかも」

バンと机を叩いて立ち上がる咲。

咲「帰る!」

ドアを開けて出ていく咲。

場面転換。

奏汰「今日はこれで勝負してください」

咲「……麻雀か。いいぜ。ルールは?」

沙良「なに? 咲、麻雀したことないの?」

咲「ああ。一回もない」

沙良「奏汰くん、これはチャンスよ!」

奏汰「は、はい! これ、ルールブックです」

咲「ふむ……」

ペラペラとページをめくる咲。

咲「よし、大体はわかった。始めるぞ」

沙良「(小声で)咲、わかってるんでしょうね?」

咲「……ああ」

場面転換。

奏汰「ロン! リーチ、三連刻(さんれんこー)! 5200点です」

沙良「やったぁ! すごい! 奏汰くん、勝てるわよ」

咲「……」

沙良「(小声で)いい? このままよ、このまま」

咲「(小声で)わかってる……」

奏汰「あの……咲先輩。わざと負けてませんか?」

咲「え? いや、そんなことはない。だいたいルールだって、さっき知ったばかりだぞ。わざと負けるとかできるわけねえだろ」

奏汰「……それにしては、僕に有利になる牌ばかり捨ててますよね? わざとテンパイも崩してるし……」

咲「いや、それは……その、だな」

沙良「(小声で)バカ……」

奏汰「僕、それで咲先輩に勝っても、意味がありません。お願いです。ちゃんとやってください!」

咲「……わかった。次は全力でやる」

奏汰「お願いします」

沙良「(小声で)……ちょっと、大丈夫なの?」

咲「(小声で)ああ。いくら私でも、オーラスでひっくり返すのは無理だ。奏汰の勝ちさ」

沙良「(小声で)それならいいけど……」

場面転換。

咲「……」

沙良「……どうしたの?」

奏汰「……咲先輩?」

牌を倒す咲。

咲「れ、人和(レンホウ)。役満……」

奏汰「あ……」

沙良「ば、ばかー!」

咲「し、仕方ねーだろうが!」

奏汰「ぼ、僕の負けです……」

場面転換。

奏汰「咲先輩……。僕、この勝負を最後にしようと思います」

咲「なっ!」

沙良「ちょ、ちょっと奏汰くん?」

奏汰「一年間、ずっと咲先輩に付きまとってしまって迷惑をかけてますから。これで終わりにします」

咲「べ、別に迷惑じゃねえけど」

奏汰「これは、僕のケジメです!」

咲「わかった……。で、種目は?」

奏汰「剣道です」

場面転換。

咲「よし、準備できたぜ」

沙良「ちょ、ちょっと奏汰くん。咲は運動能力も半端ないのよ。勝てるわけないわ」

奏汰「僕、小さい頃から剣道をやってたんです。この一年間、裏で必死に稽古もしてました」

沙良「確かに、咲は剣道やったことないと思うけど……」

奏汰「咲先輩。この前みたく手を抜いたりしないでください。真剣勝負でお願いします」

咲「……わかった」

場面転換。

沙良「……始め!」

奏汰「はああああ!」

咲「……」

奏汰「小手っ!」

パンと奏汰の小手が決まる。

沙良「小手あり、一本!」

奏汰「やった……」

沙良「やるじゃない。まだ慣れてないところに電光石火の攻撃ね」

奏汰「はい」

沙良「じゃあ、お互い、元の位置に戻って……。二本目、始め!」

奏汰「はあああ! 面!」

咲「……」

奏汰の攻撃がいなさられる。

奏汰「小手、面! 面! 小手!」

咲「……」

奏汰が連続攻撃を仕掛けるが、全部いなされる。

沙良「さすが咲。もう剣道に慣れ始めてる」

奏汰「小手、小手! 面!」

咲「……」

奏汰「ここだ! やあ!」

奏汰が咲に体当たりする。

咲「おっ!」

沙良「止め!」

咲「ん? なんで止めるんだ?」

沙良「場外よ」

咲「ふーん。この線から出たらダメなのか」

沙良「奏汰くん、かなり作戦を練ってきたみたいね。……勝てるわ」

奏汰「……(ごくりと唾を飲みこむ)」

沙良「……始め!」

奏汰「はあああ!」

咲「悪いな、奏汰」

奏汰「え?」

咲「面!」

咲の攻撃がスパンと決めまる。

沙良「め、面有り、一本」

奏汰「……見えなかった」

咲「奏汰。お前が望んだことだ。全力でいくぞ」

奏汰「は、はい……」

咲「さよならだ、奏汰」

奏汰「まだ、勝負はついてません」

沙良「三本目、勝負!」

咲「面!」

奏汰「くっ!」

咲「小手! 面! 面! 小手!」

奏汰「くっ! うっ!」

咲「どうした? 守ってばかりだと勝てないぞ! ほら、ほら!」

奏汰「まだだ……。チャンスがくるはずだ」

咲「はああ!」

奏汰「ここだ!」

ドンと奏汰と咲がぶつかる。

咲「くっ!」

沙良「咲のバランスが崩れた!」

奏汰「今だ! 面!」

咲「……!」

沙良「……」

バシと竹刀を掴む音。

奏汰「え?」

沙良「白羽取り?」

咲「悪いな、奏汰。全力って約束だから、そう簡単に負けるわけには……」

沙良「勝負あり!」

咲「は? なんでだよ! 攻撃止めただろうが」

沙良「いや……。竹刀離すの、反則だから」

咲「へ?」

沙良「場外と竹刀落としの反則2回で、一本だから」

咲「……」

奏汰「そ、それじゃ……」

沙良「ええ。奏汰くんの勝ちよ」

奏汰「やったー!」

咲「よっしゃー!」

場面転換。

奏汰「え、えっと咲先輩。約束通り、勝負に勝ったので、僕と付き合ってくれますか?」

咲「ああ、もちろんだ!」

奏汰「咲先輩!」

咲「奏汰!」

抱き合う二人。

沙良「……なに、この茶番……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0