心の欠片

心の欠片

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、シリアス

■キャスト
エマ
アイラ

■台本

ガチャリとドアが開き、エマが入ってくる。

エマ「おはようございます、ご主人様」

アイラ「もう、エマ。私のことはアイラって呼んでよ」

エマ「申し訳ありません、アイラ様」

アイラ「様はいらない……って、それはもういいわ。それより、お腹減っちゃった。朝食はサンドイッチがいいわ」

エマ「トマトたっぷりのですね」

アイラ「あら、わかってるわね」

エマ「もう用意してあります」

アイラ「うそっ! どうして私の食べたいものがわかったの?」

エマ「今までのアイラ様の朝食のデータから検証を行いました。この3日間の食事の内容と今朝の気温と湿度から、アイラ様が要望するのは83パーセントの確率でサンドイッチという結果になりました」

アイラ「うーん。そこはさ、好物だからとか、勘だとか言ってよ」

エマ「承知しました。記録しておきます」

アイラ「そこは、覚えました、よ」

エマ「……上書き完了。覚えました」

アイラ「うん。よくできました。さ、朝ご飯食べよっか」

場面転換。

紅茶を啜るアイラ。

アイラ「ふう。相変わらず、エマの淹れる紅茶は美味しいわね」

エマ「ありがとうございます」

アイラ「ねえ、エマ。そろそろ、敬語止めない?」

エマ「現在、言語をアップデートしてますが、もう少し時間がかかります」

アイラ「そっか。でも、無理することないからね」

エマ「はい。承知しました。……それで、アイラ様。午後からはまた、感情の入力をお願いできますでしょうか」

アイラ「うん。わかった」

場面転換。

エマ「アイラ様。この、嬉しいという感情の続きを教えてください」

アイラ「えっと……。エマの好きなお花はなに?」

エマ「バラです」

アイラ「バラのどんなところが好きなの?」

エマ「……データにありません。単にバラが好きという設定がされているだけです」

アイラ「そっか。じゃあ、今日はバラの好きなところを探そうか」

エマ「しかし、アイラ様。私は嬉しいという感情を教えて欲しいのであって、好きという感情ではありません」

アイラ「嬉しいを知るには、まずは好きを知らないと」

エマ「そうなのですね」

アイラ「うん。そうなの。それでね、バラって言えば赤色がイメージできると思うけど、エマは赤色、好き?」

エマ「……わかりません」

アイラ「じゃあ、ちょっと出かけようか」

場面転換。

山道を歩くアイラとエマ。

エマ「アイラ様。この辺りは野犬が出るので、危険です。早く帰りましょう」

アイラ「もうちょっと……。あ、ついた!」

アイラが立ち止まる。

アイラ「エマ、見て。素敵な夕日でしょ」

エマ「……鮮やかに見えます。不思議です。綺麗と感じました」

アイラ「うんうん。それそれ。でね、夕日は赤いでしょ。エマはこの夕日の赤が綺麗と感じた。その赤色に似ているバラが好き、という感じはどうかしら?」

エマ「……はい。理解できました」

アイラ「おっけー。この感じ、覚えててね」

エマ「わかりました。あと、もう一つ、赤色が好きな理由を見つけました」

アイラ「へえー。なになに?」

エマ「アイラ様の髪の色です。アイラ様の髪の色と似ているから、バラが好き、というのも好きのうちに入るのでしょうか?」

アイラ「えへへ。ありがとう」

エマ「? なぜ、お礼を言うのでしょうか?」

アイラ「嬉しかったから。私の髪の色が好きって言ってくれて」

エマ「嬉しかった……ですか?」

アイラ「あらら。私の方が先に、嬉しいを貰っちゃったわね」

場面転換。

料理を作っているエマ。

そこにアイラがやってくる。

アイラ「エマ」

エマ「はい、なんでしょう?」

アイラ「これ、エマへのプレゼント」

エマ「バラ……ですか。でも、どうして私にプレゼントをくれるのでしょうか?」

アイラ「今日は記念日なのよ」

エマ「記念日? なんのですか?」

アイラ「エマと私が出会った、特別な日」

エマ「……ありがとうございます」

アイラ「あれ? 気に入らなかった?」

エマ「いえ、違います。なんだか、すごく胸のあたりが温かい感じがします。アイラ様と一緒に夕日を見たときの数倍の感覚です」

アイラ「うふふ。それが嬉しいって感情だよ」

エマ「嬉しい……。とっても素敵な感情ですね」

アイラ「えへへ。そうでしょ?」

エマ「ふふ。そうですね」

アイラ「あ、笑った」

エマ「え?」

アイラ「今、エマ、笑ったよ」

エマ「本当ですか? それも嬉しいです」

場面転換。

アイラ「うーん。怒りの感情かぁ。これはア後回しにしない?」

エマ「どうしてですか?」

アイラ「あんまり、いい感情じゃないからさ。怒りは凄く嫌な感情なの。相手を傷つけたいって思うような感情……。そんなのをエマには知って欲しくないかな」

エマ「私は早く感情を全部知りたいです」

アイラ「あのさ、前から思ってたんだけど、どうして、そんなに急いでるの?」

エマ「早く、アイラ様とお友達になりたいのです」

アイラ「え?」

エマ「お友達になるには、様々な感情が必要と書物で読みました」

アイラ「ねえ、エマ。私たちはとっくに友達だよ」

エマ「そうなんですか?」

アイラ「そうなの」

エマ「でも、私はアイラ様と一緒に、笑って、怒って、泣きたいんです」

アイラ「そっか。そうだよね。また、一緒に笑おうね」

エマ「はい。でも、怒りや悲しみも早く知りたいです」

場面転換。

山道を歩くアイラとエマ。

アイラ「うーん。いい天気ね」

エマ「はい。空気も澄んでいます」

アイラ「ピクニックもいいでしょ? 前に夕日を見たところだけど、あそこ、お昼もきれいな景色がみえるの。それを見ながらご飯食べるのもいいものよ」

エマ「楽しみです。それで、アイラ様。ピクニックではどんな感情を教えてくれるんですか?」

アイラ「今日は感情のお勉強はなし。一緒に笑えるようになるにはね、感情だけじゃなくて思い出も必要なのよ」

エマ「思い出……ですか?」

アイラ「うん、二人の思い出は……え?」

グルルル、と野犬の唸り声。

エマ「野犬です、下がってください。私が対処します」

アイラ「で、でも……」

ガアアアア!と襲い掛かる野犬。

エマ「くっ……」

野犬がエマに噛みつく。

アイラ「ちょっと、エマから離れなさい!」

アイラが野犬を叩く。

グルルとうなりをあげて、今度はアイラに襲い掛かる。

アイラ「え? ……きゃあ!」

アイラに噛みつく野犬。

アイラ「嫌っ! 痛いっ!」

エマ「アイラ様! この……」

野犬を思い切り蹴るエマ。

野犬が悲鳴のような声を上げて逃げていく。

エマ「アイラ様、大丈夫ですか?」

アイラ「ありがとう……。でも、ちょっとヤバいかも」

倒れるアイラ。

エマ「アイラ様!」

場面転換。

タオルを絞ってアイラの額にのせるエマ。

アイラ「うう……。はあ、はあ、はあ……」

エマ「しっかりしてください! アイラ様」

アイラ「……ごめんね、心配かけたね……」

エマ「アイラ様。私、怒りという感情がどういうものか、わかりました。アイラ様を傷つけた、あの野犬は許せないと思いました。アイラ様を傷つけた野犬を傷つけたいと思ったんです」

アイラ「はは。うん。それが怒りだね……。変なところで覚えちゃったね」

エマ「……アイラ様が言っていた通り、あまりいい感情ではありませんでした」

アイラ「そうでしょ? ……だから、エマには悲しみも……知って欲しくないな」

エマ「……」

アイラ「……ねえ、エマ。私のこと……ずっと覚えていてね」

エマ「……?」

アイラ「……エマにはずっと……笑顔で……いてほしい……の。私のこと……笑顔で……思い……だして……ね……」

エマ「……アイラ様? アイラ様! アイラ様!」

エマ(N)「私はこの瞬間、悲しみという感情を知ることができた。アンドロイドの私は、早く人間になって、アイラ様の本当の友達になりたかったから。心の欠片をそろえて、アイラ様と同じ、人間になりたかった。……でも、もうアイラ様はいない。こんな思いをするのなら、私はアンドロイドのままでよかったのに……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉