【声劇台本】魔王様の憂鬱

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、コメディ

■キャスト
ルーシャス
コーディアス
ゼノ

■台本

ルーシャス「はあ……」

ドアがノックされる。

ルーシャス「入れ」

コーディアス「失礼します」

ドアが開かれコーディアスが入ってくる。

コーディアス「魔王様。ラッド王国より使者が来ております」

ルーシャス「今度はラッド王国か。……三ヶ月後に会談の場を設けると伝えろ。場所はコーローの魔の森。護衛は10名まで。時間は深夜1時でいいだろう」

コーディアス「魔王様。恐れながら、人間は夜目が利きません。明かりを用意すると思いますので、返って目立ってしまうかと」

ルーシャス「ああ……。そうだな。じゃあ、昼にしよう」

コーディアス「承知しました。……次にアラー地方の魔獣軍団長ら、1000体がストライキを起こしました」

ルーシャス「……またか。今度はどんな要求をしてきたんだ?」

コーディアス「週休2日にすることと、報酬の果物をもう少し上げろと」

ルーシャス「……休みに関してはシフト制にして、ローテーションで、各自順番で取れるように調整しろと伝えろ。報酬に関しては、今年は異常気象で不作だからこれ以上は出せん。なんとか納得してもらえ」

コーディアス「魔王様……。アラー地方の部族に使者を送るのはどうでしょう?」

ルーシャス「人間たちに使者? 協定を結ぶのか? だが、あそこは反魔族主義が強いぞ。停戦に応じるとは思えん」

コーディアス「いえ。商売の交渉をするのです」

ルーシャス「商売?」

コーディアス「はい。果物などの作物に関しては人間たちの方が生産性は高いです」

ルーシャス「なるほど。報酬分を買って用意するということか。だが、そもそも魔族と取引するとは思えんぞ」

コーディアス「なので、シャドー族に人間に化けさせて交渉をするのです」

ルーシャス「……ふむ。面白い。アラー地方にはシャドー族の魔族はいない。魔族が人間に化けるなんてことは疑わない、と」

コーディアス「はい」

ルーシャス「よし! それでいこう。交渉役の人選と内容はお前に任せる」

コーディアス「はい。……では、失礼いたします」

コーディアスが歩き出す。

ルーシャス「コーディアス」

コーディアスが立ち止まる。

コーディアス「なんでしょうか?」

ルーシャス「……例の、勇者の件なんだが」

コーディアス「今は賢者の塔で修行中とのことです」

ルーシャス「そうか。うまくいったか……。で? どんな感じだ?」

コーディアス「密偵の話では、修行は最終段階に入ったとのことです」

ルーシャス「ということは、あと一週間というところか」

コーディアス「恐れながら魔王様。そろそろ、あの勇者の力は無視できなくなってきてます。今なら、塔に全勢力と投入すれば簡単に打ち取れるかと」

ルーシャス「ダメだ!」

コーディアス「え? ……なぜです?」

ルーシャス「あ、いや……。ふむ。コーディアス。これだけは覚えておいてほしい。人間という生き物はいくら希望を砕こうとしても、すぐに新しい希望を見出す。つまり、今、あの勇者を倒したところで、新たな勇者が現れるだけだ。それであれば、今の勇者をこちら側でコントロールする方がこちらにとっても、都合がいいのだ」

コーディアス「なるほど。出過ぎた進言、失礼いたしました」

ルーシャス「いや、お前には本当に助けられている。これからも頼むぞ」

コーディアス「恐悦至極です」

ルーシャス「……なあ、コーディアス。お前、魔王をやってみる気はないか?」

コーディアス「は? おっしゃっている意味が……」

ルーシャス「ああ、いや、冗談だ。すまん」

コーディアス「はあ……」

ルーシャス「それにしても魔王というのは大変だな。逃げ出したくなるのもわかる」

コーディアス「それは……前の魔王軍司令のことをおっしゃっているのですか?」

ルーシャス「ああ……。お前には本当に悪いことをしたな。急に前の軍司令の穴を無理やり埋めさせてしまった。苦労をかけてばかりだな」

コーディアス「いえ。前の軍司令はもっと苦労していたと聞いております。その……魔王様が職務をサボることが多かったと」

ルーシャス「……懐かしいな。あのとき、もう少し私が上手くやっていれば、こんなことにはならなかったのかもしれないな」

コーディアス「今の魔王様は、魔族の王に相応しい姿勢を我々に示してくれています。……ただ、魔王様には大変な重責を強いてしまい、心苦しく思っています」

ルーシャス「お前には感謝している。これからも頼む」

コーディアス「はっ!」

場面転換。

ルーシャス「……うーん。ここの運河を使って、ムサールへの物資の移動を……」

バンと勢いよく扉が開く。

コーディアス「魔王様! 勇者が城に攻めてきました!」

ルーシャス「来たか!」

コーディアス「今、城内の戦力を集結させています。囲んで一気に叩き潰します」

ルーシャス「待て! まずは戦力の三分の二は待機させろ」

コーディアス「え? あの……」

ルーシャス「第一拠点と第二拠点に、魔王近衛軍の団長と副団長を配置しろ。その際は護衛をつけず、単独で待つように指示しろ」

コーディアス「恐れながら魔王様。それでは突破されてしまいます」

ルーシャス「よい。勇者が拠点を抜けたら、あとは誰も手を出さないように、全兵士に伝えろ」

コーディアス「魔王様……。一体なにをお考えなのですか?」

ルーシャス「ようやく……ようやく、この時が来たのだ。勇者は魔王である私、自ら叩き潰す。どんなに私に危機が迫っても、絶対に手を出すなと重ねて伝えておけ」

コーディアス「……しかし」

ルーシャス「頼む。言う通りにしてくれ」

コーディアス「承知しました……」

場面転換。

バンと勢いよくドアが開く。

ゼノ「覚悟しろ、魔王! この勇者ゼノがお前を討つ!」

ルーシャス「ふふふふ。待ちわびたぞ、勇者よ。それでは、死ぬがよい!」

ゼノ「行くぞ! うおおおお!」

場面転換。

ルーシャス「ぐああああ!」

ルーシャスが倒れる。

ゼノ「勝った……。ついに、魔王を倒したぞー!」

ルーシャス「……お見事です」

ゼノ「いやー、面白かった!」

ルーシャス「これで気が済みましたか?」

ゼノ「よし! もう一回やろっと」

ルーシャス「は?」

ゼノ「次は仲間と一緒に旅をしようかな」

ルーシャス「ちょ、ちょっと待ってください!」

ゼノ「あとさ、この次は伝説の武器とかも用意しておいて。洞窟とかに置いとくとかさ。あと、究極魔法の封印も解いておいて」

ルーシャス「もう勇者ごっこはお止めください!」

ゼノ「まあまあ、あと一回だけ! じゃあ、引き続き、魔王役よろしく!」

ルーシャス「いい加減にしてください! 魔王様!」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0