あの日もらった命

あの日もらった命

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
沙奈(さな)
空(そら)
沙奈 子供時代
その他

■台本

車の急ブレーキ音。

沙奈「きゃーー!」

男「危ない!」

ドンと男が車に轢かれる。

沙奈「あ……」

男「……だ、大丈夫か?」

沙奈「う、うん……」

女「いやあああああ!」

男「よかった……」

女「お願い、しっかりして!」

沙奈「……」

女「あんたさえいなければ……」

場面転換。

大学の食堂内。賑わっている。

空「……それって沙奈が何歳の頃なんだ?」

沙奈「7歳の誕生日だよ。誕生日が危うく命日になりそうだったから、ハッキリ覚えてるんだ」

空「なるほどな。場所って覚えてるのか?」

沙奈「えっと……家の近くの交差点だったと思う。その事故にあってから、怖くてしばらくの間、その場所を通れなかったんだ」

空「そっか……。で、その、助けてくれたって男は誰だったんだ?」

沙奈「それがさ、不思議なことに誰なのかわからなかったんだよね。目のところに大きな火傷があって、特徴的だったんだけど、結局見つからなかったんだ。近くにいた女の人もだけど」

空「……」

沙奈「でも、急にどうしたの? 昔の事故のことを聞くなんて」

空「ああ、ちょっと気になっただけだよ」

沙奈「ふーん。……それにしても、空がサングラスしてるなんて珍しいね」

空「寝不足でクマが凄いんだよ」

沙奈「なるほどねー。いっつも研究で忙しそうだもんねー。彼女の私を差し置いて、ずーっと研究してるもんねー」

空「ああ、いや……その……ごめん。もうすぐでレポートのまとめが終わるからもう少し待って」

沙奈「え? レポート? ってことは、実験、終わったってこと?」

空「あれ? ……言ってなかったっけ?」

沙奈「聞いてない! もう、なんでそんな大事なこと言わないかな?」

空「ごめん! 今度、デートで奢るから」

沙奈「奮発してよね!」

空「わかってるって」

場面転換。

沙奈が校内を歩いている。

そこに空が走り寄ってくる。

空「よ、沙奈、久しぶり」

沙奈「……」

空「な、なに怒ってるんだよ?」

沙奈「わからない?」

空「あー、いやー、会えなくて悪いとは思ってるんだよ。ホント」

沙奈「……で? いつ、奢ってくれるの?」

空「ごめん、もうちょい待って。今、研究が大詰めなんだよ」

沙奈「え? 前にもうレポートのまとめに入ったって言ってたじゃん」

空「え? そう……だっけ?」

沙奈「あんたさー、私のご機嫌を取るために適当なこと言ってんじゃないでしょうね?」

空「そ、そんなことないって! じゃあ、明後日にデートしよう!」

沙奈「……そんなこと言って、当日にどうせドタキャンするんでしょ?」

空「いやいや、今回は絶対! 明日には実験が終わるからさ」

沙奈「……もし、今回ドタキャンしたら別れるからね」

空「お、おう……。わかった」

場面転換。

道を歩く沙奈。

男「危ない!」

沙奈が男にドンと押される。

沙奈「きゃっ!」

頭上から花瓶が落ちてきて、地面に叩き付けられて割れる。

男「大丈夫か?」

沙奈「あ、ありがとうございます……」

慌てて女性が駆け寄ってくる。

女性「すいません! 大丈夫でしたか?」

沙奈「あ、はい。この人が助けてくれて……って、あれ? いない……」

場面転換。

ドアが開き、空が入ってくる。

空「お待たせ」

沙奈「あ、空」

空「……どうした? 浮かない顔して」

沙奈「あのね、さっき、上から花瓶が落ちて来たんだけどさ……」

空「え? 大丈夫だったのか?」

沙奈「うん。通りかかった男の人に助けて貰ったんだけど、その人、急に消えちゃったんだよね……」

空「どんな奴だったんだ?」

沙奈「それがさ、咄嗟のことだったのと、帽子を被ってたから、わからないんだよね」

空「……ちなみに、それ、どこだっただ?」

沙奈「駅前のモスドのところ」

空「そっか……」

沙奈「その人、たぶん、怪我したんだと思うんだよね。血が地面にあったからさ」

空「……」

沙奈「大丈夫だったかな、あの人。お礼と治療代は払いたかったなぁ」

空「……まあ、いなくなったなら仕方ないだろ。それより、久しぶりのデート行こうぜ」

沙奈「う、うん。……研究の方はいいの?」

空「おう! バッチリ成功した!」

沙奈「ホント! おめでとう! じゃあ、今日はお祝いだね」

空「ああ」

場面転換。

ドアをノックした後、ドアが開き、沙奈が入ってくる。

沙奈「空、いる?」

空「あ、沙奈。どうしたんだ?」

沙奈「いや、昨日のことなんだけど……って、眼帯なんかして、どうしたの?」

空「ああ、ちょっと実験でヘマしちゃって」

沙奈「……研究は成功したって言ってなかった?」

空「……いや、レポートのために検証してたんだよ」

沙奈「お願いだから、あんまり無茶しないでよ」

空「わかってるって」

沙奈「そんなに危険な研究なの?」

沙奈がペラペラとレポートをめくる。

沙奈「なになに? タイムリープ理論? 偶然で試作品は何とか動いたが、もうすぐ使えなくなるだろう?」

空「あー、それは没になったやつ!」

空が慌てて沙奈からレポートを取り上げる。

沙奈「ふーん。随分とファンタジーな実験してたのね」

空「うるせ!」

場面転換。

沙奈が校内を歩いていると、空が駆け寄ってくる。

空「沙奈」

沙奈「空、どうしたの? そんなに慌てて」

空「あーいや、あのさ。付き合ったときに一度だけ話してくれたことがあったよな?」

沙奈「何の話?」

空「小さい頃、知らない人に命を助けて貰ったって」

沙奈「う、うん……」

空「そのときのこと……詳しく教えてくれないか?」

沙奈「ど、どうして?」

空「いいから! もう、時間がない!」

沙奈「え?」

空「あ、いや! 頼む、教えてくれ!」

沙奈「……ねえ、空の研究レポート。タイムリープって……」

空「沙奈!」

沙奈「いや! だって、空が……」

空「そんなこと言ってる場合か!」

沙奈「絶対に、教えない!」

空「くそっ!」

空が走り去っていく。

沙奈「大丈夫……。私が教えなければ……って、あっ!」

慌てて沙奈も走り出す。

場面転換。

ドアを激しく叩く沙奈。

沙奈「開けて! お願い! 開けて!」

体当たりしてドアを壊す沙奈。

沙奈「空! ……いない。きっと、2週間前に戻ったんだ。……その後は17年前に。……なんとか空を止めないと」

場面転換。

走る沙奈。

沙奈「お願い、間に合って! 空! 空!」

車の急ブレーキ音。

沙奈(子供)「きゃーー!」

空「危ない!」

ドンと男が車に轢かれる。

沙奈(子供)「あ……」

空「……だ、大丈夫か?」

沙奈(子供)「う、うん……」

沙奈「いやあああああ!」

空「よかった……」

沙奈「お願い、しっかりして!」

沙奈(子供)「……」

沙奈「あんたさえいなければ……あんたさえ、いなければ!」

首を絞める沙奈。

沙奈(子供)「く、苦しい……」

空「沙奈……」

沙奈「はっ!」

手を放す沙奈。

沙奈(子供)「ごほっ! ごほっ!」

沙奈「……空」

空「沙奈……。生きてくれ……」

沙奈「うう……。空――!」

沙奈(N)「全てを投げ出そうとも思った。空がいない世界を生きるのは凄く辛い。でも……私はこの先も生きていく。空からもらった、この命を無駄にはしない」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉