【声劇台本】告白はスッピンで

【声劇台本】告白はスッピンで
0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
未海(みう)
優(ゆう)
亜美(あみ)
その他

■台本

ピピピとアラームが鳴る。

未海「むにゃむにゃ……えへへ」

優「未海。未海。そろそろ、起きないと遅刻しちゃうよ」

未海「う、うう……。今、いいところ……もうちょっと……」

優「ふふ。いい夢見てるみたいだけど、続きは今日の夜にしようか」

未海「でも……せめて、キスだけでもー」

優「あれ? 未海は結構、大胆な夢を見てるようだね」

未海「……はっ! え? あ、優くん!」

優「うん。起きたね。早く用意しないと学校、遅刻するよ」

未海「はわわわわー!」

場面転換。

学校の教室内。

未海「ふえーん! 亜美ちゃん! 恥ずかしい寝言を優くんに聞かれちゃったよー」

亜美「はいはい。いつものことでしょ。ノロケ、ご馳走様」

未海「ノロケじゃないよ!」

亜美「あのねえ、未海。あんなイケメンとお隣さんってだけで勝ち組なのに、さらに、毎朝、起こしに来てくれるって、どんだけ恵まれてると思ってるか、わかってるの?」

未海「そ、そりゃ、起こしに来てくれるのは嬉しいけど、普通、逆じゃない? こういうのは女の子が起こしに行くものじゃ……」

亜美「そう思うなら、そうすればいいじゃない」

未海「うっ……。でも、頑張って早く起きても、優くん、もういつも起きてるんだもん」

亜美「だからって、諦めて、寝坊するのもどうかと思うけど」

未海「あうう……だって」

亜美「あんたさー。いつまでも今の立場に甘えててたら、取り返しのつかないことになるわよ」

未海「え? どういうこと?」

亜美「あのねえ、未海。あんなイケメンで勉強できて、スポーツ万能のパーフェクト超人を、他の女子が放っておくと思う?」

未海「うっ!」

亜美「優先輩と言えば、この学園でトップクラスの人気だからね。何人もの女子が告白して撃沈してるけど、そのうち、誰かに取られちゃうわよ」

未海「で、でも……どうすれば……」

亜美「告白してみれば?」

未海「無理だよ! もし、断られたら、きっと、もう来てくれなくなる」

亜美「でも、オッケーしてくれるかもよ?」

未海「ないない! だって、優くん、私のこと、妹みたいにしか見てないもん」

亜美「あー、確かに。……でも、どうするの? このまま、誰かに取られるまで見てるだけ? ダメって思うなら、自分を磨かなきゃ」

未海「……」

場面転換。

帰路を歩く未海。

未海「自分を磨かないと、か。……でも、どうすればいいんだろ。……って、あれ?」

立ち止まる未海。

未海「こんなところに占いのお店なんてあったっけ? ……ものは試しに見てもらおうかな」

場面転換。

占い師「わかりました。それではこれをお使いください」

未海「……お化粧道具?」

占い師「この特別な化粧です。このファンデーションを、なりたい姿を思い浮かべながら塗ってみてください。そうすれば、顔だけではなく体も理想に姿に変化できます」

未海「ええ! すごい! 魔法みたい!」

占い師「そうですね。魔法と考えてもらっていいです。これがあれば、あなたは理想の姿になれるので、その姿であれば、意中の方に自信を持って、想いを告げられるのではないでしょうか」

未海「うん! そうだね! それなら、私でも大丈夫かも!」

占い師「成功をお祈りしてます」

場面転換。

街中。

未海「よーし! まずは、ボンキュボンのモデルさんみたいな感じなら、優くんも好きだよね。よーし!」

ファンデーションを塗る未海。

パーっと光るような音。

未海「わあ! ホントに変わった! よし、これなら……」

場面転換。

街を歩く優に歩み寄る未海。

以降、変化した未海は声を若干変える形で。

未海「あ、あの、優くん!」

優「……えっと、どなたですか?」

未海「あ、そっか。顔も変わってるんだった」

優「……どこかで会ったことありますか?」

未海「あ、いや。その……つ、付き合ってください」

優「え?」

未海「好きです! 私と付き合ってください!」

優「……嬉しい申し出ですが、すみません」

未海「ええー! 断られた―!」

場面転換。

未海「うーん。モデルさんは好みじゃないのかな? ……あ、そうだ。今度は上品なお嬢様とかどうかな?」

場面転換。

街を歩く優に駆け寄る未海。

未海「優く……」

男「よお、お嬢さん、今、暇? 良かったら俺と遊びにいかない?」

未海「へ? あ、いや、いいです」

男「そんなこと言わないでさ! ちょっとだけ、ね? 後悔させないからさ」

未海「いえ。用事があるので……」

男「いいじゃん、いいじゃん。固いこと言わないでさ」

未海「う、うう……」

優「嫌がってみたいですよ。止めた方がいいんじゃないですか?」

男「んだ、てめえは! 引っ込んでろ!」

優「はあ……。君」

未海「え? あ、私?」

優「行くよ!」

優と未海が走り出す。

男「あっ! 待て!」

場面転換。

未海「ふー。ありがとう。助かったよ」

優「いえ。どういたしまして」

未海「……え、えっと。助けてくれたお礼にお茶をご馳走させてください」

優「いいですよ。お礼なんて」

未海「うう……。そ、そんなこと言わないでお願い!」

優「わかりました。では、ご馳走してもらいます」

未海「やったー!」

場面転換。

店内。

未海「あ、あの、優く……優さんは、どんな女の子が好きなの?」

優「え?」

未海「あ、いや、だって、色々な人に告白されて、断ってるって聞いたから」

優「……参りましたね。他校にまで、噂が広がってるんですか? 困ったな……」

未海「で? ど、どうなの?」

優「……お断りしてるのは、好きな人がいるからです」

未海「え? す、好きな人?」

優「はい。ずっと片思いの人がいるんです。向こうは僕のことをなんとも思ってないかもしれませんが……。それでも、その人以外とは付き合うことはできないんです」

未海「……」

場面転換。

部屋に勢いよく入ってくる未海。

ガバッと布団を被る。

未海「ふ、ふえええーーーん!」

場面転換。

朝。スズメの鳴き声。

優「未海。朝だよ」

未海「……今日は休む」

優「どうしたの、未海。何かあったの?」

未海「……うん。でも、どうしようもないことだから」

優「そっか。辛いことがあったんだね。……僕で良かったら話を聞くよ。話したら気が楽になったりするよ」

未海「ねえ、優くん。例えば、好きな人がいて、その人には別の好きな人がいるってわかってるとき、優くんならどうする?」

優「……そうだね。僕なら、告白するかな」

未海「え? どうして? フラれるってわかってるのに?」

優「……フラれれば、吹っ切ることができるかもしれないから。本人の口から断られれば、諦めることができると思う。……って、僕が言うなって感じだけど」

未海「そっか……。フラれればいい、か」

優「あ、でも未海は……」

ガバッと起き上がる未海。

未海「あの、優くん! 好きです! 付き合ってください!」

優「……うん。いいよ」

未海「うう、やっぱり……って、え? 今、なんて言ったの?」

優「ん? いいよ。って言うか、先に言われちゃったな」

未海「え? え? え?」

優「未海、好きだよ。僕と付き合ってください!」

未海「え、えええええ! どうなってるのーー?」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0