【声劇台本】闇の眷属

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、学園、コメディ

■キャスト
田中 透真(たなか とうま)
八神 華憐(やがみ かれん)
教師
その他

■台本

透真「うおおお! 華憐、逃げろ……。お、俺の左腕が……暴走……する!」

華憐「ほう? 封印術を施した包帯でも抑えきれんか……。ふむ、もっと強力なものに変えんとならんな。……いや、そもそも、包帯などを使うのが間違いか? ここは本格的な魔具を使うべきだな」

透真「う、ぐぐぐ。解説はいいから、逃げるんだー」

華憐「見くびるでない、透真よ。儂がお前を置いて逃げるとでも? 死ぬときは共に。そういう契約であったろうが」

透真「……くっ! 強情な奴だ。そんなことを言われたら、死ぬ気で抑えるしかないな。うおおおおおおお! 我に仕えし闇の眷属よ! 我が名に従い、力を鎮めろ! はあああああ!」

華憐「……どうじゃ?」

透真「ふう。心配かけたな。もう、安心だ」

華憐「そうか。それは何よりじゃ。さて、次は透真の番じゃ。打て」

透真「あ、はいはい。えーっと……じゃあ、こう、かな」

パチンと将棋の駒を打つ。

華憐「ふむ。それでよいのか? では、こうじゃ!」

パチンと勢いよく将棋の駒を打つ。

華憐「王手、じゃよ」

透真「あっ!」

華憐「詰み、じゃな」

透真「はあ……。さっぱり勝てないなぁ」

華憐「透真は攻めに偏り過ぎじゃ。少しは防御も考えんとな」

透真「守りは性に合わないんだよなー」

華憐「攻め、一辺倒では勝てんぞ」

透真「ふーむ……」

華憐「しかし、まあ、途中で力の暴発もあったことだしな。集中力が切れたということもあろう」

透真「え? ああ、そうそう。そうなんだよ。あーあ、せっかく、いい手思いついていたのに、忘れちゃったんだよな」

華憐「それは残念じゃな」

学校のチャイムが鳴る。

透真「あ、もうこんな時間か。そろそろ帰らないと、魔王の荒神(こうじん)、見逃しちゃうな」

華憐「魔王の荒神……? ああ、アニメというやつじゃな」

透真「そうそう。今季、始まったんだけど、結構面白いんだ。お勧めだから、華憐さんも見たら?」

華憐「ふむ。考えておこう」

透真「あ、もし、一気に見たいなら、僕、円盤買うと思うから、貸すよ」

華憐「すまんの。透真には世話になりっぱなしじゃな。感謝してもしきれん」

透真「何言ってんの。感謝してるのはこっちだって。……こんな僕に付き合ってくれるのなんて、華憐さんだけだよ」

華憐「透真こそ、何を言っておる。儂はおぬしに興味があって、こうして一緒にいさせてもらっておる。闇の眷属の力……是非、完全な形で復活してもらいたいものだ」

透真「……くっくっく。驕るなよ、華憐。そうやすやすと、この身を眷属に明け渡す気はない。貴様の計画は徒労に終わるだろう」

華憐「ふん、言いよるわ。儂がいないと、ろくな封印術を扱えんくせに」

透真「ふん。例え、封印術がなかったとしても、俺の精神力で抑えこんでみせるわ! 透真の力を舐めるなよ」

華憐「ふむ。頼もしい限りじゃの。ところで、透真から借りた、この魔導書じゃが……」

華憐がガサガサとカバンを漁り、一冊の本を出す。

華憐「術式と契約文言が間違っておったぞ」

透真「え? そうなの?」

華憐「まあ、なかなかいい線はいっておったんだがな。詰めが甘い。ここで血の契約を持ってくるなら、魂の返還にも関わってくるんじゃ。つまり、そのときの術式は……」

カリカリと本に文字を書いていく華憐。

華憐「こうじゃな」

透真「へー。この魔導書、結構、人気なんだけどなー。ネットでも本格的って書いてあったんだけど」

華憐「今まで見た中では、一番、惜しいところまでいっておったよ」

透真「ねえ、華憐さんってそういう知識、どこで調べてくるの?」

華憐「ん? こんなのは基本じゃよ、基本」

透真「……ふーん。ねえ、今度、教えてよ」

華憐「ダメじゃ」

透真「え? どうして?」

華憐「それでなくとも、お主の闇の眷属の力は脅威じゃからな。それに術式を応用してさらなる力が加わったとしたら、さしもの儂でも抑えきれんかもしれん」

透真「……ふむ。そういうことなら仕方ないな。まあ、そんな術式などに頼らずとも、闇の眷属の力などコントロールして見せるわ」

華憐「そうそう。その意気じゃ」

ガラガラっとドアが開く。

教師「あ、田中! また、勝手に部屋を使って! 魔導クラブは部として認めらてないんだからな」

透真「……すいません」

教師「八神も、変に付き合うことないんだぞ」

華憐「儂は自分の意志で付き合っておるのだ。貴様が口出すことではないわ」

教師「ぐっ……」

華憐「それに、もう帰るとこじゃ。貴様も儂らに関わっておらんで、さっさと去(い)ね」

教師「お、俺、教師なんだぞ」

華憐「だからなんじゃ?」

教師「……いいか、もうここは使うなよ。それと、さっさと帰れよ」

教師が部屋から出ていく。

透真「ふう……」

華憐「危なかったのう」

透真「え?」

華憐「儂が止めなかったら、あの教師……透真の力で消し炭になっておったろうな」

透真「……ふ、ふん。余計なことを。だが、ここで騒ぎを起こすわけにはいかんからな。右目の邪眼の発動も考えたが、闇の眷属にどういう作用が現れるか、わからんからな」

華凜「ふふ。相変わらず懐が深いのう。あそこまで愚弄されて、許せるとは」

透真「大きな目的の前では気にするに値せんわ」

華凜「ふむ。儂も見習わんとな」

透真「あっ! ヤバい、ホント、そろそろ帰らないと! 僕、もう帰るね」

華凜「ああ、気をつけてな」

透真「それじゃ、また明日ね!」

透真が勢いよく部屋から出ていく。

華凜「……いるんじゃろ? 出て来い」

悪魔「……さすが、姫。バレておりましたか」

華憐「学校内では華憐と呼べ」

悪魔「はっ! 申し訳ありません、華憐様」

華憐「まあ、よい。どうせ、悪魔のお前は人間たちから見えんのだからな。見えるとしたら透真くらいじゃな」

悪魔「恐れながら、華憐様。私にはあの人間……透真という奴からは全く力を感じません」

華憐「貴様もまだまだじゃな。闇の眷属の力じゃぞ。どんな力を持っているかは未知数。魔力を感じさせない性質を持っているというのも考えられる。油断は禁物じゃ」

悪魔「はっ! 申し訳ありません」

華憐「今は慎重にいかねばならぬ」

悪魔「……はい」

華憐「ふふふ。だが、もうすぐじゃ。もうすぐ儂が闇の眷属の力を手に入れられる。そうすれば魔界は我がものじゃ! わははははは!」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0