【声劇台本】あいつの思い出

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
京介(きょうすけ)
春人(はると)
正樹(まさき)
柊(しゅう)
母親

■台本

車の中。

ラジオのアナウンサー「今日は3月3日。お雛様です。リスナーの皆さんはお雛様……」

ピッとラジオを消す、京介。

京介「あれからもう、5年か。早いよな」

春人「慣れるもんだよな。今じゃすっかりこのメンバーで旅行するのもあんまり違和感しないもん」

正樹「そうか? 俺は寂しいけどな」

柊「腹減った。なあ、京介。このサンドウィッチ食っていい?」

正樹「柊、お前、さっき食ったばっかだろ」

京介「しゃーねなー。いいよ。その代わりジュース取って」

柊「おう。コーヒーだよな?」

京介「無糖の方な」

春人「俺、微糖の方」

柊「はいはい。そらよ」

春人「サンキュー」

プシュッと缶を開けて飲む春人。

京介「春人、すまん。開けて」

春人「はいはい。ほら、ここに置いておくぞ」

京介「ありがとう」

グビグビと飲む。

柊「全く、お前らよくそんな苦いもん飲めるな」

春人「俺からしたら、お前の方がよく、そんな甘いもん飲めるよな、って思うぞ」

正樹「そんなんじゃ糖尿になるぞ」

柊「甘いのは最高だよ。甘さは正義だな」

正樹「そりゃ、ドンドン太るわけだ」

春人「おい、京介、そこ右だぞ」

京介「え? あ、やべっ!」

急ブレーキをかけて、ぎゅんと曲がる。

正樹「おわっ!」

柊「うわああ! おい、京介、乱暴な運転するなよ。ジュースこぼしちゃったじゃん」

正樹「思い切りかかったんだけど……」

京介「すまんすまん。後ろにティッシュあるから使って」

正樹「ったく……」

春人「ホント、京介はいつまでたっても運転が下手だな」

京介「うるさいな。今のはしょうがねーだろ。急だったんだから」

春人「事故るのも時間の問題だな」

京介「止めてくれよ、まだ買ってから半年しかたってないんだから」

柊「誕生日のプレゼントだっけ?」

京介「ああ。親父が就職祝いも兼ねて買ってくれたんだよ」

正樹「いいなー。誕生日に車かー」

柊「俺も免許取ろうかな」

春人「止めとけって。車なんて金かかるだけだぞ。なんかあったら京介に送ってもらえばいいんだから、持つことないって」

京介「俺はお前らの運転手じゃねえ!」

柊「けどさ、やっぱ、あいつとも旅行したかったな」

京介「……」

正樹「そんなこと言っても、しゃーねーだろ」

春人「……あいつ、旅行好きだったもんな」

京介「あいつのおかげで俺たちもすっかり旅行好きになったもんな」

柊「楽しかったよな。旅行するために、みんなでバイトしたりしてさ」

春人「あった、あった。夏休みにバイトしてて、柊が転んで骨折ったんだよな」

正樹「しかも、お前の誕生日だったんだよな」

柊「トラウマを思い出させるなよ……」

京介「学生だったから仕方ないけど、近場しか行けなかったもんな」

正樹「せいぜい、一泊くらいしかできなかったからな。それに、学生だけで泊まれるところも少なかったし」

春人「あいつが生きてたら、世界一周したとか言い出しそうだよな」

正樹「ははは。さすがに世界一周はヤバいだろ。面白そうだけどさ」

京介「……あのさ。今は無理だけど、俺たちが60歳とかになって、そこそこ金持ってて、休みが取れるようになったら、行かね?」

春人「世界一周?」

京介「ああ」

正樹「賛成」

柊「いいね、いいね」

京介「だからさ、それまで……お前らは死ぬなよ」

春人「ははは。お前が一番死にそうだよ」

柊「事故ってね」

京介「止めて、ホントに。フラグ立てんの」

春人「……40年後か。どうなってるんだろうな、俺たち」

正樹「……想像、できないよな」

柊「俺、結婚できてるかな?」

京介「無理じゃね?」

柊「おまっ! 言ったな! 絶対、美人の嫁さん貰ってやるからな!」

京介「結婚って言えば、春人はどうするんだ? いつくらいにすんの?」

春人「んー。11月くらいからな」

正樹「11月って……お前の誕生日くらいか?」

春人「誕生日の月ならさ、忘れないだろ。結婚記念日」

京介「そんな理由かよ!」

柊「ひっでえな!」

春人「うるさいな。兄貴が結婚記念日忘れてて、離婚騒ぎになったのを見てると、覚えやすい方がいいんだよ!」

正樹「そんなもんかねぇ……」

柊「ふん。リア充め。お前にはもう二度と誕生日プレゼントはやらんからな」

春人「いつも貰ってねーだろ」

京介「あー、そういえば誕生日プレゼントって言えばさ、正樹にみんなで金出しあってプレゼント買ったこと覚えてる?」

正樹「うっ!」

柊「覚えてる! 覚えてる!」

春人「ひな人形買ってやったんだよな」

京介「物凄く激怒してたし」

正樹「当たり前だろ! 男なのにひな人形貰って、誰が喜ぶんだよ!」

柊「けど、毎年飾ってたよな」

正樹「まあ……せっかくもらったもんだしさ」

春人「あれは盛大な嫌がらせだったよな」

京介「バレないようにこっそりバイトしてな」

正樹「おかしいと思ったんだよ。急に付き合いが悪くなって。一瞬、ハブられてるのかと思ったくらいだ」

春人「バイトって言えば……柊、お前、仕事決まったのか?」

柊「ん? あ、ああ。まあ……」

京介「なんの仕事?」

柊「け、警備の仕事」

春人「へー、どこの? 会社の、とか?」

柊「……じ、自宅」

正樹「お前、それ……ただのニートじゃねーか」

柊「引くのやめろよ! いいんだよ、俺はこれから本気出すんだから!」

春人「そう言ってるけど、お前が本気出してるのみたことねーけどな」

京介「死ぬまで出さない気なんじゃないのか?」

柊「うるさいな! 今は充電期間なんだよ、充電期間!」

春人「充電しながら漏電してるんじゃないのか?」

正樹「あははは。春人、上手いな」

京介「けど、柊。後悔するようなことはするなよ。……人はいつ死ぬかわからないんだからさ」

春人「……」

柊「……」

正樹「京介。……ほら、あんまり暗くなるようなこと、言うなよ」

京介「ごめん。ちょっと空気読めてなかったな」

柊「俺さ、帰ったら頑張るよ」

春人「そういうのは死亡フラグって言うんだぞ」

柊「茶化すなよ……」

京介「おっと、ついたぞ」

みんなが車から降りる。

母親「いらっしゃい」

京介「おばさん、お久しぶりです。また、線香あげさせてもらっていいですか?」

母親「もちろんよ。きっと、あの子も喜んでるわ。……毎年、あの子の誕生日に来てくれて、ありがとうね」

京介「本当は命日がいいんでしょうけど……あいつの誕生日、覚えやすいから」

母親「いいんだよ。来てくれるだけで、本当に嬉しいよ。って、外で長話してごめんなさいね。さ、『三人』とも、中に入って。きっとあの子も待ってるわ」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0