【声劇台本】魂のDNA

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉 

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
門脇 彰人(かどわき あきと)
門脇 悠馬(かどわき ゆうま)
その他

■台本

野球の試合場。歓声と応援歌が響く。

彰人「ん!」

彰人がバットを振るが空を切り、ボールがミットにバンと入る。

審判「ストライク! バッタアウト! ゲームセット!」

周りから、あーあー、というため息交じりの声。

チームメイト「ちっ! あんなのが、あの門脇選手の子供かよ。ホント、使えねー」

彰人「……」

場面転換。

回想開始

悠馬「彰人、聞いて欲しい。父さんと彰人は血が繋がっていない。お前が赤ん坊の頃に俺が引き取ったんだ」

彰人「……え?」

悠馬「でも、これだけは覚えていてほしい。例え、血が繋がってなんかいなくても、俺は彰人の父親だ。それだけは何があっても、変わらない。いいな?」

彰人「うん」

回想終わり。

場面転換。

居間。テーブルに皿を置く音。

悠馬「ごほっ! ごほっ!」

彰人「父さん、大丈夫? 薬、飲んだの?」

悠馬「ああ。さっきな。それより、ご飯できたぞ」

彰人「うん。ありがと」

悠馬「……今日の試合、惜しかったな」

彰人「3打席、2三振が?」

悠馬「一本、ヒット打っただろ」

彰人「あんなの、相手のエラーみたいなもんだよ」

悠馬「なあ、彰人。……野球、辞めたらどうだ?」

彰人「……どうして?」

悠馬「彰人。お前はどうやっても、門脇悠馬の子供だって見られる」

彰人「うん」

悠馬「だから、どうやっても色眼鏡で見られる。過度な期待をされてしまう」

彰人「父さんみたいに、僕には才能がないのにね」

悠馬「……俺の重荷をわざわざ背負う必要はないんだ。病気のせいで引退したけど、悔いはない。だから、お前が……」

彰人「違うよ。僕が野球をやってるのは、そういうことじゃないんだ」

悠馬「……じゃあ、なんで?」

彰人「父さんの息子だから」

悠馬「っ!」

彰人「血は繋がってないけど、僕は門脇悠馬の息子だから」

悠馬「……そうか」

彰人「ねえ、ご飯食べ終わったら、素振り見てくれない?」

悠馬「ああ、いいぞ。厳しくいくからな」

彰人「うん!」

場面転換。

10年後。

試合会場。応援歌と声援が響く。

ピッチャーが球を投げる。

彰人「くっ!」

彰人がバットを振るが空を切り、ボールがミットにバンと入る。

審判「ストライク! バッタアウト!」

彰人「くそっ!」

彰人がバッドを地面に叩きつける。

そして、歩いてベンチへと戻る。

監督「門脇、お前はもう引っ込め」

彰人「……はい」

場面転換。

コンコンとドアをノックして、病室に入る彰人。

彰人「父さん、具合、どう?」

悠馬「ああ。今日は大分、体調がいいんだ」

彰人「そっか。よかった。これ、お見舞いのフルーツ」

悠馬「ありがとうな。……けど、毎日来なくていいんだぞ。お前だって練習とかで疲れてるだろ」

彰人「平気だよ。……レギュラーから落とされたからね。実質、もう高校での野球は引退だよ」

悠馬「……そうか」

彰人「ねえ、父さん。例え、甲子園に出てなくても、プロになれる人っているんだよね?」

悠馬「彰人……。お前、もう野球辞めろ」

彰人「父さん。もう、その話はしないって約束だろ?」

悠馬「……頼む。この通りだ。……野球を辞めてくれ」

彰人「……なんでだよ。なんで、そんなこと言うんだよ!」

悠馬「お前には……野球の才能がない」

彰人「……父さんの才能を受け継いでないから?」

悠馬「そうだ」

彰人「……やめてくれよ。そんなこと、言わないでくれよ。父さんにだけは、応援して欲しいんだよ」

悠馬「このまま、お前が野球を続ければ、不幸になるだけだ」

彰人「やめてくれ。いつものように、頑張れって言ってくれよ」

悠馬「無理だ。お前はプロ野球選手にはなれない」

彰人「うるせえ! 俺は絶対に諦めないからな!」

走って病室から出ていく彰人。

場面転換。

ビデオを見ている彰人。

テレビから、カキンと球を打つ音。

アナウンサー「打ったー! 大きい! 延びる延びる! 入ったー! ホームラン! 門脇選手、4打席連続ホームランだー!」

歓声が沸き上がる。

彰人「……うん。やっぱり。父さんの打法は微妙に俺には合ってない。ホームランを狙うんじゃない。ヒットだ。父さんほど力がない俺は4番じゃなく1番バッターを目指すべきなんだ」

場面転換。

素振りをする彰人。

彰人「978、979、980……」

場面転換。

高校のグラウンド。

監督「……門脇。練習に来なくていいって言っただろ。アピールされても、お前をレギュラーにする気はない」

彰人「はい。わかってます。先のために、練習をさせてください」

監督「……レギュラーにもなれないお前が、先もなにもないだろ」

彰人「お願いします」

監督「……好きにしろ」

彰人「ありがとうございます!」

場面転換。

彰人「はあ、はあ、はあ、もういっちょ」

監督「おい、門脇! もう8時だ。いい加減、帰ってくれ」

彰人「監督は先に帰ってください」

監督「いや、なんかあったら俺の責任問題になる……って、ああ、もう。こうなったら、気が済むまでノックしてやる」

彰人「ありがとうございます!」

場面転換。

素振りをする彰人。

彰人「978、979、980……」

そのとき、携帯が鳴る。

素振りを止めて、電話を取る彰人。

彰人「もしもし……え?」

場面転換。

バンと病室のドアを開けて入ってくる彰人。

彰人「父さん!」

悠馬「……彰人」

彰人「父さん……。もう少し頑張ってくれよ。俺、プロになるから!」

悠馬「彰人……」

彰人「俺、プロになって、活躍して、さすが門脇悠馬の息子だって……。親子で凄いって……。そう言って貰うために頑張ってたんだ」

悠馬「……」

彰人「野球だけだったんだ。父さんと繋がっていられるのは。みんなから、父さんの息子だって認めてもらいたくて……。ごめん。やっぱり、俺……父さんの血を……才能を受け継いでないから……」

悠馬「実はな、父さんは……高校のとき、ベンチだったんだ」

彰人「え?」

悠馬「プロになるときも、スカウトじゃなくて、トライアウトでギリギリに入ったんだ」

彰人「……そ、そうなの?」

悠馬「ああ。お前にバレないように、必死で隠してたんだ……」

彰人「どうして……?」

悠馬「お前に良い恰好を見せたかったんだ。誇れる父親になりたかった」

彰人「自慢の父親だよ」

悠馬「頑張れ、諦めるな」

彰人「え?」

悠馬「確かにお前と俺は血の繋がりはない。才能も受け継がせることはできなかった。だけど、もっと大事なものを、ちゃんと受け継いでくれたよ」

彰人「……」

悠馬「どんなときでも諦めない、その根性だ。血は繋がってなくても、魂は繋がってる。……お前は俺の息子だ」

彰人「……父さん」

悠馬「お前なら……絶対、プロに……」

彰人「父さん! 父さーん!」

場面転換。

試合会場。

キンと球を打つ音。

歓声が沸き上がる。

アナウンサー「打ったー! センター前ヒット! 門脇選手、これで打率4割をキープだ! 凄い! 凄い! さすが門脇悠馬の息子だー!」

試合会場はワッと沸き上がる。

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0