【声劇台本】最後のひと時

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
友也(ともや)
良治(りょうじ)
優作(ゆうさく)
伽奈(かな)

■台本

ラジオのチャンネルを切り替えていく。

だが、どこもノイズしか流れない。

友也「あー、やっぱ、どこの番組もやってないか……」

それでもチャンネルを切り替えていくと、音楽が流れる。

友也「お、やってたやってた」

そのとき、カランカランと音がしてドアが開く。

良治「おーっす」

友也「おお、良治! 久しぶりだな」

良治「相変わらず、客がいねえな、この店は」

友也「こんなときだ、いるわけねーだろ」

良治「そんなこと言って、いつもいねーだろ」

良治が椅子に座る。

友也「うるせーな。店が潰れないくらいの客は来てたんだよ! ……で、何か飲むか?」

良治「お前のコーヒー飲みたいな。久しぶりに」

友也「コーヒーでいいのか? 酒もあるけど」

良治「あー、酒は止めてるんだ」

友也「はあ? 意味あるのか、それ?」

良治「いいから、コーヒー」

友也「はいはい」

良治「で? 他の連中は? 来るのか?」

友也「どうだろうな。一応は連絡したけど……。ま、お前が来ただけでも嬉しいよ」

良治「俺はさんざん、好き勝手やってきたからな。……結局、ここくらいしか、来るところがねーんだ」

友也「俺も似たようなもんさ」

良治「浮いた話の一つもなかったのか? ほら、お客さんとか、さ」

友也「……じいさんやばーさんしか、来てなかったからなぁ」

良治「40にもなって、恋愛の一つもなしかよ。悲しいなぁ」

友也「いいんだよ。俺にはこの店が全てだったんだから」

カランカランと音がしてドアが開く。

優作「よお! 友也! 良治!」

友也「優作! 来てくれたのか!」

良治「ふっ。俺以外にもバカがいたとはな」

ドカッと良治の隣に座る優作。

優作「ここは俺たちの原点だからな。最終的には戻ってきたくなるんだよ」

友也「来てくれたのは嬉しいけどさ、家族とか大丈夫なのか?」

優作「さあ?」

友也「さあってお前……」

優作「しゃーねーだろ。一年くらい連絡取ってなかったんだから」

良治「一年? お前、何やってたんだよ?」

優作「いやー、その、仕事が忙しかったんだよ。……それで、つい……な」

友也「ついって……」

良治「お前も、結婚していいタイプじゃなかったな」

優作「……否定できない」

友也「優作もコーヒーでいいか?」

優作「おう、頼む」

良治「……それにしても懐かしいよな。10年ぶりか、3人で集まるのって」

優作「正確にいうと12年ぶりだな」

良治「学生の頃は毎日のように集まっては、朝まで話してたよな」

友也「野望部……か。今、考えるとよくあんな恥ずかしいことを真面目にやってたよな」

優作「厨二臭かったよな」

良治「けど、俺はあの頃のことが役に立ったけどな」

友也「良治は人一倍熱心だったからな」

良治「いや、自分の夢を本気で叶えるための部活だったんだから、それが当たり前だろ」

優作「確かになー。中学の頃から、どうやったら夢を叶えられるかを本気で考えたから、今の俺たちがいるんだよな」

友也「ああ。おかげで、俺も店を持つことができた」

良治「流行ってないけどな」

友也「うるせー」

優作「友也の場合は、ある意味、夢を叶えなかった方がいい人生を歩んでたかもな」

友也「うるせー」

友也が二人の前にコーヒーを置く。

友也「ほら、人生の敗北者が淹れたコーヒーだ」

良治「お! どれどれ」

良治と優作がコーヒーを啜る。

優作「うまい!」

良治「ホントだ」

友也「だろ?」

優作「友也は昔からコーヒーを淹れることだけは天才的だったよな」

友也「だけ、は余計だ」

良治「そういえばさ、なんで友也ってコーヒーにハマったんだっけ? 中学の頃って、コーヒーマズいって言ってたくらいだよな?」

友也「……忘れた」

優作「伽奈に美味しいって褒められたからだよな?」

良治「ああ、なるほど」

友也「ちげーよ!」

優作「おいおい。この期に及んで、見栄なんか張るなって」

友也「……最後に、あいつにも飲んでもらいたかったなぁ」

良治「未練たらたらだな。それなら、伽奈について行けばよかっただろ」

友也「ついてったって、邪魔になるだろ。それに、俺は俺の夢を叶えたかったからな。夢を貫いてこその、野望部、だろ?」

優作「そうだな」

良治「伽奈のやつ、今、どこにいるんだろうな?」

友也「3年前は地球の裏側にいたみたいだけどな」

優作「相変わらず、行動力が半端ないな、あいつは」

良治「……じゃあ、来るのは難しそうだよな」

友也「ああ……」

カランカランと音がしてドアが開く。

伽奈「間に合った―!」

友也「伽奈!」

伽奈「良治も優作も来てたんだ!」

伽奈が歩いて来て、椅子に座る。

伽奈「えへへ。野望部、勢揃いだね」

友也「来てくれたんだな」

伽奈「あったり前じゃん。最後といえば、ここに決まってるでしょ」

良治「そうだな」

優作「同意だ」

友也「みんな……」

伽奈「ねえ、友也。さっそく、私もコーヒー飲みたい」

友也「すぐに淹れるよ」

伽奈「ねえねえ、全員が集まるのって15年ぶりくらいでしょ? みんなの話聞かせてよ! みんなが野望に向かって、どこまで進んだのか、さ」

良治「ああ、時間はたっぷりあるしな」

優作「じゃあ、俺から……」

場面転換。

伽奈「いやー、やっぱ、みんな凄いね。さすが野望部。ちゃんと自分たちの夢、叶えてるじゃん」

友也「……はは。俺くらいかもな。ダメだったの」

伽奈「何言ってるのよ。友也が一番じゃない。ね?」

良治「そうだな」

優作「同意だ」

友也「え?」

伽奈「世界中を回ったけど、こんなに美味しいコーヒー、飲んだことなかったよ」

友也「……伽奈」

伽奈「最後に美味しいコーヒーが飲めて良かった。ありがとね、友也」

良治「本当に美味しかった」

優作「同じく」

友也「みんな……」

ラジオから流れている音楽が乱れて、ノイズに変わる。

伽奈「さてと、そろそろかな」

良治「ここまで衝撃、来るのか?」

優作「地球のどこにいても同じだろ」

伽奈「北海道くらいの大きさだっけ? 落ちてくる隕石」

良治「四国くらいじゃなかったか?」

優作「どうでもいいだろ、今更」

友也「あのさ、みんな。今日は来てくれてありとう。最後に言わせてほしい。俺……いい人生だったよ。楽しかった」

伽奈・優作・良治「うん」

ゴーっという轟音が響く。

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0