【声劇台本】好敵手(とも)

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
匠真(たくま)
恭兵(きょうへい)
不破 猛(ふわ たける)

■台本

匠真(N)「いつの頃だろうか。目を見れば、相手のことがわかるようになった。俺よりも強いのか? ビビッてるのか? それが、相手の目を見れば大体わかっちまう。これで俺はこの、不良の世界をのし上がってみせる」

匠真「おらあ!」

バキっと相手を殴り飛ばす匠真。

匠真「……ふん。やっぱり、手ごたえ無い奴だったな」

恭兵「匠真さん、さすがっす! あの鬼のコンボで倒れない奴はいないっすよ」

匠真「……はあ。なあ、恭平。なかなか強い奴っていないよな」

恭兵「強いやつ……っすか」

匠真「あんな弱ぇやつ倒しても、俺の名前が上がらねえ」

恭兵「そーっすかね? 最近、結構、匠真さんの名前、噂になってますよ」

匠真「まだまだ足りねえよ」

恭兵「そうだ! 西高の鷲尾をやっちまうっていうのはどうっすか?」

匠真「鷲尾か……。あいつ、タイマンを受けないって話だよな。いつも取り巻きと一緒に行動してて、大人数でボコるって、くだらねーやつだって聞いたぞ」

恭兵「けど、今どき、タイマン受けてくれるってやつ自体、少ないっすからね」

匠真「はあ……。今は不良の時代じゃないのかもしれないな」

恭兵「それなら、まずは仲間を集めるっていうのはどうっすか? 不良の組織を作っちまえば、鷲尾とタイマンに持ち込めるかも」

匠真「んー。違うんだよな。俺が求めてるのは熱いバトルだよ。なんつーかな。こう、心が熱くなるって強敵だ。俺はこの腕っぷしだけでこの世界を駆け上がりてーんだよ」

恭兵「匠真さん、格好いいっす」

匠真「ホントは、空手とかボクシングとかやればいいんだろうな。格闘技の世界にいけば強い奴はゴロゴロいるだろうし」

恭兵「確かに、そうっすね。匠真さんは、どうして格闘技の方にいかないんすか?」

匠真「なんでも有りがやりたいんだよ。それこそ、武器を持っていてもいい。その場にあるものを利用して戦う。ルールなんてない、スリルのある戦いをしてーんだ」

恭兵「ああー。確かに格闘技はルールがあるっすからね」

匠真「けど、そもそも、俺と同じように考える奴を見つけるのが大変だよな。……っていうかいねえかも」

恭兵「それじゃ、別に不良じゃなくてもいいんっすか?」

匠真「ああ。強けりゃな」

恭兵「聖将の雅人って奴が、かなり強いって話っすよ」

匠真「聖将か。確かに、あの生徒数なら、強い奴がゴロゴロいそうだな。で、その雅人って奴はどんな奴なんだ? お前の話だと不良じゃなさそうだけど」

恭兵「はい。不良じゃないんっすけど、いつも放課後に喧嘩に明け暮れてるみたいっすよ」

匠真「へー。喧嘩か。いいな」

恭兵「空手ベースらしいっす。かなりタフっていう話も聞いてますから、危険っちゃ、危険な相手っすよ」

匠真「空手やってるってことは、攻撃力がありそうだな。で、さらにタフか。……ふふ。いいな。おもしれ―じゃねーか。よし、聖将に行くぞ」

恭兵「うっす!」

場面転換。

大勢の生徒が下校している。

匠真「どうだ? その雅人って奴はいるか?」

恭兵「いえ、今のところはいないっすね」

匠真「そういや、聖将っていえば、戦国夏姫って奴が化物並みに強いって聞いたことあるな」

恭兵「ああ、戦姫(いくさひめ)っすね。どうします? ターゲット変えます?」

匠真「いや、惜しいが女と戦う趣味はねえ」

恭兵「意外と、匠真さん、好き嫌い多いっすね」

匠真「俺は男同士の命を懸けたバトルをやりたいんだよ。……って、なんだ、あいつは?」

恭兵「え? どいつっすか?」

匠真「あいつだよ。顔に凄い傷が付いてる奴だ」

恭兵「えーっと。ああ、不破猛ですね」

匠真「有名なのか?」

恭兵「ええ。結構。眠れる虎って言われてるっす」

匠真「強ぇのか?

恭兵「それが……わからないっす」

匠真「わからない?」

恭兵「とにかく、不破が喧嘩してるところを見た奴がいないんっす」

匠真「喧嘩しない奴ってことか。見掛け倒しってことだろ?」

恭兵「……実はこの辺の有名な不良というか、学校を締めてる奴らが、みんな、不破といざこざを起こしてます。けど、全員、喧嘩せずに退いてるんです。不破からは手を引いたとか、睨まれただけで怯んだとか、色々、噂になってますね」

匠真「へえ。面白ぇじゃねーか。よし」

恭兵「あ、匠真さん!」

猛の前に立つ、匠真。

匠真「よお。不破って言ったっけ? ちょっと面貸せよ」

猛「……はあ」

匠真「んだよ、その面倒くさいって顔はよ」

猛「消えろ。無駄なことはしたくない」

匠真「無駄だと?」

匠真(N)「底が見えない。それが不破の目を見たときに思った感想だ。威圧というか殺気というか敵意というか、とにかくそういう感情が見えてこない。くそ、こんなことは初めてだ。けど、負けねえ」

猛「……」

匠真「……くっ」

猛「……」

匠真「くそっ! 今日は勘弁してやる」

匠真が踵を返して歩き出し、恭平が付いてくる。

恭兵「ちょ、どうしたんっすか?」

匠真「……化物だ。俺、殺意をぶつけたんだ。けど、あいつはそれを受け流した」

恭兵「やる気がなかったってことっすか?」

匠真「いや、違う。殺気を受け流しているのに、目が血走っていた。俺からも目を逸らさずにな。獰猛な獣の目だ。……仕掛ければ、必ず殺し合いになる」

恭兵「そ、そうだったんすか」

匠真「くそ! 情けねえ! 俺はビビっちまった。命をかけての喧嘩なんて、望んでたことじゃねーかよ」

恭兵「……匠真さん」

匠真「出直しだ。一からやり直す」

恭兵「ずっと、付いていきます!」

場面転換。

猛(N)「僕の名前は不破猛。このいかつい名前と顔と、体格と顔の傷でよく誤解される。不良とか、人を殺してるとか、暴力団の息子とか……。いや、全然違うから! この顔の傷だって、ちょっとドジなだけだから! 強くなんかないから! ……教室でも僕のことを怖がって誰も話しかけてこない。だから、誤解を解こうとしても、逃げられてしまう。……はあ。僕は普通の学園生活を送りたいだけなのに……」

匠真が猛の前に立つ。

匠真「よお。不破って言ったっけ? ちょっと面貸せよ」

猛「……はあ」

猛(N)「話しかけてくる人って言えば、勘違いした不良の人達だけだ。なんなの? なんで絡んでくるの? 僕、悪いことした? 言っとくけど、僕、弱いよ? 勝ったところで、何の自慢にもならないよ?」

匠真「んだよ、その面倒くさいって顔はよ」

猛(N)「はいはい。こういうときは、強気に出れば意外と引っ込むことが多いんだよねー」

猛「消えろ。無駄なことはしたくない」

匠真「無駄だと?」

猛(N)「うわー。この人、気合入ってるよ。ちょっと、そんな怖い目するの止めてもらっていいですか? 凄く怖いんですけど」

匠真「……」

猛(N)「いやいやいやいや! 怖い怖い怖い! けど、ここで目を逸らしたら逆効果だし。先に目を逸らしてもらうしかない」

匠真「……くっ」

猛(N)「いや、ホント、もう無理! 早く目を逸らして! ほら、早く! お願い! 喧嘩とか、マジで止めようよ! ね? 早く帰れ帰れ帰れ帰れ帰って!」

匠真「くそっ! 今日は勘弁してやる」

匠真が行ってしまう。

猛(N)「ふう、助かった。あー、怖かった。さ、帰ってアニメでも見ようっと」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0