【声劇台本】西田家の受難 野菜嫌い

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト

■キャスト
西田 正志(にしだ まさし)
西田 清(にしだ きよし)
高坂  陽菜(こうさか あきな)

■台本

ジリジリと照り付ける太陽とセミの鳴き声。

通学路を歩く、正志と陽菜。

正志「うう……暑い。ヤバい、溶ける……」

陽菜「気を抜けた声を出さないで、ちゃんと歩きなさいよ」

正志「しょうがない。また週末に、海水浴ごっこするしかないな……。陽菜も来るか?」

陽菜「止めて! あの話はしないで! ……うう、なんであんな恥ずかしいこと、やっちゃったんだろ……」

正志「それにしても、フラフラするな。やる気も出ないし、完璧に夏バテだな」

陽菜「夏バテ? あんたが?」

正志「なんだよ、馬鹿がひかないのは風邪だろ? 夏バテくらいはしてもいいだろ」

陽菜「馬鹿の自覚はあるのね……。って、そうじゃなくて、あんたが夏バテするなんて珍しいなって思って」

正志「そうか? 毎年、暑いって言ってダラダラしてるだろ」

陽菜「いや、あんたがダラダラしてるのは年中でしょ。そうじゃなくて、食欲魔人のあんたが、食欲がなくなるなんて、信じられないわよ」

正志「あん? 食欲はあるぞ」

陽菜「え? あるの?」

正志「もちろん。朝も、飯、3杯食ったぞ。朝飯、生姜焼きだったからな」

陽菜「朝から濃いもの食べてるわね。っていうか、おばさん、朝から生姜焼きって凄いわ……」

正志「うう……飯食ったのに力が出ない」

陽菜「まさか、水分不足ってわけじゃないわよね?」

正志「ああ。朝に牛乳一本飲んできた」

陽菜「……」

正志「早く、秋になってくれねーかな」

陽菜「まだ、夏が始まったばかりじゃない。って、あれ? 正志、ニキビできてるわよ」

正志「ん? んー。ホントだ。痛いと思った」

陽菜「よく見たら、あんた、肌荒れしてるじゃない。あのツヤツヤ肌はどうしたのよ?」

正志「どうしたって言われてもな―」

陽菜「……ねえ、正志。夏バテの症状って、他にどんなのあるの?」

正志「えーっと……。まず、やる気が出ない。疲れやすい。あと、妙にフラフラする」

陽菜「……それプラス肌荒れか。ねえ、正志、あんたのそれ、夏バテじゃなくて、野菜不足じゃないの?」

正志「野菜不足? 不足も何も、野菜なんて食べる必要ねーだろ」

陽菜「あるに決まってるでしょ!」

正志「今まで野菜とか食ってこなかったぞ」

陽菜「呆れたわ。まあ、今までのことは置いておいて、これからはちゃんと野菜も食べなさい」

正志「俺、野菜嫌いんだよ」

陽菜「子供みたいなこと言わないの!」

正志「俺、まだ子供だから」

陽菜「うん。脳みそは10歳くらいだもんね」

正志「しかしなー。野菜っつっても、何喰えばいいんだ?」

陽菜「色々あるでしょ。例えば、玉ねぎとか」

正志「無理」

陽菜「大根」

正志「嫌いだな」

陽菜「キャベツ」

正志「焼きそばとかに入れないで欲しいよな」

陽菜「トマトは?」

正志「食えないわけじゃないけど、好きじゃないな」

陽菜「そうなんだ。そういえば、トマトは果物か野菜か論争があるのよね」

正志「興味ないなー。っていうか、野菜に分類されたら、余計食べたくなくなるな」

陽菜「なによそれ」

正志「いや、野菜って聞くと、どうしてもマズイってイメージがするだろ」

陽菜「そう? 美味しいと思うけどな、野菜」

正志「うえ……。思い出したら、気持ち悪くなってきた」

陽菜「そこまで?」

正志「とにかく、野菜は食う気はない。まあ、野菜何か食わなくても、肉食ってれば大丈夫だろ」

陽菜「いや、それは早死にするわよ」

正志「野菜食べるくらいなら本望だね」

陽菜「ダメよ! あんた、私を未亡人にする気? そんなの困るわよ!」

正志「ん? なんで、俺が野菜食わないとお前が困るんだよ?」

陽菜「お、おほん! とにかく、これからはちゃんと野菜を食べること! いいわね」

正志「んー……。そう言われてもな」

陽菜「しょうがないなぁ。私が何とかしてあげるわ」

正志「何とかって?」

陽菜「ふふ。野菜なんて、工夫次第で食べれるようになるわよ」

場面転換。

ドンとテーブルに皿を置く、陽菜。

陽菜「野菜サラダよ!」

正志「……いや、ドストレートじゃねーか」

陽菜「ふふふ。これはただの野菜サラダじゃないわ。野菜を薄く切って、マヨネーズと黒コショウのソースなの。味的には食べやすいはずよ」

正志「……けど、野菜だろ? 無理だって」

陽菜「とにかく、食べてみてよ」

正志「……うう」

パクっと食べる正志。

正志「うえっ!」

陽菜「ええ!? 美味しくなかった?」

正志「いや、野菜を食べるってなったら、体が拒否反応を起こしたみたいだ」

陽菜「うーん。野菜嫌いって意識に刷り込まれてるみたいね」

正志「すまん。無理だ」

陽菜「……それじゃ」

場面転換。

ドンと皿をテーブルに置く。

陽菜「これならどう?」

正志「野菜スティックって、さっきよりダメだろ」

陽菜「ふふふふ。これは、チーズフォンデュよ! これなら、野菜って言うより、おやつを食べてる気にならない?」

正志「……チーズだけ食ったらダメか?」

陽菜「ダメに決まってるでしょ!」

場面転換。

陽菜「これならどう? 野菜をスープにしたの。原型がなくなるくらい煮込んだから、大丈夫なはずよ!」

正志「お、おう……」

スプーンですくって、スープを飲む正志。

正志「ごはっ!」

陽菜「……ダメ?」

正志「すまん。どうしても、野菜が入っていると思ったら、拒絶反応が出る」

陽菜「うう……。じゃあ、こうなったら」

場面転換。

陽菜「はあ……はあ……はあ……」

正志「う、うう……」

陽菜「知ってる限りの料理法を試したのに……」

正志「すまん。俺は、きっと、野菜を食べられない病なんだよ」

陽菜「そんな病気あるわけないでしょ」

そのとき、ドアが開き、清が入ってくる。

清「ただいま……。って、あれ? 陽菜ちゃん、いらっしゃい」

陽菜「うん。お邪魔してるよ」

清「ん? 正兄ぃに手料理でも作ってたの?」

陽菜「まあ……色々あって」

正志「おい、清! それより、お前が持っているものはなんだ!」

清「ああ、これ? メロンだよ。武田のおばさんにもらったんだ」

正志「うおー! メロンだ! 食べるぞ!」

清「まあ、2つあるし、1つは食べてもいいかな」

陽菜「じゃあ、私が切り分けるね」

場面転換。

メロンを頬張る正志。

正志「うめー! やっぱ、メロン最高!」

陽菜「ホントだ。甘くて美味しい」

正志「やっぱ、野菜より果物だよなー。俺、果物ならいくらでも食えるよ」

清「知ってる、正兄ぃ。メロンって野菜なんだけど」

正志・陽菜「……え?」

場面転換。

ジリジリと照り付ける太陽とセミの鳴き声。

通学路を歩く、正志と陽菜。

陽菜「……それで、野菜嫌いが治ったと」

正志「おう! メロンと同じものだと考えたら、凄く美味しく感じてさ! いやー、最近は野菜にハマっちまってな。今週末は野菜パーティを開く予定だ! 陽菜も来るか?」

陽菜「……はあ。私の努力って一体……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0