【声劇台本】デコボコ

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
真神 千春(まがみ ちはる)
真神 千尋(まがみ ちひろ)
智也(ともや)

■台本

千春(N)「真神さん家の長女と長男はデコボココンビ。昔から言われてきた言葉だ。聞き飽きて、もう気にならなくなった。けど、未だに慣れないことはある。千尋の存在だ。……早く何とかしないと、いつか必ず事件に巻き込まれてしまう。そうならないように、目を光らせておく必要がある」

場面転換。

リビング。

千春「さてと、そろそろ出かけるかな」

そこに千尋がやってくる。

千尋「あれ? どこか出かけるの?」

千春「ああ、ちょっと買い物に……って、千尋、なんて格好してるんだよ!」

千尋「えへへ。可愛いでしょ。このフリフリのところとか」

千春「……ちょっと、足、出し過ぎじゃないか? もう中学生なんだから、あんまりそいう服はどうかと思うけど」

千尋「ええー! 千尋は妥協したくないんだもん! 千尋はいつでも、全力で可愛さを追求していたいの」

千春「うーん。着るなとは言わないけど、家の中だけにするとか……」

千尋「それだと、家族にしか見て貰えないじゃない! そんなのつまらないよ! たっくさんの人に、千尋の可愛さを見てもらいたいんだもん!」

千春「……心配だよ。いつかトラブルに巻き込まれるんじゃないかって」

千尋「大丈夫、大丈夫。千春ちゃんは心配し過ぎだよー」

千春「千春ちゃん言うな」

千尋「それで? 買い物行くの?」

千春「ああ。ちょっと町までな」

千尋「じゃあ、千尋も行くー」

千春「ええ? なんでだよ。家で留守番してろって」

千尋「ねえ、いいでしょ? お、ね、が、い」

千春「……はあ。着いて来ても、奢らないからな」

千尋「わーい! やったぁ! ありがと、千春ちゃん」

千春「千春ちゃん言うな!」

場面転換。

街中を並んで歩く、千春と千尋。

千尋「えへへへへ……」

千春「なに、にやにやしてるんだ?」

千尋「歩いている人達、みんな、こっち見てるよ。千尋が可愛いからかな?」

千春「どうだかな」

千尋「もう、意地悪―! 可愛いって認めてよ」

千春「はいはい。千尋は可愛いよ」

千尋「えへへへ。えい!」

千尋が千春の腕にくっつく。

千春「ちょ、千尋。あんまりくっつくなって」

千尋「こうしてると、カップルに見えるかな?」

千春「それはそれで、問題だけどな」

そのとき、前から、ドサッとカバンが落ちる音。

千春「ん?」

智也「……ま、真神……お前」

千春「智也か。お前も買い物か……」

智也「真神、ちょっと来い!」

千春「うわっ! 引っ張るなよ!」

場面転換。

千春「ちょ、どこまで行く気だよ」

智也「あの子……誰だ?」

千春「ああ、あれは……」

智也「彼女か?」

千春「殴るぞ」

智也「妹か? いやー知らなかった。まさか、真神にあんな可愛い妹がいるなんて。なんで黙ってたんだよ?」

千春「……別に言う必要ないだろ」

智也「頼む! 真神! 紹介してくれ!」

千春「は?」

智也「いいだろ? な? な?」

千春「いや、千尋はまだ中学二年だし。そういうのは……」

智也「いいじゃん。三歳差なんて、世の中じゃ割と普通だぞ」

千春「……悪いことは言わん。千尋は止めておいた方がいい」

智也「なんでだよ?」

千春「……確実にお前の心に深い傷を作ることになる」

智也「平気、平気。恋は傷つきながら成長するもんだから」

千春「……見た目に騙されない方がいいぞ。ああ見えて、中身は悪魔だ。お前なんかじゃ、貢がされるだけ貢がされてポイだ」

智也「なんだよー。小悪魔系かよー。増々燃えるっちゅーの」

千春「とにかく、ダメなもんはダメだ」

智也「なんだよ、ケチー」

千春「なんとでも言え。じゃあな」

千春が歩き出す。

場面転換。

千春「ごめん、待たせたな」

千尋「ううん。大丈夫。それより、さっきの人だあれ? 友達?」

千春「まあな」

千尋「ふーん。……結構、格好いい人だったね」

千春「……あいつ、貧乏だぞ」

千尋「なら、いいや」

千春「ホント、良い性格してるよ」

千尋「えへへへ」

千春「褒めてないからな」

場面転換。

千春と千尋が歩いている。

千尋「あ、千尋、ここに寄りたい」

ピタリと千尋が立ち止まり、千春も立ち止まる。

千春「……服屋? また服買うのか? この前、新しいの買ったばかりだろ」

千尋「ううん。千尋のじゃなくて、千春ちゃんのだよ。いつも地味な服着てるんだから、たまにはイメチェンしてみたら?」

千春「千春ちゃん言うな。それに、いいよ、新しい服なんて。この格好、楽だし」

千尋「ダメダメ! せっかく、良い素材なんだから、ちゃんと活かさないと! そんなんじゃモテないんだから」

千春「いや、モテるとか別にいいだけど……」

千尋「いいからいいから」

千尋が千春を後ろから押し自動ドアが開く。

場面転換。

千尋「これなんてどうかな?」

千春「いや……どうだろうな」

千尋「じゃあ、これとか?」

千春「いやいや、絶対に似合わないって」

千尋「ちょっと、試着してみようよ」

千春「無理無理無理! スカートなんて、絶対無理」

千尋「いつも学校で履いてるでしょ?」

千春「あれは制服だから……。それに、そんな短いのとか、あり得ないって」

千尋「女の子は着飾ってこそだよ! ほら、千尋みたいにさ」

千春「いや、千尋は男だろ」

千尋「いいから着る! いつかは千尋と同じ格好で町で歩いてもらうんだから」

千春「それはそれで、どうなんだ?」

千春(N)「千尋の女装趣味は、いつか辞めさせないといけない。絶対に、いつか事件に巻き込まれる。っていうか、千尋が事件を起こしそうだ。……それに、いつか男に刺されるんじゃないかって、お姉ちゃんは心配だよ」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0