【声劇台本】それが伝説にーー

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人以上
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、コメディ

■キャスト
ロレンツ
ミーナ
ユグドラシル
魔王
その他

■台本

ロレンツ(N)「魔王を倒して、世界を平和に導く伝説の勇者。男なら、一度は夢見ることだろう。もちろん、俺もそうだ。将来は伝説となる勇者になりたかった」

場面転換。

魔物の咆哮。

ロレンツ「うおおおお!」

ロレンツが全力で走る音。

場面転換。

店主「それで、魔物にビビッて逃げ帰ってきたと?」

ロレンツ「……い、一応、頼まれていた薬草は採ってきましたけど」

店主「それはついででって、言ったんだがな。依頼は魔物の盗伐だ」

ロレンツ「……」

店主「ロレンツ。お前さんは冒険者には向いてないんじゃないか?」

ロレンツ「そ、そうですかね……?」

店主「この辺に住む魔物は、それほど強くない。だから、大抵の冒険者は三ヶ月もしたら、他の場所へと旅立っていく。……お前さんはもう、3年だ。冒険者になってから、3年も、ずっとこの辺でウロウロしてる。しかも、魔物から逃げかえってくる始末だ」

ロレンツ「……め、面目ない」

店主「ロレンツ。お前さんみたいなお人よしで弱い人間は冒険者には向いてないと思うぞ」

ロレンツ「……あははは」

店主「……ほら、さっさとこれ持って帰れ」

ジャラっと金貨が入った袋を机に置く店主。

ロレンツ「でも俺、依頼、未達成ですけど」

店主「薬草は採ってきてくれただろ。それの代金だ」

ロレンツ「ありがとうございます!」

場面転換。

山道を歩くロレンツ。

ロレンツ「……はあ。やっぱり、俺は冒険者には向いてないのかなぁ」

子供1「おらー、待て待て!」

ロレンツ「ん? なんだ?」

子供2「えへへ! 追い詰めたぞ、観念しろ!」

ミーナ「う、うう……」

ロレンツ「お前ら、なにやってんだ?」

子供1「あ、弱虫ロレンツだ!」

ロレンツ「その小さい子は誰だ?」

子供2「あっちの洞窟のところにいたんだ! 不審者だよ、不審者」

ロレンツ「不審者、ねぇ。お前ら、小さい子をイジメて楽しいか? やめろよ、格好悪いぞ」

子供1「別にぃー」

ロレンツ「……」

ロレンツが袋から金貨を1枚取り出す。

ロレンツ「ほら、これでなんか、食ってこい」

子供1「え? いいの?」

子供2「やったー! 行こうぜ!」

子供たちが走っていく。

ロレンツ「ふう。やれやれ。大丈夫か?」

ミーナ「え、えっと……ありがと」

ロレンツ「お前、どこの子だ? この辺の子供じゃない……ん?」

ミーナ「……なに?」

ロレンツ「お前、その赤い目と牙……もしかして、魔族か?」

ミーナ「うん。そうよ」

ロレンツ「いや、そうよ、じゃなくて……。なんで、魔族がこんなところにいるんだ?」

ミーナ「えっとね、ドラゴンに乗って、散歩してたら、落ちちゃった」

ロレンツ「……ドラゴンに乗ってたってことは、かなりの上位の魔族だな。……とにかく、こんなところをウロウロしてたら危険だぞ。お前、上位の魔族でもまだ弱いんだからさ。悪いこと言わないから、さっさと帰った方がいいぞ」

ミーナ「ミーナ、帰れないの」

ロレンツ「帰れない? なんでだ?」

ミーナ「帰り道、わかんなくなっちゃったし、すごく遠いの」

ロレンツ「どこから来たんだ?」

ミーナ「えっとねー、ギガナ大地ってところ」

ロレンツ「え? ギガナ大地って……暗黒大陸じゃねーか。あれ? ちょっと、待て。お前の父ちゃんの名前は?」

ミーナ「ゾディ」

ロレンツ「大魔王じゃねーか! え? お前、魔王の子供なの?」

ミーナ「ん? 魔王?」

ロレンツ「よくわかってないのか……。とにかく、人間に見つかったら、かなりマズイぞ。なんとか帰ることできないのか? 父ちゃんの部下に迎えにきてもらうとか」

ミーナ「通信するやつ、壊れちゃったの」

ロレンツ「……なんとか、帰る方法はないのか?」

ミーナ「わかんないの」

ロレンツ「……」

場面転換。

魔物の咆哮。

ロレンツ「うわああああ!」

ミーナを抱えながら走るロレンツ。

ロレンツ「ミーナ! お前、魔王の子供だろ? あの魔物を止めてくれ!」

ミーナ「わかった! 止まれー!」

魔物の咆哮。

ミーナ「ダメだった」

ロレンツ「なんでだよ?」

ミーナ「えっとね。魔物は、自分より強くないと命令をきかないんだって」

ロレンツ「あー、もう! 使えないな!」

全力で走るロレンツ。

場面転換。

フクロウの鳴く声とたき火の音。

ロレンツ「……はあ。まだまだ遠いなぁ」

ミーナ「あと、どれくらいで、ミーナの家に着きそう?」

ロレンツ「1年で5分の1ってところだからなぁ。早くて、あと5年はかかりそうだ」

ミーナ「ふーん」

ロレンツ「すまんな。俺が強かったら、旅ももう少し楽になったし、早く進めるんだけど」

ミーナ「ミーナね。ロレンツと旅するの楽しいから好きだよ」

ロレンツ「……そっか。さてと、そろそろ寝るか。明日は港町に着くから、そこから船に乗るぞ」

ミーナ「船―! 今度はかくれんぼしなくてのいい?」

ロレンツ「……金がないから、また密航だ」

場面転換。

商人「ガイアの神殿? そりゃ、ここから北に山2つ越えたところにあるけどよぉ。何しに行くんだ?」

ロレンツ「えっと……。大精霊、ユグドラシルを復活させに……」

商人「あ、あははは……。兄ちゃん、ギャグのセンスがねえな。悪いことは言わないから、やめときな。あそこに住む魔物はヤバいやつばっかりだぞ」

ロレンツ「はは。大丈夫です。逃げるのは得意なんで。よし、ミーナ行くぞ」

ミーナ「うん!」

場面転換。

ユグドラシル「まさか、我の封印を解く者が、お主のようなひ弱な人間だとはな」

ロレンツ「あの、ユグドラシル様。一つお願いが……」

ユグドラシル「なんだ?」

ロレンツ「不死鳥をお借りしたいんです。ギガナ大地に行くのに、どうしても必要で」

ユグドラシル「ギガナ大地に? まさか、お主が魔王を倒そうというのか?」

ロレンツ「いえいえ。違うんです。ただ、迷子の子供を送り届けたくて」

ユグドラシル「その子供は……魔王の子」

ロレンツ「ええ」

ユグドラシル「ふ、ふふふふ。面白い。人間が、魔王の子供を送り届けるために、ここまで危険な旅を続けて来たのか。いいだろう。その肝に免じて不死鳥を貸そう」

ロレンツ「よっしゃー!」

場面転換。

ミーナ「パパ―!」

魔王「うおおおお! ミーナ! 心配したぞぉ! よくぞ、無事で!」

ミーナ「ロレンツが助けてくれたの」

魔王「まさか、人間がミーナをここまで送り届けてくれるとはな」

ロレンツ「あはは……。成り行きというか、なんというか……」

ミーナ「ロレンツ! ありがとう!」

ロレンツ「ああ。それじゃ、元気でな」

魔王「待て、人間よ。そなたには、感謝してもしきれん。なにか礼をさせてくれ。何でも言ってくれ」

ロレンツ「……えっと。その……じゃあ、魔物に人間を襲わないように命令してもらえませんか?」

魔王「なんだと?」

ロレンツ「ひい! じょ、冗談です!」

魔王「そんなことでいいのか?」

ロレンツ「へ?」

魔王「すぐに魔物たち全員に、人間を襲わないように命令しよう」

ロレンツ「……ホントに?」

ロレンツ(N)「こうして、魔物たちは人間を襲うことはなくなった。そして、俺は魔王を倒した勇者だと誤解され、俺の名前は伝説として語り継がれることになる。……うーん。なんだろ。魔物は全く倒してないどころか逃げ回っただけだ。それに、魔王を倒したんじゃなくて、単に迷子の子を家に送り届けただけ。それが伝説の勇者だって知ったら、みんなガッカリするだろうな。けど、まあ、伝説なんて、実際はこんなもんなのかもしれない……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0