【声劇台本】丘から星を見上げて

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:1人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
布姫(ぬのめ)

■補足
この作品は〈星の見える丘で〉と連動したシナリオになっています。
まだ、〈星の見える丘で〉を読んでいないのであれば、先に読んでいただけると幸いです。

■台本

ベッドに寝転がり、布団を被る布姫。

布姫(N)「……大事な話ってなんなのかしら? 佐藤君が珍しく、真剣な顔をして頼んできたからOKしたけど……」

布姫(N)「卒業式の前の日ということは……もしかして告白、とかかしら? 卒業したら顔を合わせなくなるからって理由で、言ってきそうよね」

布姫(N)……いえ、ちょっと待って。それだとおかしいわ。もし、告白なら卒業式の日じゃないかしら? だって、もし、あり得ないけど、私が断ったとしたら卒業式は私と顔を合わせ辛くなるわ。そんなミスを佐藤君がするかしら?」

布姫(N)……しそうね。ということは、告白ってことほぼ確定? ……待って。浮かれて判断を誤ったら大惨事になるわ。もし、違ったとしたら? 私のとっても、明日は勝負ってことよね。卒業式に佐藤君と気まずくなるのは嫌だわ。……こんなことなら、言ってきたときに、締めあげて用件を聞いておくべきだったかしら? ……でも、もし告白だったとしたら……。そんな告白のされ方は嫌だわ。仕方ないわ。ありとあらゆる想定と、シミュレーションをしておく必要がありそうね。まずはパターン1。実は私だけじゃなく、みんなも呼んでいて、最後の新聞部の打ち上げをするパターン。この場合は……」

場面転換。

布姫「……ここで横になればいいのね?」

草原に横になり、空を見上げる布姫。

布姫「……星が綺麗」

少しの間。

布姫「……で? 佐藤君。話って何かしら?」

布姫(N)「佐藤君の顔。あれは平静を装っているけど、完全にテンパっている表情ね。緊張具合が手に取るようにわかるわ」

布姫(N)……仕方ないわね。ここは佐藤君のタイミングに合わせてあげるわ。しっかりと、覚悟を決めなさい」

布姫(N)……それにしても、私の方も緊張してくるわね。表情に出さないようにしてるけど、さすがにバレているかしら? 佐藤君って、鈍感なようで変なところで鋭いから、とっくに感づいてるかもしれないわね」

布姫(N)「……明日はついに卒業式なのよね。考えてみたら3年間、色々あったわ。みんなと一緒の新聞部の活動は本当に楽しかった」

布姫(N)佐藤君が学校の七不思議を記事にしようって言い出して、それからは不思議なことがたくさん起こったのよね」

布姫(N)学校に泊まり込みをして、朝までいたなんてこともあったわ。確かに、ちょっと怖いこともあったけど、今となってはどれも、いい思い出」

布姫(N)でも、その思い出の中心には、佐藤君、あなたがいる。もし、高校生活をもう一回送れるって言われても、私は迷わず、もう一回、新聞部に入るでしょうね」

布姫(N)……この3年間の思い出は、きっと10年後……ううん。死ぬまで色あせることはないと思う。そう断言できるくらい、充実した3年間だった。……叶うなら、ずっと高校生で、新聞部をやっていたいわ」

布姫(N)……って、ふふ、私らしくないわね。だけど、もし、もしも、佐藤君がもう少し早く告白してきて、付き合っていたらどうなっていたかしら?」

布姫(N)今とは違う、リア充的な学園生活を送れっていたのかしらね?」

布姫(N)「……ううん。やっぱり、それは嫌だわ。確かに、佐藤君とのラブラブ学園生活も捨てがたいけど……でも、あの新聞部のみんなとの思い出の方がいいわ。みんなとの3年間以外、あり得ないわね」

布姫(N)「……って、ちょっと待って。今、私、佐藤君が告白するって決めつけているけど、そうじゃないパターンだってあり得るのよね」

布姫(N)「……昨日は、30パターンくらい考えていたせいで、結局一睡もできなかったし」

布姫(N)「……一体、なんの話なのかしら? こう焦らされるのも落ち着かないわ」

布姫(N)「……でも、もし、告白じゃなかったら、どうなるのかしら?」

布姫(N)「明日の卒業式が終わったら、佐藤君とお別れ?」

布姫(N)「……あり得ないわね。私の隣にはずっと佐藤君がいた。それはこれからも変えたくない」

布姫(N)「……ずっと一緒にいたい。佐藤君の隣で一緒に笑って過ごしたいわ。それは大学に行っても……社会人になっても……ううん、死ぬまで」

布姫(N)「……ちょっと待って。昨日は考えられるパターンのシチュエーションでの返しを想定したけど、その後に関しては全く考えていなかったわ。佐藤君が告白してこなかった場合、どうしたらいいかしら?」

布姫(N)「私から告白する? でも、もし、断られたら?」

布姫(N)「……いや、断られないように、佐藤君を襲って、既成事実を作るというのはどうかしら?」

布姫(N)「佐藤君のことだから責任は取ってくれそうだけど……。でも、それってどうなのかしら? 佐藤君が不幸になるってことよね? ……それは嫌よ」

布姫(N)「それなら、洗脳して、私を好きだと刷り込みをするのはどうかしら?」

布姫(N)「……ダメだわ。時間が足りない。どうにかして、今後も、佐藤君と一緒にいられる方法を……」

布姫(N)「あれ? ちょっと待って。考えてみたら、別に恋人同士じゃないと一緒にいられないってわけじゃないわね」

布姫(N)「……普通に佐藤君に会いに行けばいいだけの話だわ。毎日、佐藤君に会いに行って、一緒に過ごす。そして、私を好きになって貰えるように努力する」

布姫(N)「……うん。それでいいじゃない。佐藤君と恋人同士になれるかは、わからない。だけど、今は一緒にいられるってだけで、私は満足よ」

布姫(N)「……ふふ。結論が出たら、急に気が抜けたわね。緊張していたのが馬鹿みたいだわ。それに、安心すると一気に疲れがくるわね。昨日の徹夜が効いてるわ」

布姫(N)「……それにしても、佐藤君。随分と待たせてくれるじゃない。まあ、いいわ……。今回……だけは……佐藤君の……タイミングに……合わせて……あげ……すぅー(寝息)」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0