ウサ耳メイドにご注意を! 1話

ウサ耳メイドにご注意を! 1話

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

<2話へ>  <3話へ>  <4話へ>

■概要
人数:5人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、異世界、コメディ

■キャスト
宇佐美 冥土
宮下 鏡花
天使
店長
その他

■台本

男「はあ、はあ、はあ」

  男が路地裏を走っている。

男「(立ち止まって)くそ、行き止まりか!」

  冥土がやってくる。

冥土「諦めろ。貴様を強盗の容疑で逮捕する」

  時間経過。

警察署内を歩いている冥土。

  そこに鏡花がやってくる。

鏡花「宇佐美くん。また、お手柄だったみたいね」

冥土「あ、鏡花さん」

鏡花「管内で長年追ってた、窃盗団を一網打尽なんて、快挙じゃない」

冥土「……単に運が良かっただけだ」

鏡花「謙虚なのはいいけど……。でも、その後の表彰式をサボったのはいただけないわね。また出世を逃すわよ」

冥土「……出世は興味ないんでね」

鏡花「はあー。勿体ないわね。能力が高い上に、キャリア組で、実績も多くあげてきてるのに、本人に出世欲がないなんて」

冥土「……だから、手柄は鏡花さんにやるって言ったんだ」

鏡花「何言ってるのよ。他人の評価で上に行っても、なんも面白くないじゃない」

冥土「鏡花さんらしいな」

鏡花「あとさあ、宇佐美くん。もう少し愛想よくしたら? せっかくのイケメンが台無しよ。へらへらしろとは言わないけど、もう少し、感情を表に出したら?」

冥土「そういうの性に合わないんで」

鏡花「せっかく、メイドって可愛い名前なのに。ほら、笑ってみなさい」

冥土「全然、可愛くない……。冥土の土産の冥土だ。なんでこんな名前にしたのか、親の頭を疑う」

鏡花「とにかく、手柄をあげたなら、ちゃんと表彰も受けること! 上にも下にも敵を作るわよ」

冥土「はあー……。面倒だな」

鏡花「あと、もう少し愛想よくする! 警察は市民の味方でもあるんだからね!」

冥土「……もっと面倒だ」

  街中を歩く冥土。

  ビルの中に入っていく。

冥土「愛想よく……か。どちらかというと、俺は愛想よくするんじゃなくて……」

  ドアを開ける冥土。

メイド「おかえりなさい、ご主人様!」

  メイドが出迎えてくれる。

冥土「愛想よくされる方が合っている」

  場面展開。

メイド「宇佐美様、何になさいますか?」

冥土「いつもので」

メイド「はい! 喜んで!」

冥土「ふっ……」

冥土(N)「この空間は本当に癒される。荒んだ世界に生きる俺にとっては特に……」

  回想。

鏡花「せっかく、メイドって可愛い名前なのに。ほら、笑ってみなさい」

冥土(N)「昔から親の期待が大きかったせいか、勉強漬けで真面目に生きてきた。そして、警察官になってからは、人を癒すどころか、追い詰め、捕まえてきた。そんな生き方をもう二十年以上続けてきたんだ。今更、愛想よくって言われても……どうすればいいのか、正直わからない。もし、違う生き方だったのなら……」

メイド「お待たせしました! 萌え萌えランチセットです!」

冥土(N)「この子たちのように、人を癒す側になれたんだろうか……」

  場面展開。

メイド「行ってらっしゃいませー。またのお帰りをお待ちしてますー」

  冥土が店から出て、歩き始める。

男2「おい、お前、宇佐美だな? 悪いが死んでもらうぞ」

  銃を構える男2.

冥土「……人に恨まれることに思い当たることが多すぎて、どれのことかわからんな」

男2「お前が兄貴を捕まえたせいで、せっかく作り上げた組織は崩壊だ! あれだけの窃盗団、作り上げるのに、どれだけ苦労したか、わかってるのか!」

冥土「随分と身勝手な話だ。今度は兄貴とやらと一緒に、刑務所生活に苦労するんだな」

男2「く、来るな!」

冥土「お前の方から来ておいて、来るな、か。とことん身勝手だな」

男2「うわー!」

  バンと銃声が響き渡る。

冥土「うっ! 撃ちやがった……。ん? 当たらなかった、のか?」

天使「いえ。当たりも当たり。大当たりで即死でしたよ」

冥土「……変わったコスプレだな。どこの店の子だ?」

天使「いえいえ。コスプレじゃないですよ。本物の天使でーす!」

冥土「ここはどこだ? 病院には見えないんだが」

天使「えーっとですね。天国と地獄の間で、時空の狭間でもあります」

冥土「……俺は死んだのか?」

天使「あれ? 理解が早いですね。もっと慌てるかと思いました」

冥土「何もない空間に、天使の格好の人がいたら、なんとなくな。銃で撃たれた後だし」

天使「理解してくれて助かりますー。説明する手間が省けました」

冥土「で? わざわざ、天使が、死んだ人間に何の用だ? 転生でもさせてくれるのか?」

天使「あれー? 意外ですー。そういうこと、知ってるんですねー。そういうのとは縁遠いような雰囲気ですけどー」

冥土「ああ。お気に入りのメイドが、そういう小説とか漫画とかが好きらしくてな。色々と話を聞いてるうちに詳しくなったんだ」

天使「へー。なるほどですー。ますます、説明しなくて済むので、助かります―」

冥土「……ってことは」

天使「はいー! おっしゃる通り、宇佐美さんは転生できますよー」

冥土「死んだら、誰でもできるものなのか?」

天使「いえいえー。宇佐美さんは徳の低い人間……つまり、悪人をたくさん捕まえたので、転生ポイントに到達しましたー。いいことするというのは、大事ですよねー」

冥土「……なるほどな」

天使「それで転生できるんですが、何か、希望とかありますか?」

冥土「条件を出せるのか? どんな条件があるんだ?」

天使「えーとー。説明するの面倒なので、とりあえず、言ってみてくださいー。それに対して、可能かどうか答えますのでー」

冥土「……転生ってことは、俺は違う人間になるってことだよな?」

天使「はいー」

冥土「例えば、転生後の職業を選ぶことは可能か?」

天使「できますよー」

冥土「……じゃ、じゃあ、その……メイドになりたい……」

天使「そんなんでいいんですかー? 金持ちになりたいとか、すごい能力を得たいとかじゃなくてですかー?」

冥土「ああ。……今度の人生は……人を傷つけるんじゃなくて、癒す側になりたい……」

天使「わかりましたー。では、宇佐美さんがいたところと似た世界にしますねー」

冥土「助かる」

天使「はいー! では、行ってらっしゃいませー」

  場面転換。

店長「君のことは、天使様から聞いてますよ。さっそく、今日からこのお店で働いてもらいますね」

冥土「……」

店長「ああ、天使様のことをなぜ知ってるかってことですか? 天使様は割とこの世界に転生者を送ることが多いんですよ。なので、割と接することが多いんです」

冥土「……」

店長「わかっているかと思いますが、今回、君の記憶はリセットされてないようです。で、このお店で働けるようにってことで、年齢もそれに合った年齢になっています。天使様のいう話だと、8歳くらい若返った感じですかね」

冥土「……」

店長「あ、そんなに緊張しなくていいですよ。お仕事はゆっくりと覚えていけばいいですから。今日は体験入店って感じでいいですよ」

冥土「……」

店長「あ、そのうさぎ耳ですか? 天使様がサービスでつけてくれたみたいですよ。メイドに合うようにって。なので、君は獣人になったって感じですね。たぶん、そのうさぎ耳以外は人と変わらないとは思いますが」

冥土「……」

店長「それじゃ、さっそく、お店に出てみましょう」

  場面転換。

  カランカランとドアが開き客が入ってくる。

店長「おかえりなさい、ご主人様!」

冥土「……」

店長「ほら、君も」

冥土「……い、いらっしゃいませ、ご主人様」

店長「うーん。まだ、固い感じがするけど、これから慣れていけばいいからね」

冥土「……っていうか」

冥土(N)「男のままかよ」

終わり

<2話へ>  <3話へ>  <4話へ>