【声劇台本】告白の練習

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
真治(しんじ)
彩羽(いろは)
美弥(みや)

■台本

学校のチャイム。

真治がやってきて、下駄箱に上靴を入れて、外靴を取ろうとする。

ガサガサと音がする。

真治「ん? なんだ? ……手紙?」

手紙を開けて読む、真治。

真治「こ、こ、これは……来たー!」

彩羽「うっさい!」

彩羽が後ろから真治を蹴る。

真治「痛いっ! な、何をする!」

彩羽「真治、邪魔。下駄箱の前で何やってんのよ」

真治「それより、聞いてくれ、彩羽! ついに俺に春が来たんだ!」

彩羽「頭の中に?」

真治「違う! 本当の意味で、春が来たんだ!」

彩羽「ああ。もう、四月だもんね」

真治「あー、いや、そうでもなくてだな。ついに、俺は告白されたんだ!」

彩羽「……そっか。おめでとう」

真治「なんだ、その可哀そうな人を見る目は! ホントなんだって! リアルだよ、リアル! リアルで告白されたの!」

彩羽「ふーん。まあ、あんたがそう言うならそうなんじゃない。あんたの中では」

真治「だから! 脳内だけの話じゃないって! 今回はマジなの! ほら! これが物的証拠だ!」

手紙をバッと出す。

彩羽「手紙?」

真治「そうだ。靴の中に入ってた」

彩羽「今どき、手紙って……。手あかがつきすぎて、逆に新鮮ね」

真治「だろ?」

彩羽が手紙を取って、読む。

彩羽「どれどれ……」

真治「どうだ? ホントだったろ?」

彩羽「はー。こんなことだろうと思った」

真治「な、なんだよ?」

彩羽「これ、告白じゃなくて、決闘かリンチの呼び出しじゃない」

真治「いやいやいや! それはないって! 変な読み違いすんなよ」

彩羽「読み違いも何も、一文しか書いてないじゃない」

真治「明日の17時に屋上に来てください。これって、どう見ても告白だろ」

彩羽「どれだけ、頭ハッピーなのよ。どう見ても、お前鼻につくから、明日、ボコってやるよ、って意味よ」

真治「いやいやいや。どんだけだよ。お前の方が妄想激しいって」

彩羽「あのさぁ。バカでアホで間抜けで、勉強できないあんたを相手にしてくれる女の子なんて、世界で一人くらいしかいないんじゃないの?」

真治「なるほど。お前が俺を頭悪いとしか見てないことは分かった」

彩羽「まあ、せいぜい、土下座の練習でもしておくのね」

真治「練習か……なるほど。一理あるな。彩羽、練習に付き合ってくれ」

彩羽「土下座の練習なんて、一人でできるでしょ」

真治「違う! 告白を受ける練習だ!」

彩羽「……は?」

真治「ほら、告白された時、頭が真っ白になってしどろもどろになったら、格好悪いだろ。だから、その練習だ」

彩羽「アホくさー。それこそ、脳内で出来るでしょ」

真治「ダメだ! 妄想で特訓すると、状況が進み過ぎて、違う特訓になっちまう!」

彩羽「……どうせ、妄想で終わるんだから、それでいいんじゃない?」

真治「頼む、彩羽! 付き合ってくれたら、お前の行きたがっていた駅前の店で、いちごパフェを奢るから!」

彩羽「……奢るって、その分のお金を払うってこと? 一人で行くとか、恥ずかしいんだけど」

真治「……面倒くさいやつだな。わかった。じゃあ、俺も一緒に行く。これでいいか?」

彩羽「おっけ。交渉成立。仕方ないから付き合ってあげるわ」

真治「よし、じゃあ、屋上に行くぞ」

場面転換。

屋上。風がビューと吹く。

真治「よし! さっそく始めるぞ。来い! 彩羽!」

彩羽「はあー。はいはい。じゃあ、いくわよ」

真治「ごくり……」

彩羽「すきです。つきあってください」

真治「なんだ! その棒読みは! もっと感情を込めろよ!」

彩羽「ええー。面倒くさいわね」

真治「パフェ分の仕事をしろ!」

彩羽「……言っておくけど、演技だからね? 勘違いしないでよ?」

真治「ん? わかってる。練習だろ?」

彩羽「……すーはー(深呼吸)。好きです。私と、付き合ってください」

真治「おお! それそれ! そんな感じ!」

彩羽「……」

真治「けどよぉ。いきなり、ストレートに来るもんか? もうちょっと、こう、前置きとか言わないか、普通?」

彩羽「あんた、ホントに面倒くさいわね」

真治「本番に近い感じじゃないと練習にならないだろ」

彩羽「はいはい……。えっと。今日は来てくれて、ありがとうございます」

真治「あ、ああ。用事ってなに?」

彩羽「真治って……真治くんって、今、付き合ってる人、いますか?」

真治「いや……い、いないよ」

彩羽「それじゃ……好きな子は? 気になってる子とか、います?」

真治「えっと……、い、いや。いないよ」

彩羽「……それじゃ、その……私と……付き合ってくれませんか?」

真治「ああ……えと、う、うん……その、わかった」

彩羽「はい、終わり! これで満足?」

真治「あー、すまん。もう一回! 今の、ちょっとキョドってカッコ悪かった」

彩羽「ええー……」

真治「格好良く言えるようになるまで特訓だ!」

彩羽「……はあ」

場面転換。

風がビューと吹く。

真治が屋上にやってくる。

真治「ごめん、待たせちゃったかな」

美弥「今日は来てくれて、ありがとうございます」

真治「いや、暇だったし、気にしないでよ。で、用事ってなにかな?」

美弥「真治くんって、今、付き合ってる人、いますか?」

真治「いや。残念ながらいないよ」

美弥「それじゃ……好きな子は? 気になってる子とか、います?」

真治「今はいないかな。恋ってやつに興味はあるけどね」

美弥「それじゃ……」

真治「ごくり……」

美弥「彩羽ちゃんと付き合ってあげてください!」

真治「ああ。いいよ……って、え?」

美弥「彩羽ちゃん、可愛いですし、ああ見えて、尽くすタイプですし、一途なんです!」

真治「いやいやいや! なんで、彩羽?」

美弥「……はあ。噂通り、鈍感ですね。やっぱり気づいてませんか。あんまりグズグズしてたら、他の男子に取られちゃいますよ。彩羽ちゃん、男子に人気なんですから」

真治「え? え? え? 全然、話が見えないんだけど……」

美弥「私が言いたいことはそれだけです。それじゃ、失礼します」

美弥がスタスタと歩いて行ってしまう。

真治「……え?」

場面転換。

トボトボと廊下を歩いている真治。

そこに、彩羽がやってくる。

彩羽「あはははは。その様子だと、やっぱり告白じゃなかったみたいね!」

真治「ああ。全然違った……」

彩羽「うんうん。そうでしょ、そうでしょ。ま、一瞬でもいい夢見られたんだから、良かったじゃない」

真治「……」

彩羽「な、なによ、人の顔ジッと見て……」

真治「確かに、お前、可愛いよな」

彩羽「はあああああ!? 急に、なななな何言ってるのよ!」

真治「近くにい過ぎるとわからなくなるもんだな」

彩羽「あんた、熱でもあるんじゃないの?」

真治「なあ、彩羽」

彩羽「なに?」

真治「……あー、やっぱ、言えないな」

彩羽「なになに? なんの話?」

真治「なあ、彩羽。また特訓付き合ってくれないか?」

彩羽「なに? また、告白受ける練習?」

真治「いや、今度は告白する練習」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0