【声劇台本】嘘の代償

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
優希(ゆうき)
一真(かずま)
信也(しんや)
その他

■台本

4人が通学路を歩いている。

優希「……はあ、はあ、はあ」

信也「おい、優希。遅いぞ、早く来い」

優希「……でも、カバン4つ持つのはきついよ」

信也「じゃあ、1つ置いてけよ。お前の!」

ぎゃはははと信也と取り巻き二人が笑う。

優希「……」

一真「うおおおおお!」

一真が走ってきてジャンプし、信也に飛び蹴りを入れる。

一真「おりゃー!」

信也「ぐおっ!」

少年1「信也くん!」

信也「お前は……転校生。なにすんだ!」

一真「3人で1人をイジメるなんて、情けねえ話だ」

信也「イジメじゃねえよ。だって、俺たち優希の友達なんだ。優希が進んで俺たちのカバンを持ってくれてるんだよ。だから、イジメじゃねえ。そうだよな、優希?」

優希「う、うん……」

信也「ってわけだ。関係ない奴は……」

一真「おらあっ!」

信也「ぐあっ!」

一真が信也の顎を打ち抜き、信也が倒れる。

信也「何しやがる! イジメじゃねえって言ってるだろ!」

一真「関係ねえよ。イラついたから殴る」

信也「く、くそ! お前ら行くぞ!」

信也たちが逃げていく。

優希「……あ、あの」

一真「俺は一真。俺と友達になってくれよ」

優希「え? あ、う、うん……」

一真「よし、これで今日から俺と優希は友達だ」

優希「……友達」

一真「それより、優希! お前、なんで嘘付いた?」

優希「え?」

一真「ほら、あいつらと友達だって。自分からカバン持ってるって、頷いただろ」

優希「ああ、うん。違うって言ったら、殴られるから……」

一真「……なあ、優希。一つ、俺と約束してくれ。俺には嘘は付くな」

優希「え?」

一真「俺たち友達だろ? 友達には嘘を付いて欲しくないんだ」

優希「うん。わかった」

一真「もし、今度、嘘を付いたら友達をやめる! いいな?」

優希「わかった」

場面転換。

学校のチャイム。

一真「優希。今日も屋上で飯食おうぜ」

優希「うん!」

場面転換。

一真「いやー、やっぱ、屋上は最高だな」

優希「すごく太陽が近い感じがするね」

一真「なあ、優希。お前って、なんか夢とかあるのか?」

優希「夢? うーん。ないかな」

一真「俺はさ、将来、警察官になりたいんだ。……それで、弱い人を暴力から守る」

優希「へえ。一真くんは凄いね」

一真「……いや、お前の方が凄いって俺は思う」

優希「え?」

一真「お前さ。あの信也って奴らにイジメられてても、絶対に泣かなかったよな。……正直、俺があの立場だったら、泣いてたかもしれない」

優希「あれは意地……かな」

一真「意地?」

優希「イジメられても、僕は泣かないって決めてたんだ」

一真「痛くても、嫌な思いしてもか?」

優希「それくらいなら、耐えられるよ」

一真「お前は強いなぁ」

優希「ええ!? 僕なんて弱いよ」

一真「気づいてないのが、たちが悪い」

場面転換。

体育の時間。生徒たちがグラウンドを走る。

教師のピッという笛が響く。

教師「次、優希!」

優希「はい!」

ピッ!と笛が鳴る。

信也「おらっ!」

優希「うわっ!」

足を引っかけられて転ぶ優希。

優希「いててて……」

教師「どうした?」

信也「先生、優希くんが転んで、ひざを擦りむいたみたです」

教師「そうか……誰か、保健室に連れて行ってくれ」

一真「先生、俺が行くよ」

教師「おお、そうか。頼む」

一真「優希、行こうぜ」

優希「う、うん……」

一真と優希が歩いて行く。

場面転換。

教室内でホームルームをしている。

教師「……今日、美濃下の財布からお金が盗まれた。おそらく、体育の時間だ」

教室がざわざわする。

信也「先生! 体育の時、2人ほど抜けていますよね?」

さらに教室内がざわざわする。

一真「俺たちはずっと保健室にいた」

信也「どうだか」

教師「……一真が授業から抜けたのはほんの5分くらいだ。保健室からグランドを往復したくらいの時間だ。教室に行ってる時間はないはずだ」

信也「保健室に行かずに教室に行ったんだ」

教師「なあ、優希。お前、ずっと一真と一緒にいて、保健室に行ったんだよな?」

優希「……」

教師「どうなんだ?」

優希「……僕、一人でした」

一真「え?」

優希「途中で一真くんと離れて一人でした」

一真「お前っ!」

信也「くくくく。じゃあ、一真が盗んだってことで決定だな」

教師「一真。あとで話を聞かせてくれ」

優希「待ってください!」

教師「……どうした、優希」

優希「僕です」

一真「え?」

優希「僕が盗みました」

場面転換。

ガラガラとドアが開き、優希が出てくる。

優希「……失礼しました」

一真「おい、優希」

優希「……」

優希が歩き出し、一真も歩き出す。

一真「なんで、あんな嘘を付いた? 俺を助けるためか?」

優希「……」

一真「先生に言いに行こう。大丈夫だ、俺が犯人を見つけてやる」

優希「……関係のない君に、そこまでしてもらう理由はない」

一真「俺たちは友達だろ?」

優希「もう、友達じゃない」

一真「な、何を言ってるんだ?」

優希「僕は君に嘘を付いた」

一真「……あっ」

回想の台詞。

一真「もし、今度、嘘を付いたら友達をやめる! いいな?」

一真「いや、あれは……」

優希「どんな理由があっても、僕は君に嘘を付いた。だから、もう僕たちは友達じゃない!」

一真「……本気で言ってるのか?」

優希「うん」

一真「……そっか。わかった。もう俺たちは友達じゃない。……じゃあな」

優希「……」

一真が歩き去っていく。

優希「……う、うう……。うわーーん!」

泣き始める優希。

場面転換。

歩いている優希。そこに信也たちが来る。

信也「よお、犯罪者の優希くん」

優希「……」

信也「元々、友達いなかったのに、今回のことで決定的だったな。誰もお前に近づかない」

優希「……」

信也「けど、心配すんな。俺たちがいる。俺たちは友達だろ? また一緒に遊ぼうぜ」

優希「……違う」

信也「あん?」

優希「お前たちなんか、友達じゃない!」

信也「へー! じゃあ、殴ってもいいんだな? 友達じゃないから全力で」

優希「うわっ!」

バキっと信也が優希を殴る。

信也「なあ、言い間違いだろ? 俺たち、友達だよな?」

優希「……何度も言わせないで。お前たちなんか友達じゃない!」

信也「ほー。そっかそっか。じゃあ……」

一真「うおおおおお!」

一真が走ってきてジャンプし、信也に飛び蹴りを入れる。

一真「おりゃー!」

信也「ぐおっ!」

一真「……お前ら、消えろ」

信也「なんで、お前が……。くそ、いくぞ」

信也たちが逃げていく。

優希「……ど、どうして?」

一真「俺は一真」

優希「……え?」

一真「俺と友達になってくれよ」

優希「……う、うん!」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0