【声劇台本】泳いだタイ焼きさん

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:5分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
アンコ
クリーム

■台本

海の波の音。

その中で、鉄板の上で生地が焼かれる音。

アンコ「なあ、クリーム」

クリーム「なんだ、アンコ」

アンコ「この歌知ってるか?」

クリーム「ん?」

アンコ「来る日もー、来る日もー、我らは鉄板のぉー」

クリーム「ああ。泳いだタイ焼きさんだろ。すげーよな。たい焼きさん。海に潜ったんだもんな」

アンコ「俺らのヒーローだよな」

クリーム「おっちゃんと喧嘩ってなー。俺らはできないよなー」

アンコ「普通に廃棄されて終わりだもんな」

クリーム「それにしても買ってくれないな」

アンコ「今、冬だからなー」

クリーム「客、来るわけないよなー」

アンコ「おっちゃん、なんで冬に商売やってるんだ? こういうの、普通、夏に売らないか?」

クリーム「夏だとお店が多過ぎて場所が取れないんだってよ。それで、冬なら場所を取り放題って喜んでたぞ」

アンコ「……そりゃ、まあ、場所は取り放題だろうよ。この店以外、誰一人、歩いてないもからな」

クリーム「……今日で5日目か」

アンコ「さすがに温め直されるのも飽きたよなー」

クリーム「かと言って、この状況じゃ、買ってもらえるとは思えないしな」

アンコ「そろそろ、廃棄されるかな?」

クリーム「おっちゃんのことだから、あと2、3日は大丈夫なんじゃね?」

アンコ「けどさー、奇跡的に買ってくれたとしても、5日前のものだぞ? クレーム来るんじゃねーか?」

クリーム「俺はクリームだから、色々な意味でな」

アンコ「上手いこと言ってるようで、全然上手くないぞ」

クリーム「まあ、古いからな」

アンコ「あ、それは上手い」

クリーム「それにしても暇だな」

アンコ「あ、おっちゃんも作るの止めて寝るみたいだぞ」

クリーム「この寒空の中、よく寝れるな」

アンコ「真冬でもTシャツ一枚だからな。寒くないんだろ」

波の音が響く。

アンコ「なあ、クリーム」

クリーム「なんだ、アンコ」

アンコ「今なら、行けるんじゃないか?」

クリーム「……脱走か?」

アンコ「どうせ、このまま、ここにいても廃棄されて終わりだぞ。それなら、タイ焼きさんみたく、大海原に乗り出さないか?」

クリーム「まあ、海に入るかは別として、逃げるのは有りかもな。俺だって、こんなところで終わるなんて嫌だよ」

アンコ「よし、じゃあ、行くか!」

クリーム「おう!」

アンコ「よっこいしょ! いたたた」

クリーム「すっかり、体が固くなってるな」

アンコ「どうする? 少し温まってからにするか?」

クリーム「いいよ。早く行こうぜ。どうせ、すぐに寒くて固くなるだろうし」

アンコ「そりゃそうだな。よっと!」

アンコが地面にポトっと降りる。

クリーム「俺も!」

クリームもポトっと降りる。

アンコ「よし! 出発!」

クリーム「おう!」

場面転換。

アンコとクリームが浜辺を歩く。

ドンドンと波の音が大きくなり、波打ち際までやってくる。

アンコ「おお! これが海か!」

クリーム「やっぱり広いな、海は」

アンコ「よし! それじゃ、俺は行くぜ!」

バシャバシャと海の中に入るアンコ。

アンコ「あばばばばば!」

アンコが溺れる。

場面転換。

波打ち際。

アンコ「はあ……はあ……はあ」

クリーム「大丈夫か?」

アンコ「なぜだ! なぜ、泳げない!? タイ焼きさんは海で泳いだのに!」

クリーム「……そりゃ、まあ、俺たち大判焼きだし」

アンコ「……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0