【声劇台本】世界転生してチート能力を貰ったから俺強えーで無双する…はずだったのに

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈前の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人以上
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、コメディ

■キャスト
太郎
天使
その他

■台本

太郎がオンラインゲームをやっている。

カタカタとコントローラを操作する音。

太郎「よし! いけ! よし! 20キル達成!」

ゲーム内の爆発音。

太郎「あ、くそ! あーあ、ゲームオーバーか……。ゲームにも飽きたな。ラノベでも読むか……」

グーっと腹の音が鳴る。

太郎「腹減ったな……。出前でも取るか。……スマホ、スマホ……」

ガサガサと部屋を漁る。

太郎「くそ、見当たらねえ。てか、ゴミが多すぎる。そろそろ掃除しないとな……。けど、面倒くせえ。あー、どうすっかな。コンビニに何か買いにいくか? でも、着替えるのも面倒だしな。うーん……」

そのとき、外からゴーっという轟音が聞こえてくる。

太郎「なんだ?」

音が徐々に大きくなり、そして、巨大な爆発音が広がる。

太郎「うわああああああ!」

場面転換。

太郎「うお! なんだ? 何が起こった? ……って、あれ? ここどこだ?」

天使「天国ですよ」

太郎「うわ! あんた、誰だ?」

天使「私は天使でーす! ほら、翼ですよ」

バサバサと翼を動かす天使。

太郎「天使かぁ。確かに可愛いし、なんか神々しいし、本物か」

天使「はいー。本物です」

太郎「えっと、ここが天使ってことは……俺、死んだのか?」

天使「はい。あなたの部屋に隕石が落ちたんです」

太郎「……っ!」

天使「ショックですよね。わかりま……」

太郎「やっったーーー!」

天使「え?」

太郎「よし、よし、よし! 来た来た!」

天使「あの、死んだんですよ? ショックじゃないんですか?」

太郎「いやいや。死んだ後で、目の前に天使が現れたってことは、俺、異世界転生するってことでしょ?」

天使「いえ。これから地獄に行ってもらう手続きをしてもらおうかと」

太郎「なんでだよっ! ここは、チート能力を持って、異世界転生の流れだろ!」

天使「あー、それは徳を積んで、魂のポイントが高い人の話です」

太郎「魂のポイント?」

天使「はいー。生きてた時に何をしてたかの数値です。あなたは無職で親のスネをかじっていて、SNSでは誹謗中傷ばかりしてましたよね? 魂の数値はマイナスです」

太郎「そんなー! 何とかしてよ! 俺が死んだのはそっちのミスでしょ?」

天使「いえ。別にこっちのミスでは……」

太郎「やだー! やだー! 異世界行く!」

天使「困りましたねー」

太郎「お願い! ここは特例で、チート能力を持って異世界転生して、女子にモテモテにしてよ」

天使「……頼む側なのに、随分とわがままなことを言いますねー」

太郎「異世界に行けないなら、ずっとここに居座るからな!」

天使「うーん。では、負債するのはどうでしょう?」

太郎「負債?」

天使「はいー。魂のポイントを前借するんです。来世に払う必要があるんですが」

太郎「いいね。それそれ! それにする」

天使「それでは、どのプランにします?」

ペラっと紙を出す。

太郎「そうだなー。どうせだから、一番高いやつにしようかな。この、マシマシプラン」

天使「では、一億ポイントを来世に負債……と。次に、500ポイントをステータスに割り振ってください」

太郎「おお、来た来た。ステータス。えっと……やっぱり、魔法系が楽でいいよな。魔力に全振り、と」

天使「顔は、この3つから選んで下さい」

太郎「いや、この3つなら、3番でしょ。ダントツイケメンだし。……1番とか、ほとんど今のままじゃん」

天使「最後にスキルを設定してくださいー」

太郎「んー。じゃあ、一度見た魔法をラーニングできるってやつにしようかな」

天使「わかりましたー。じゃあ、下級の火の魔法はサービスでつけておきますね」

太郎「ん? ああ。まあ、すぐに上位の魔法を覚えていくから使わんと思うけどな」

天使「では、これから転生させますー」

太郎「おう!」

天使「行ってらっしゃいー」

場面転換。

ガバッと起き上がる太郎。

太郎「うお!」

周りがザワザワする。

太郎「えーっと……うん。明らかに異世界だな。ホントに転生したのか」

女の子「あのー、大丈夫ですか?」

太郎「うわ、可愛い人だな。ヒロインかな?」

女の子「……ヒロイン?」

太郎「あの、鏡とかってあります?」

女の子「え? あ、はい。どうぞ」

太郎「ありがとう。……おおお! 選んだ通り、俺、イケメンだ! すげー」

女の子「……イケメン?」

太郎「となれば、さっそく……。う、ううん(咳払い)。あのお嬢さん。俺、この世界にきたの初めてなんだ。町を案内してくれないか?」

女の子「え、えっと……。いいですけど」

太郎「(小声で)ふふ。顔を伏せて、恥ずかしがってる。まあ、こんなイケメンなら仕方ないよな。もう、俺に惚れたか?」

場面転換。

太郎と女の子が並んで歩いている。

遠くでザワザワと騒がしい。

太郎「えっと……。なんか、注目されている気がするんだけど。主に、女の子に」

女の子「え、ええ……まあ……」

太郎「やっぱり、俺がイケメン……。格好いいからかな?」

女の子「え? 格好いい……ですか?」

太郎「うん。俺の顔、カッコいいでしょ?」

女の子「……それが、その……この国では、正直、あなたの顔は……不細工に分類されます」

太郎「え? え? 嘘!?」

女子「格好いい顔は……ああいう顔と体型ですね」

太郎「……前の俺みたいじゃん」

女の子「あの方、凄くモテるですよ」

太郎「へ、へー……。そ、そうなんだ」

そのとき、女の子が男とドンとぶつかる。

女の子「きゃっ!」

男「いってぇ! おい! どこ見て歩いてんだ!」

女の子「ご、ごめんなさい」

男「へえー。可愛い顔してるじゃねーか。よし、これから俺に付き合えよ」

女の子「ちょ、ちょっと離してください」

太郎「(小声で)おお、来た来た。テンプレート。これで俺が助けて、ハーレムの一歩ってわけだ。まあ、顔はしくじったけど、チートで、スゲーでモテモテの流れだな」

男「ほら、来いよ!」

太郎「おい! その子から手を放せ」

男「なんだ、この不細工。ひっこでろ!」

太郎「……口に気を付けろよ。雑魚が」

男「ああ!? 痛い目にあいたいようだな」

太郎「やれやれ……。少しビビらせてやるか。ホントはもう少し上位の魔法を覚えてからにしたかったけど、覚えている炎に全魔力を乗せて……っと。はああああ!」

ゴオオオという業火を出し、空へと打ち上げる。

男「あ……ああ……。魔法を使いやがった」

女の子「なんてことを……」

太郎「(小声で)ふふふ。ビビってるビビってる。けどここは、謙虚にいくか。ううん(咳払い)。……えっと、俺、なんかやっちゃいました?」

女の子「街中で魔法を使うなんて、何考えてるんですか!?」

太郎「いやあ。あんな下級の、ちょっぴりの魔力を込めた魔法を撃っただけじゃないか」

女の子「そんなことは関係ありません! 魔法を使ったことが問題なんです!」

太郎「え? 魔法使ったらダメなの?」

女の子「ダメです!」

太郎「なんで?」

女の子「この世界は平和だからです」

太郎「平和? この世界に魔王は?」

女の子「いないです」

太郎「モンスターは?」

女の子「いないです」

太郎「なんか、脅威になる存在は?」

女の子「いないです」

そのとき、兵士が大勢やってくる。

兵士「貴様! 街中で魔法を使ったそうだな! 牢屋にぶち込んでやる!」

太郎「……イケメンじゃなくて、魔法も使っちゃダメって……俺、この世界じゃ意味ないじゃん……」

兵士「おい! ぶつぶつ何言ってんだ! 大人しく、お縄につけ!」

太郎「……魔王になろうかな。俺……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈前の10枚シナリオへ〉

0