【声劇台本】大人びた顔

0

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人以上
時間:5分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
藤吾(とうご)
奈々子(ななこ)
その他

■台本

藤吾(N)「昔から俺は大人びた顔をしていた」

子供「やーい、おっさん顔の藤吾!」

藤吾(N)「別に今まで俺は、顔のことについて嫌だと思ったことはない」

店員「大人一人に、子供2人ね」

藤吾「いえ、僕も子供です」

店員「ええ? ……学生証を見せてくれる?」

藤吾(N)「逆に俺は、この顔に感謝している。そのおかげで……」

エージェント「藤吾。君にまた、仕事の依頼だ」

藤吾「いいですよ。今度はどこに入り込めばいいんですか?」

エージェント「警察署だ。この事件のファイルを入手してもらいたい」

藤吾「了解」

藤吾(N)「この顔のおかげで、俺は高校生で情報屋をやれている」

場面転換。

カツカツカツと歩いている藤吾。

ピタリと立ち止まる藤吾。

藤吾「君、資料室はどこかね?」

警察官「え? あなた、誰ですか?」

藤吾「本庁から、資料を取りに来た」

警察官「……あ、し、失礼しました、警視!」

ビシッと敬礼する警察官。

藤吾「文書で資料を請求してもよかったんだけどね。極秘で調べたくて」

警察官「こ、こちらです!」

藤吾(N)「制服は万能だ。その服を着ているだけで、何者かが証明できる。いや、相手が勝手に証明してくれる。コツとしては堂々としていること。当たり前の顔をしていれば、みんな信じてくれるのだ。このことを利用して、俺は様々な場所に侵入している」

場面転換。

エージェント「さすがですね。また、お願いします」

藤吾「ええ。いつでも」

エージェントが歩き去っていく。

入れ替わるように奈々子が走ってくる。

奈々子「あれ? 藤吾君。こんなところで何してるの?」

藤吾「ああ、奈々子ちゃん。なんでもないよ」

奈々子「ふーん。それよりさ、来週のうちの学園祭に来てくれるんでしょ?」

藤吾「もちろんだよ」

奈々子「やったー、うれしい! 私ね、学園祭で、ライブやるんだ! 藤吾くんにも見て欲しいんだ」

藤吾「うん。必ず、見るよ」

場面転換。

藤吾(N)「ふふ。俺は彼女も出来て、まさしく順風満帆だ。今日はその彼女の学校の学園祭。それに参加できるのは姉妹校である、俺の学校の生徒だけだ」

場面転換。

藤吾が歩いている。

周りが学園祭で賑わっている。

藤吾「へー。奈々子ちゃんの学園祭は気合入ってるな。さてと、奈々子ちゃんのライブ会場は……と」

警備員「おい、君!」

藤吾「はい? なんですか?」

警備員「学校には学生以外入れないんだぞ」

藤吾「……は? 俺、学生ですけど」

警備員「嘘を付くな! 制服なんか、どこで手に入れたんだ!」

藤吾「いや、信じてくれ! 俺は本当に学生なんだー!」

藤吾(N)「撤回したい発言が2つある。まず、制服は万能じゃなかった。俺は本当に学生なのに、制服を着ていても信じて貰えなかった。もう一つは……俺はずっと、この老け顔が嫌だった」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

0