【声劇台本】パーフェクトプラン

0

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:1人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
天斗(たかと)

■台本

天斗「……完成した。ついにできたぞ! 完璧な計画が! ふふふふ。これで、俺の時代が訪れる」

天斗(N)「計画段階1。まずは人数を集める。この際、3人くらいが望ましい」

天斗が携帯を出して、電話を掛ける。

数回のコール音の後、繋がる音。

天斗「おお、学(まなぶ)か。明日なんだけどさ、空いてる? ほら、前に学が行きたがってた、ライブのチケット取れたんだよ。行かない? うん、うん。ああ、いいよ。今回は俺の奢り。ああ、じゃあ、明日の10時に駅前の喫茶店に集合で」

ピッと通話を切る。

天斗「よし、次は……」

天斗が携帯で電話を掛け始める。

天斗「もしもし? 正樹(まさき)? 明日なんだけど、暇? ほら、前に行こうって言ってた、ラーメン屋行かね? うん、うん。そうそう、そこ。え? 並ぶくらい大丈夫だって。それじゃ、明日、10時にいつものコンビニで」

天斗が電話を切る。

天斗(N)「とにかく引っ張り出すことが目的なので、ダブルブッキングになっても問題ない。ただ、ここで注意が必要なのは呼んだ二人が鉢合わせしないこと。万が一のことを考えての安全策だ」

天斗「よし、次だ」

天斗(N)「計画段階2。本命の呼び出し。ここが勝負どころ。ここで勝負がほぼ決まる。段階2が上手くいけば、ほぼ勝ちが確定するはずだ」

天斗が携帯で電話を掛け始める。

天斗「あ、もしもし? 直美(なおみ)? 明日なんだけど、時間あるか? 三丁目のところに新しくできた、水族館、行かね? ん? いやいや、学と正樹も一緒。うん、うん。まあ、そうだな。だからさ、その……茜(あかね)ちゃんも呼んでさ、5人で行かないか? え? い、嫌だな。下心なんてないって。純粋に、女がお前一人だと気まずいだろ? あくまでバランス的な話だよ。うん、うん。それじゃ、直美の方から茜ちゃんに連絡入れてくれるか? えっと、明日の10時に三丁目の時計台の下で待ち合わせで。それじゃな」

天斗が携帯を切る。

天斗「いよっゃーーー! これで作戦は成功したようなもんだ!」

天斗(N)「計画段階2の肝は、本命に対して、あくまで俺から連絡するんじゃなく、女友達から誘わせること。こうすることで、警戒心も薄くなるし、断りづらくなるはずだ」

天斗「よし、次は……」

天斗が携帯で電話を掛け始める。

天斗「あ、もしもし。明日の13時から予約したいんですけど。……えっと、2人です。あとすいません。そちらのお店ってサプライズとかってやってくれるんですよね? はい、それでお願いします。はい、はい。じゃあ、お願いします」

ピッと携帯を切る天斗。

天斗(N)「計画段階3。当日のお店の予約。相手がどんなものが好きかと、おしゃれなお店は、事前にリサーチ済み」

天斗「よし、あとは明日を待つのみだ!」

場面転換。

街中。時計台の下にいる天斗。

天斗(N)「計画段階4。邪魔者の排除」

電話をかける天斗。

天斗「あ、もしもし? 直美? ごめん! ホント、ごめん! 今日、行けなくなった。……うん、ホントごめん。今度、なんか奢るよ。え? ああ、茜ちゃんには俺から連絡しておくよ。俺が誘ったんだしさ。俺がちゃんと説明する。うん、うん。ホント悪いな」

ピッと電話を切る。

天斗「ふう。あとは学と正樹にも電話をかけて断った後……茜ちゃんを待つのみだ!」

場面転換。

天斗(N)「計画段階5。本命とデートを楽しむ」

天斗「……あれ? おかしいな。もう11時なのに、茜ちゃんが来ない……。なんか、あったのかな?」

携帯で電話をかける天斗。

天斗「あ、もしもし、茜ちゃん。えっと、何かあった? 俺、もう時計台の下にいるんだけど……。え? 中止って聞いた? だ、誰から? ……直美? あれ? おかしいな。俺から連絡するって言ったのに……。え? 直美と一緒に行こうと思って、直美の家に行ったの? あー、そっか……。え? ああ、ううん。そう。今日は中止になったんだ。……ごめんね。うん。それじゃ……」

天斗が電話を切る。

天斗(N)「計画、失敗……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

0