お見舞い

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:3分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
克己(かつみ)
楓(かえで)

■台本

病室のベッドで横になっている克己。

克己「……いてて。くそ、身動きとれねえ」

ガチャリとドアが開き、楓が入って来る。

楓「やっほー。克己、元気してる?」

克己「……楓?」

楓「なによ。その呆けた顔は?」

克己「いや、何しにきたのかなって」

楓「あのねえ。わざわざ病室に来て、お見舞い以外になにがあるっていうのよ」

克己「そうだよな。すまん」

楓「あ、これ、メロン。お母さんが持って行けって」

克己「おお! サンキュー。あとで母さんに切ってもらうよ」

楓「あとは……これ」

克己「なんだ?」

楓「チョコ。遅くなったけど、バレンタインデーの」

克己「へ? ああ、ありがとう」

楓「……」

克己「なんだ?」

楓「言っとくけど、義理だから、勘違いしないでよ」

克己「わ、わかってるよ」

楓「さてと。渡す物渡したし……」

楓が椅子を持ってくる。

ベッドの横に置いて、座る。

克己「……帰るんじゃないのか?」

楓「なによ? どうせ暇なんでしょ? 仕方ないから、話し相手くらいにはなってあげるわよ」

克己「そうか。まあ、確かに、助かる」

楓「でしょ? それにしても、あんた役得ね」

克己「役得?」

楓「そりゃそうよ。私みたいな美女と二人っきりでお話なんて、怪我で入院してなきゃ、あんたなんかじゃ、一生無理だもん」

克己「……いやいや。いつも普通に話してるだろ」

楓「学校での話でしょ? 教室で話すのと、部屋で二人っきりとじゃ、話は違うでしょ」

克己「……いや、お前、普通に俺の部屋にドカドカ上がりこんでくるじゃん」

楓「あ、あれは……その、あれよ! あんたが暇してると思って、気を使ってあげたの」

克己「……まあ、そういうことにしておいてやるよ」

楓「ってことで、どうしてもって言うなら、明日も……なんなら、退院するまで来てあげてもいいわよ、お見舞い」

克己「……無理はしなくていいよ」

楓「うわー、そういうこと言っちゃう? 私がここまで下手に出てあげてるのに?」

克己「そこまで下手じゃねーだろ」

楓「一週間、学食ね」

克己「なにがだ?」

楓「あんたが、私に奢るの。それで手打ちよ」

克己「はあ? なんでだよ?」

楓「当たり前でしょ! あんたみたいなのが、私みたいな美女と毎日、二人っきりで話ができるのよ? 普通なら、学食2週間は固いわ」

克己「お前な……」

楓「あと、土日に遊びに行くときは、全部、あんたの奢り。それでいいわね?」

克己「……楓。一ついいか?」

楓「何よ?」

克己「加害者が上からもの言ってんじゃねー!」

楓「きゃー! ごめんなさーい!」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉