絶対に言えない

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:5分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
蒼(あおい)
綾乃(あやの)

■台本

蒼(N)「何がきっかけだったかは、あまり覚えていない。でも、そんなことはたいして、重要じゃない。とにかく、あの日、僕は綾乃さんに出会った。それがこの問題の始まりだったのだ」

場面転換。

綾乃が走って来る。

綾乃「蒼くーん!」

綾乃が蒼に抱き着く。

蒼「あ、綾乃さん、こんにちは……」

綾乃「小学校は? 終わったの?」

蒼「う、うん」

綾乃「じゃあさ、うち来ない? 蒼くんのために、ケーキ買ってあるんだ」

蒼「いや、悪いよ。いつもご馳走になってるし」

綾乃「いいのいいの。遠慮しないで」

蒼の首根っこを捕まえて、歩き出す綾乃。

蒼「うう……。なんで、いつもこうなるんだろ」

場面転換。

綾乃の部屋。

コトッとケーキとジュースをテーブルに置く綾乃。

綾乃「はい、どーぞ」

蒼「あ、ありがとう」

綾乃「おかわりもあるから、言ってね」

蒼「……」

綾乃「どうしたの? キョロキョロして」

蒼「あ、いや。また、写真が増えたなーって」

綾乃「そうなのー! この子はね、蓮くんって言って、今、話題のイケメン子役なの! で、こっちは孝明くん! 蓮くんとは違った、気の強い感じがいいよねー」

蒼「あはは……」

綾乃「あー、でもでも、安心して。私が一番好きなのは蒼くんだから」

蒼「……あ、ありがとう。嬉しいよ」

綾乃「あのね、蒼くん」

蒼「なに?」

綾乃「今日、うちの両親、帰って来ないんだよね」

蒼「……えっと、それが今、なんの関係が?」

綾乃「うふふふふ」

蒼「け、ケーキ、いただきます!」

綾乃「うん。たっぷり食べてね。なんなら、私も……。いや、食べるのは私の方かな」

蒼「あ、そうだ! 見たいテレビ番組があった! 帰らないと!」

綾乃「うちで見ていけばいいじゃない」

蒼「……しまった」

綾乃「なんなら、今日、うちに泊まっていく?」

蒼「遠慮しておきます……」

綾乃「あっ!(わざとらしく)」

ジュースが入ったコップを倒す綾乃。

蒼「わっ!」

綾乃「ごめんねー。ジュース零れちゃったね。濡れなかった?」

蒼「いや、えっと……」

綾乃「あー、大変。ズボン、びちゃびちゃだ。着替えないと」

蒼「じゃ、じゃあ、家に帰らないと……」

綾乃「大丈夫。替えはあるから」

蒼「……なんであるの?」

綾乃「あれ? でも、着替える前にお風呂入らないと、ベタベタになっちゃうね」

蒼「え?」

綾乃「一緒に入ろうっか?」

蒼「いや! ダメだよ! ダメダメ!」

綾乃「あれあれ? もしかして、照れちゃってるのかな? 可愛い―!」

蒼「そ、そうじゃなくて……」

綾乃「私は全然、いいのになぁ」

蒼「ダメ! 絶対にダメ!」

綾乃「そっか。無理強いはダメだよね」

蒼「(ほっとして)」

場面転換。

脱衣所の前。

綾乃「はい。これ、ズボンと下着とバスタオル」

蒼「あ、ありがと」

綾乃「お風呂は温かったら、沸かしてもいいからね」

蒼「う、うん。それじゃ、入るね」

蒼が脱衣所に入る。

そして、鍵を掛ける。

蒼「ふう……」

蒼が服を脱ぎ始める。

綾乃の声「あ、やっぱり、背中流してあげる……」

外からドアを開けようとする綾乃。

綾乃「あれ? 鍵かかってる? 蒼くーん、開けて」

蒼「……やっぱり。鍵かけててよかった」

蒼が裸になり、浴室へと入り、湯船に浸かる。

蒼「……今更、言えないよね」

蒼(N)「僕が女の子だなんて、絶対に言えない……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉