浦島太郎は働かない

浦島太郎は働かない

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

■概要
主要人数:6人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、童話、コメディ

■キャスト
太郎
乙姫
母親

子供1
子供2
その他

■台本

ナレーション「昔々、あるところに浦島太郎という若者がおったそうな。太郎は近所でも有名な、それはそれは親不孝者であった。毎日家でゴロゴロゴロゴロ。そんな太郎に、ついに母親の怒りが降り注いだのでした」

母親「太郎! いい加減に働いたらどうなの!」

太郎「ふふふ。いいかい、母さん。今、トレンドの言葉は、働いたら負け、なんだよ」

母親「それ、もうだいぶ古い言葉じゃない。いまだに使ってるのあんただけだよ。それにあんた、負け続けの人生なんだから、今更負けの一つや二つ増えたところでどうってことないでしょ」

太郎「……それが母親のセリフなの?」

母親「とにかく、あんたもいい年なんだから、いい加減、自立してもらわないと困るのよ」

太郎「ええー。そんなこと急に言われても困るよ。心構えっていうの? 覚悟がないと、社会には出ていけないんだ」

母親「(どすのきいた感じで)いいから、働いて来いや」

太郎「は、はい……」

  海のさざ波の音。

砂浜を歩く太郎。

太郎「あーあ。働くって言ってもなー。何していいかわかんねーし」

子供1「うーん! うーん! 動かないよー」

子供2「せーので、いくよ。せーの!」

太郎「ん? なんだ?」

子供1「えい! ……ダメだ。やっぱり動かない」

子供2「どうしよっか……」

  太郎が子供たちに近づいていく。

太郎「なにやってんだ、お前ら」

子供1「あ、太郎兄ちゃん。外出てるなんて珍しいね」

太郎「まあ、ちょっと用事があってな。で、お前らのほうは何してるんだ?」

子供2「このおっきな亀がね、暑さで目を回してるみたいだから、海に返してあげようと思って」

太郎「おお……。たしかにでかい亀だな」

子供1「ねえ、太郎兄ちゃんも手伝ってよ」

太郎「いくら出せる?」

子供2「ええー! 金取るの?」

太郎「当たり前だ。大人はな、タダで働くわけにはいかないんだよ」

子供1「じゃあ、この前お団子おごった分で手伝ってよ」

太郎「悪いな。その分はもう時効になっちまった」

子供2「じゃあ、この酢昆布で手を打たない?」

太郎「……本当は金がいいんだけど、しゃーない。それで手を打とう」

子供2「はい」

太郎「サンキュー。(食べて)おおう、やっぱ酢昆布うめえ!」

子供1「さ、食べたんだから、ちゃんと働いてよね」

太郎「……母ちゃんみたいなこと言うなよ」

子供2「じゃあ、いくよー。せーの」

太郎「おいせ!」

子供1「おいせ!」

  亀が動き出していく。

子供2「おいせ!」

太郎「おいせ!」

  亀を海まで移動させる。

子供1「やったー! 海についた」

子供2「これで亀さん、海に帰れるね」

太郎「いやー、いいことすると清々しい気分になるよな」

亀「……はっ! 私は一体……」

太郎「おわあ! 亀がしゃべった!」

子供1「すっごーい! しゃべったしゃべった」

亀「……どうやら、私は浜辺で日向ぼっこをしてて、いつの間にか眠ってしまって、動けないほど干からびていたようですね」

太郎「人のこと言えねえけど、お前、残念な奴だな」

亀「ありがとうございます。危うく、天に召されるところでした」

子供2「今度は気を付けてね」

亀「そうだ! 助けていただいたお礼に、みなさまを竜宮城へご案内します」

子供1「竜宮城?」

亀「海底にある、とても立派なお城です」

子供2「すっげー! 見てみたい!」

子供1「行きたい、行きたい!」

太郎「ちょっと待てお前ら」

子供1「なに?」

太郎「いいか、こういう美味い話には、裏があるものだ。まずは俺が行って、様子を見てくる。安全だってわかったら、お前らも来い」

子供1「うん、わかった」

子供2「気を付けてね、太郎兄ちゃん」

太郎「よし、亀、行くぞ」

亀「……はい」

  水の中。

太郎「こういうこと言うと野暮かもしれねーけど、水の中でも息ができるし、話せるんだな」

亀「あの……どうして子供たちを置いてきたのでしょうか? お礼なので、悪いことは考えていませんよ?」

太郎「騙す奴はみんな、そう言うんだ。とにかく、俺一人なんだから、三人分のもてなしをしろよ」

亀「はあ……」

太郎「あ、見えてきた! あれか? すげーでかいし、綺麗だな!」

亀「はい、あれが乙姫様のお城、竜宮城です」

  場面転換。

乙姫「よくぞ、お越しくださいました、浦島様。私、この城の主、乙姫……」

太郎「結婚してください!」

乙姫「え? 嫌です」

太郎「秒でフラれた!」

乙姫「話は亀から聞かせていただきました。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」

太郎「はーい!」

  場面転換。

  太郎が料理をがっついている。

太郎「うめえ、こんな美味いもの初めて食った」

乙姫「お代わりもありますからね」

太郎「はーい!」

  場面転換。

  きらびやかな音楽が流れている。

太郎「おおー! 魚たちの踊りって新鮮だなぁ。綺麗だー。あ、乙姫様、一番前の鯛、後で食べたい」

乙姫「そういう生々しい発言は避けていただけると……」

  場面転換。

  ゴロゴロしている太郎。

太郎「いやぁ、竜宮城は天国だなぁ」

乙姫「あ、あの……浦島様、ここに来て、もう一か月。そろそろ帰ったほうが……」

太郎「いいのいいの。俺、ここに一生住むことにしたから」

乙姫「さすがにそれは困ります……」

太郎「ええ! だって、ゆっくりしてけって言ったじゃん」

乙姫「ゆっくりとは言いましたが、一生とは言ってませんよ」

太郎「いやだ! 絶対に帰らないぞ!」

乙姫「困りましたね……。それでは、竜宮城の秘宝、玉手箱をお譲りしますから、帰っていただけませんか?」

太郎「秘宝か……。売ったら金になるかな。よし、それならいいよ」

乙姫「さあ、みなさん。やっと浦島様がお帰りになりますよ。さっさと地上にお返しして」

鯛「わーい!」

ヒラメ「やっと帰るのかよ!」

亀「みなさん、本当にすみませんでした。こんな方を連れてきてしまって……」

  場面転換。

  砂浜。海のさざ波。

亀「浦島様、地上へ着きましたよ」

太郎「お、早いな。……って、あれ? ここどこだ? 俺がいたところに帰してくれよ」

亀「いえ、ここが浦島様がいた浜辺です」

太郎「どういうことだ?」

亀「地上と竜宮城では時間の流れが違うのです。竜宮城での一日は、地上で10年になります」

太郎「じゃあ、一か月いたってことは300年経ったってことか?」

亀「はい」

太郎「ええ! ヤバくない? 俺、どうすんの?」

亀「そう言われましても……」

太郎「やっぱ、竜宮城に帰る」

亀「それは無理です。ああ、そうだ。乙姫様から伝言です。困ったら玉手箱を開けてみてください、とのことです。あと、これ、鏡です」

太郎「……鏡?」

亀「それでは、これで失礼します」

  亀が海へ帰っていく。

太郎「さて、どうするか。玉手箱は売るつもりだったんだけどなぁ。あ、もしかしたらお金が入ってるのかも! よし、開けてみるか!」

  開けた瞬間、ボンという音が響く。

太郎「うわ! 変な煙が出てきた! ……って、ん? なんか、一気に髪と髭が伸びたぞ。それに白い……。どうなってるんだ? げっ! 俺、ジジイになってる!」

  海のさざ波。

太郎「やべえ、どうしよう。ただでさえ、働くの難しかったのに、こんな年だと、誰も雇ってくれねえ……って待てよ! この年なら、年金もらえんじゃん! やったー! これで働かずに国から金もらえるぞ! 乙姫様、グッジョブ! さっそく、役所へゴーだ!」

  場面転換。

  役所。

女性「えっと……年金制度なんてものは、既に廃止されましたが」

太郎「なん……だと?」

ナレーション「こうして、おじいさんになった太郎は生活保護を受けて、そこそこに暮らしましたとさ。めでたしめでたし?」

終わり

〈声劇用の台本一覧へ〉

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉