きらきら光るもの

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

■ジャンル
アニメ用シナリオ、ファンタジー、

〇 雪の平原

  しんしんと降る雪。

アンナ(10)が雪をかき分けながら泣いている。

アンナ「うう……どうしよう」

  そこに雪の精霊が現れる。

雪の精「どうしたの?」

アンナ「……」

  美しい雪の精に見惚れるアンナ。

雪の精「ふふ。泣き止んでよかった」

アンナ「……お姉さん、だれ?」

雪の精「私? 私は雪の精霊よ」

アンナ「雪の精霊……」

雪の精「どうして、さっきは泣いていたの?」

アンナ「えっとね、お母さんの大事なブローチ、無くしちゃったの」

雪の精「あら……。それは大変。でも、寒い中、探してたら風邪ひいちゃうわよ」

アンナ「別に風邪くらいいいの」

雪の精「ダメよ。お母さん、悲しんじゃうわよ」

アンナ「大丈夫。……お母さん、もう死んじゃったから」

雪の精「……」

アンナ「お母さんが大事にしてたブローチ。ちょっと借りただけなのに……」

雪の精「そっか。でも、こんな雪の中じゃ見つかりっこないわ」

アンナ「それでも、探すの!」

雪の精「あのね、アンナ。そんなことしてもお母さんは喜ばないわ。何かあったら大変だもの」

アンナ「……でも」

雪の精「今日はもう帰りなさい。明日、また探すのを手伝ってあげるから」

アンナ「本当?」

雪の精「ええ」

アンナ「じゃあ、また明日来るね」

  アンナが駆け出していく。

〇 同

  晴れて、晴天。

  アンナが走ってくる。

  きょろきょろと周りを見渡すアンナ。

アンナ「雪の精霊さん、来たよ」

  雪の精霊が現れる。

雪の精「ふふ。来たのね。じゃあ、探そうか」

アンナ「うん」

  アンナが雪を掘り返している。

雪の精「ねえ、アンナ。雪だるま、作らない?」

アンナ「え? でも……」

雪の精「ふふ。少しくらい遊んでもいいんじゃないの?」

アンナ「うーん。じゃあ、ちょっとだけ」

  暗転。

  大きな雪だるま。

アンナ「えへへ。できた」

雪の精「あらあら、アンナは相変わらず雪だるま作るのがうまいわね」

アンナ「うん。だって、たくさん作ってたから」

雪の精「そう」

アンナ「私ね、冬が大好き」

雪の精「あら、どうして? 冬は寒くて嫌いって人が多いのよ」

アンナ「私は好き! だって、雪が降るから」

雪の精「……」

アンナ「雪はね。きらきら光るの。ほら、あそこ、きらきらってね」

雪の精「ああ、あれは太陽の光が反射してるのよ」

アンナ「あとね、雪だるま作るのも好きなの」

雪の精「たくさん、作ってるものね」

アンナ「うん! 冬は雪だるまの友達がいっぱい作れるからうれしいんだ。ひとりぼっちじゃないの」

雪の精「……ねえ、アンナ。人間のお友達は?」

アンナ「いないよ」

雪の精「あら、どうして?」

アンナ「だって、一人で遊んだほうが楽しいから」

雪の精「そんなことないわ。お友達と一緒に遊ぶの、きっと楽しいわよ」

アンナ「でも……」

雪の精「何か、心配なことがあるの?」

アンナ「あのね、アンナね、引っ越してきたの」

雪の精「……」

アンナ「だからね、お友達が一人もいなくて」

雪の精「あら、なら作ればいいんじゃないの?」

アンナ「ううん。怖いの」

雪の精「怖い?」

アンナ「なにをお話ししたらいいかわからないし」

雪の精「そんなのなんでもいいんじゃない?」

アンナ「それに、意地悪されても嫌だから」

雪の精「大丈夫。そんなことする子はいないわ」

アンナ「嫌なの! アンナは一人がいいの」

雪の精「なら、私といるのも嫌?」

アンナ「ううん。雪の精霊さんは好き」

雪の精「ねえ、アンナ。滑り台作ろうか。雪の滑り台」

アンナ「なにそれ! 面白そう!」

雪の精「ふふ。それじゃ、一緒に作りましょう」

  暗転。

  雪を積み重ねていくアンナ。

アンナ「えへへ。なんかね、お母さんと一緒にいるみたい」

雪の精「そう。それは嬉しいわ。でも、お母さんはこんな風に遊んでくれなかったでしょ?」

アンナ「うん。お母さんは病気だったから……。でも本はたくさん読んでくれたよ?」

雪の精「お母さんはアンナが友達いないって知ってたの?」

アンナ「ううん。お友達、いっぱいいるって嘘ついてたから」

雪の精「……どうして、嘘ついたの?」

アンナ「だって、お母さん、心配するから」

雪の精「でも、嘘ついたほうが、お母さん、悲しむと思うわ」

アンナ「……」

雪の精「ごめんなさい。攻めるつもりはないの。でもね、やっぱり、お友達作ったほうがいいと思うな」

アンナ「……」

雪の精「あら、今日はもう遅いわ。帰ったほうがいいわね」

アンナ「ねえ、明日も一緒に遊んでくれる?」

雪の精「ええ。もちろん!」

〇 同

  曇り。

  アンナが雪を積み重ねて滑り台を作っている。

雪の精「アンナは頑張り屋さんね」

アンナ「えへへ」

雪の精「こんなに頑張り屋さんなアンナなら、きっと素敵なお友達ができるわ」

アンナ「……」

雪の精「そういえば、アンナはどうしてブローチを借りたの?」

アンナ「実はね、クラスの子の誕生日会の呼ばれてたの。それで……」

雪の精「あらあら、そうなの。そこでお友達できなかったの?」

アンナ「……誰とも話せなかったの」

雪の精「そう……」

アンナ「きっと、みんな、アンナのこと嫌いなんだよ」

雪の精「そんなことないわ」

アンナ「……」

〇 同

  少し雪が降っている。

  そんな中、アンナが雪の滑り台を作る。

アンナ「できた!」

雪の精「すごいわ!」

アンナ「滑ってみる」

  アンナが雪の滑り台を滑る。

  それを微笑んで見ている雪の精。

〇 同

  晴天。

  アンナが走ってくる。

アンナ「!」

  立ち止まるアンナ。

  目線の先には、数人の子供が雪の滑り台で遊んでいる。

  背を向けて帰ろうとするアンナ。

雪の精「一緒に遊ばないの?」

アンナ「……でも、断られたら」

雪の精「大丈夫。一緒に遊ぼうって言ってみて」

アンナ「……」

雪の精「頑張って」

アンナ「うん」

  アンナが子供たちのところへ行く。

アンナ「一緒に遊ぼう」

子供「うん、いいよ!」

  アンナと子供たちが遊んでいる姿を微笑んで見ている雪の精。

  カットバック

  アンナと子供たちが遊んでいる。

  ×  ×  ×

  アンナと遊んでいる子供たちがどんどんと増えていく。

  そして、雪も解けていく。

  ×  ×  ×

  雪だるまが解けて、代わりにその場所には子供が立って笑っている。

  それを愛おしそうに見ている雪の精。

〇 同

  春。蝶々が飛んでいる。

  アンナが大勢の子供たちと遊んでいる。

  草の上にキラリと光るもの。

  それはブローチ。

雪の精がブローチを拾い上げ、身に着ける。

  すると人間の姿になる。

雪の精「よかったわね、アンナ。これで、お母さんがいなくても、大丈夫ね。……最後に一緒に遊べて、楽しかったわ」

  雪の精が淡く光り、そして消える。

アンナ「……」

  雪の精がいたところを振り返るアンナ。

子供「アンナちゃん、どうしたの?」

アンナ「ううん、なんでもない!」

  再び、友達と遊び始めるアンナ。

  アンナと友達が光を浴びて、光り輝いている。

終わり

〈シナリオ一覧へ〉

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

0