うさぎとかめ

うさぎとかめ

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、童話

■キャスト
かめ
うさぎ
きつね

■台本

ナレーション「昔々、あるところに、うさぎとかめがおりました。うさぎは足が速くて、ジャンプ力があり、そして、面倒見が良い性格なのでみんなの人気者でした。逆にかめは足が遅く、何をするにも失敗ばかりで、すぐに何でも諦めてしまう性格で、誰も友達がいなかったのです。そんなかめに、うさぎはいつもからかってばかりいたのでした」

  かめが道を歩いている。

  その後ろから、うさぎがやってくる。

うさぎ「よお、かめ。みんなが集まって遊ぶのはお昼からだぞ。こんなところにいて、間に合うのか?」

かめ「ああ、うさぎさんか……。いいんだよ、別に。行かないから」

うさぎ「おまえなぁ……。少しはそういうところに顔出したらどうだ? そんなんだから、友達ができねーんだぞ」

かめ「……別に。友達なんかいらないから」

  そこにきつねがやってくる。

きつね「あれ? うさぎさんとかめじゃん。てか、なんで、かめなんかがうさぎさんと一緒にいんの?」

かめ「……単にうさぎさんに話しかけられただけで、一緒にいたわけじゃないよ」

きつね「ふーん。そんなことよりさー、うさぎさん。早くいこーよ。もう、みんな集まってんじゃね?」

うさぎ「そうだな。少し急ぐか。……なあ、かめ、一緒に来るか?」

きつね「いやいや。かめなんかと一緒だと、着くの明日の昼になっちゃうから」

かめ「そうだよ……。僕なんかに構ってないで、行きなよ」

きつね「だってさ。行こ」

うさぎ「あ、ああ……」

  きつねとうさぎが行ってしまう。

かめ「……別に羨ましくないし。僕には僕の楽しみがあるんだから」

  かめが歩き出す。

  川の流れる音。

  そこにかめがやってくる。

かめ「ふう、やっとついた。川原で石並べ。最高の贅沢だよね。一人でいるほうが気軽だし、好きなことできるし、みんなと合わせるなんて、疲れるだけだからね。僕は一人でいるのが一番楽しいんだ。さてと、さっそく始めようかな」

  かめが川原の石を積み始める。

   少しの間。

   カラスの鳴き声。

かめ「うわっ! もうこんな時間。ちょっと集中し過ぎたかな」

  そのとき、うさぎときつねがやってくる。

きつね「いやー、今日はめっちゃ楽しかったねー。うさぎさんのジャンプ、超サイコーって、あれ? かめじゃん?」

かめ「あ、うさぎさんと、きつねさん」

きつね「こんなとこで、なにやってんの?」

かめ「いや……別に」

うさぎ「なあ、この石の柱、お前が積み上げたのか?」

きつね「まっさかー。かめなんかが、こんなに高く積み上げられるわけないじゃん」

かめ「う、うん……。最初から積んであったよ」

うさぎ「ホントか?」

かめ「う、うん……」

うさぎ「……ふーん」

  うさぎが石の柱を叩いて崩す。

かめ「ああっ! 崩すなんて、何するんだよ」

うさぎ「別にお前が積み上げたわけじゃないんだろ? なんで怒るんだよ」

かめ「そ、それは……」

きつね「なに? この石の柱に恋でもしてたとか? きゃはは!」

かめ「……」

うさぎ「ん?」

かめ「な、なんでもない……」

うさぎ「なあ、ホントはこれ、お前が作ったんじゃないのか?」

きつね「いや、ないない。あんなすごいの、かめが作れるわけないってば」

かめ「そ、そうだよ。僕なんかじゃ無理だよ」

きつね「……俺さ。お前みたいなウジウジしたやつ嫌いだ」

かめ「え?」

うさぎ「お前をみんなの前で恥、かかせてやる。俺と勝負しろよ」

かめ「うさぎさん、何言ってるの?」

きつね「そうだよ、何、熱くなってる系? こんなやつ放っておけばいいじゃん」

かめ「そ、そうだよ。僕のことなんて放っておいてよ」

きつね「いや、お前を見てたら、なんか凄くイライラしてきた。徹底的にやってやるよ」

かめ「そんな……」

きつね「でも、なにで勝負すんの?」

うさぎ「石積みで勝負だ。どっちが高く積めるか」

かめ「え?」

うさぎ「明日の昼から夕方までだ」

きつね「まあ、勝負は決まってっけど、面白そうだから、みんな集めて見に来るね」

うさぎ「ああ。できるだけ多く集めてくれ。みんなの前で、こいつを恥かかせてやる」

かめ「……そんな」

うさぎ「わかってると思うけど、逃げるなよ」

かめ「……無理だよ。僕がうさぎさんに勝つなんて」

うさぎ「そうだな。お前は何をやっても無駄だ。ずっとウジウジしてるのがお似合いだよ」

かめ「……」

うさぎ「じゃあ、また明日な」

  フクロウが鳴く声。

  夜にかめがつぶやく。

かめ「うう……どうしよう。僕なんかが勝負なんて無理だよ。でも、逃げても絶対に捕まるし……。もう、最悪だよ……」

  川の流れる音。

  ワイワイと大勢が集まっている。

  そこにかめがやってくる。

うさぎ「おう、逃げずに来たな」

かめ「……」

うさぎ「始めるか。きつね、号令、頼む」

きつね「おけおけ。じゃ、石積み勝負、スタート!」

  歓声が沸き上がる。

かめ「よいしょ、よいしょ」

  かめが石を積み始める。

うさぎ「……ふん」

きつね「あれ? うさぎさん、なんで寝転がるし?」

うさぎ「ん? いや、相手はかめだからな。ハンデだよ、ハンデ」

きつね「なるー。それでも、うさぎさんのあっしょーだよねー」

かめ「うんしょ、うんしょ」

  かめが石を積み上げ続ける。

  少しの間。

うさぎ「さてと。そろそろ、俺も開始するか……って、まだ、それだけしか積んでないのかよ」

かめ「うんしょ、うんしょ」

うさぎ「まあいいや」

  うさぎが石をすごい勢いで積み始める。

きつね「おお! さすが、うさぎさん! すごい早さで積み上げ始めたー」

かめ「ここから。ここからは慎重に……」

きつね「かめは相変わらずの遅さだし」

かめ「ゆっくり、慎重に……」

うさぎ「ふん!」

  うさぎが石を積み続けるが……。

うさぎ「あっ!」

  石が崩れる。

きつね「うさぎさんの石が崩れちゃった!」

うさぎ「大丈夫だ、まだ余裕で抜けるって」

きつね「ですよねー」

かめ「うんしょ、うんしょ」

うさぎ「あっ! くそ!」

  また、うさぎの石が崩れる。

きつね「急いで、うさぎさん! そろそろ、時間ヤバいよ!」

うさぎ「うるさい! 難しいんだよ!」

かめ「うんしょ、うんしょ」

うさぎ「あ、また!」

  うさぎの石が崩れる。

うさぎ「……」

きつね「うさぎさん? どしたの?」

うさぎ「まいった」

かめ「え?」

うさぎ「俺の負けだ。その高さまで積める気がしない」

きつね「これは意外っしょ! なんと、かめの勝ちが確定したっぽい!」

  観客たちの歓声が響く。

うさぎ「やっぱり、あれはお前が積んだ石の柱だったんだな」

かめ「……うさぎさん」

うさぎ「お前、すごいな。こんなに高く石を積めるなんて」

かめ「そ、そんなことないよ。僕なんか全然」

うさぎ「おいおい。それなら、負けた俺はどうなんだよ。もっとみじめってことか?」

かめ「え? 別に、そういうわけじゃ……」

うさぎ「なあ、お前、もっと自信持てよ。お前、すごいやつなんだからさ」

かめ「でも……」

きつね「いや、ホント、かめってすごいね! マジ、見直した感じ!」

かめ「え?」

うさぎ「今度、俺にも石の積み方、教えてくれよ」

きつね「あ、それあたしも教えてほしい!」

かめ「う、うん。いいよ」

うさぎ「よし! じゃあ、今度はみんなで石積み大会だ!」

  わーっと歓声が上がる。

かめ「……うさぎさん、ありがとう」

うさぎ「ん? なんのことだ?」

ナレーション「こうして、かめはうさぎとの勝負に勝ったことより、人気者になりました。そして、たくさんの友達ができ、毎日をみんなと楽しく過ごしたのでした。めでたしめでたし」

終わり

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉