いつも一緒だよ

いつも一緒だよ

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
樹(10)
莉子(5)
母親
医者

■台本

  救急車のサイレンの音。

母親「しっかりして! お願い、目を開けて!」

  場面転換。

医者「……残念ですが、今の医療では手の施しようがありません」

母親「そんな……あの子は、どうなるんですか?」

医者「もって三ヶ月でしょう。我々としては退院をお勧めします。残りの時間は本人の希望を尊重してあげてください」

母親「うう……。いやーー!」

  場面転換。

  ガチャリとドアが開く。

莉子「ただいまー」

樹「お帰り、莉子」

莉子「あ、お兄ちゃん!」

  走り寄ってくる莉子。

莉子「リコ、お兄ちゃんに会えなくて、さみしかったー」

樹「よく我慢したな。偉いぞ」

莉子「えへへ。褒められちゃった」

樹「お兄ちゃんがいなくても、いい子にしてたか?」

莉子「うん! 病院でも、いい子にしてたよ、ね? お母さん」

母親「そうね」

莉子「ねえ、お兄ちゃん、リコ、遊びに行きたい」

樹「よし、じゃあ、久しぶりに裏山に行くか」

莉子「うん!」

母親「樹……お母さん、ちょっと心配かな」

樹「大丈夫だよ。莉子、お兄ちゃんの言うこと聞けるよな?」

莉子「うん!」

母親「……お母さんもついて行こうか?」

樹「大丈夫だよ。危ないことしないし」

母親「……じゃあ、何かあったらすぐ連絡するのよ」

樹「わかった」

母親「莉子ちゃん。少しでも苦しくなったら、すぐにお兄ちゃんに言うのよ」

莉子「わかった!」

樹「それじゃ、莉子、行こうか」

莉子「うん!」

  樹と莉子が歩いている。

莉子「ふふふーん!」

樹「天気よくて、気持ちいいな」

莉子「あ、チョウチョだ!」

樹「莉子、走ったらダメだよ!」

莉子「あ、そうだった。でも、チョウチョ、逃げちゃう」

樹「大丈夫だよ。ゆっくり近づいて……。ほら、捕まえた」

莉子「お兄ちゃん、すごーい!」

樹「ほら、莉子、見てごらん。綺麗な羽だろ」

莉子「うん、すっごいキレ―」

樹「よし、それじゃ逃がすぞ」

莉子「えー、逃がしちゃうの? リコ、持って帰りたい」

樹「莉子、考えてごらん。莉子が可愛いからって、知らない人の家に連れて帰られたらどう思う?」

莉子「……うーん。それだと、お兄ちゃんに会えなくなる?」

樹「会えなくなるな」

莉子「じゃあ、ヤダ!」

樹「だろ? チョウチョだって、知らないところに連れていかれるのは嫌だと思うぞ」

莉子「そっか……。じゃあ、逃がしていいよ」

樹「どんなに小さくてもチョウチョだって、一生懸命生きてる。だから大切にしないとダメなんだ」

莉子「うーん。リコ、よくわかんない」

樹「はは。まだ、莉子には早かったか。よし、それじゃ行くぞ。もう少しで頂上だ」

莉子「うん!」

  場面転換。

莉子「はあ……はあ……はあ……」

樹「莉子、苦しくないか? おんぶするか?」

莉子「だいじょうぶ! がんばる!」

樹「そっか、偉いぞ」

莉子「えへへ……あっ!」

  莉子が転ぶ。

莉子「ふええ……。お兄ちゃんー」

樹「大丈夫か、莉子」

莉子「ヒザいたいー」

樹「あー、少しすりむいちゃったな」

莉子「えーん!」

樹「立てるか?」

莉子「たてない―。お兄ちゃん、だっこー」

樹「自分で立つんだ」

莉子「え?」

樹「莉子ならできる。ほら、頑張れ」

莉子「う、うん……」

  莉子が立ち上がる。

樹「よし、いい子だ。頑張ったな」

莉子「うん!」

  場面転換。

樹「ふう、頂上についたぞ」

莉子「ついたー!」

樹「莉子、大丈夫か? 苦しくないか?」

莉子「ちょっとくるしい……」

樹「少し、座って休憩しよう」

莉子「お兄ちゃん」

樹「ん?」

莉子「キレ―だね」

樹「そうだな。この景色、しっかり覚えておくんだぞ」

莉子「うん、リコわすれないよ」

樹「なあ、莉子。自分が病気だからって、何も気にすることはないからな。だって、莉子はちゃんと自分の足で頂上まで来れたんだから」

莉子「でも、リコ、おともだちよりもあしおそいし、すぐつかれちゃうよ」

樹「いいんだ。人よりもゆっくりでも。最後には頂上に登れれば。だから、莉子。これからも頑張ることを止めたら、ダメだぞ」

莉子「うん、リコ、がんばる!」

樹「よし、いい子だ。あ、そうだ。お母さんからお菓子もらったんだった。食べるか?」

莉子「たべるー」

  二人がお菓子を食べる。

樹「美味しいな」

莉子「おいしーね」

樹「病院だと、お菓子は食べられないから、しっかり味わうんだぞ」

莉子「……」

樹「莉子? どうしたんだ?」

莉子「リコ、もう、びょういん、いきたくない」

樹「どうして?」

莉子「だって、びょういんだと、お兄ちゃんにあえないもん」

樹「そんなことないぞ。手術が終わったら、莉子とお兄ちゃんはずーっと一緒だ」

莉子「ホント?」

樹「ああ、本当だ。だから、手術、頑張れるな?」

莉子「う、うん……。こわいけど、がんばる」

樹「うん。莉子なら大丈夫だ」

莉子「あのね、お兄ちゃん。リコね」

樹「うん?」

莉子「リコ、お兄ちゃんのことだーいすき!」

樹「お兄ちゃんも莉子のこと大好きだよ」

莉子「わーい!」

樹「莉子。よく覚えておくんだ」

莉子「なに?」

樹「もし、怖くなったり、寂しくなったりしたら、目をつぶって、胸に手を当てるんだ。そしたら勇気が湧いてくるから」

莉子「うん、わかった」

樹「よし、それじゃ、帰ろうか」

莉子「うん。かえりはお兄ちゃんと手をつないでかえるー」

樹「よし、じゃあ、手を繋いでゆっくり帰ろう」

  場面転換。

  心電図の弱弱しい音。

母親「う、うう……」

樹「……お母さん、泣かないで。……莉子のこと、お願いね」

母親「うう……」

樹「僕ね、とっても幸せだよ。お母さんの子供に生まれて……。莉子のお兄ちゃんになれて」

母親「……」

樹「それに……莉子の中で僕は生き続けることができるんだ。こんなに嬉しいことはないよ」

母親「う、うう……」

樹「……莉子」

  心電図がピーと鳴り響く。

樹(N)「珍しい病気にかかった僕の命は、医者の言う通りの時間しかもたなかった。……そして、莉子は小さい頃から重い心臓病で苦しんでいた。だから、僕は莉子に心臓を移植してもらうことにした。この体とは今日でお別れだけど、これからは莉子の中で生き続ける。莉子、これからは……いつも一緒だよ」

終わり

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉