ウサ耳メイドにご注意を!3話

ウサ耳メイドにご注意を!3話

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

<1話へ>  <2話へ>  <4話へ>

■概要
人数:4人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、異世界、コメディ

■キャスト
宇佐美 冥土
アリア(店長)
ルナ

■台本

アリア「はあ……」
冥土「店長、どうかしたのか?」
アリア「それがね。最近、視線を感じるの」
冥土「視線?」
アリア「お店が終わった後に、家に帰るまでとか、家に帰ってからも、なんか誰かに見られているような気がして……」
冥土「なるほど……」
アリア「あ、もう、こんな時間! 宇佐美くん、お店、オープンするよ」
冥土「ああ」

  ドアが開き、客が入ってくる。

冥土「お帰りなさいませ、ご主人様」

  場面展開。
店の中は割と賑わっている。

男性客「すみません! アリアさんとのトークタイム30分、お願いしまーす」
冥土「申し訳ありません、ご主人様。アリアはこの後も予約が入ってまして……」
男性客「なんだよ、もう! 昨日だって3時間待ったんだぞ!」
アリア「ごめん、宇佐美くん、5番のご主人様、オーダーみたい」
冥土「はい、喜んでー」

冥土(N)「俺の提案により、店長とのトークタイムを入れることで、店は繁盛してきた。売り上げも回復し、閉店とはならないだろう。だが、もう一つ、解決しないといけない問題がある。それは……」

  その時、勢いよく、ドアが開く。

ルナ「ごきげんよう、愚民の皆さん。お楽しみのお時間は終わりですわ。さっさとお帰りあそばせ」
男性客「……もう来たのか。日に日に早く来るようになってるな」
冥土「『お客様』。申し訳ありませんが、ただいま、満席ですので、お帰りいただけますでしょうか」
男性客「おお、宇佐美くん、頑張れ!」
ルナ「満席? あら、まだ、随分と空いてる席があるようですけど?」
冥土「俺……私、一人で給仕できる人数を超えていまして」
ルナ「あら、そう……。確かに、人が多いですわね。むさくるしい空気が充満してますわ」
男性客「ぐっ……」
ルナ「というわけで……皆さん、帰られますわよね?」
男性客「……」
ルナ「か、え、ら、れ、ま、す、わよね?」
アリア「ルナお嬢様。ご主人様には平等に……」
男性客「いいんだ、アリアさん。今日は帰るよ。また、明日ね」

  ゾロゾロと客が帰っていく。

ルナ「これで、貸し切りですわー。まずはアリアお姉さまとのトークタイム、5時間をお願いしますわ」

冥土(N)「解決しないといけない問題なのが、こいつの存在だ。聞くところによると、こいつは、この世界では名の通った大貴族の家系とのことで、実質、こいつの親がこの町を牛耳っていると言っても過言ではないらしい。なので、このクソ我儘な女の傍若無人な状態でも、何も言えないのだ。……まったく、どこの世界にもこういうやつはいるな」

冥土「おい、いい加減にしろ。営業妨害で出禁にするぞ」
ルナ「あらあら。この町の人間で、私にそんな口が聞けるなんて、怖いもの知らずですわね。それに、ご主人に対する口のきき方がなってないのじゃありません?」
冥土「お前は、俺のご主人様になった記憶はないんだろ? なら、お前は俺のご主人様じゃないな」
ルナ「ふん、減らず口ですわね。まあ、いいですわ。じゃあ、そろそろ、あなたも出て行ってくださいません?」
冥土「お断りだ」
アリア「ちょ、ちょっと宇佐美くん……」
ルナ「私はあなたのご主人様ではありませんけど、客ですわ。客の言うことは聞くものじゃないんですの?」
冥土「悪いな。客が店を選べるように、店も客を選べるんだ。だから俺はお前を客と見てない」
ルナ「なっ! お金は払ってますわ!」
冥土「そういう問題じゃない」
ルナ「……あまり、私を怒らせない方がいいですわよ。後悔することになりますわ」
冥土「ほう、どうなるんだ?」
アリア「宇佐美くん! お願い、もうやめて」
冥土「店長……」
アリア「ルナお嬢様も、宇佐美くんのことは許してあげてください」
ルナ「……アリアお姉さまのお願いなら、断れないですわね。仕方ないから、あなたもフロア内にいていいですわよ」
冥土「……そりゃどうも」
ルナ「そうですわ。アリアお姉さま! これ見てくれません?」

  ルナがカバンからあるものを出す。

アリア「なんですか、これ?」
ルナ「メモリーが、ようやく完成しましたの」
アリア「メモリー……ですか?」
ルナ「これはなんと、相手の姿をこの魔具(まぐ)に記憶しておくことができますのよ」
アリア「はあ……」
ルナ「いいですの? このボタンを押すと……」

  音声が再生される。
アリア「ねえ……誰かいるの?」

アリア「これ、私ですか?」
ルナ「そうですの! この魔具があれば、いつでもアリアお姉さまを見ることができますの」
冥土「なるほど、ビデオみたいなものか」
ルナ「ですから、もっと色々なアリアお姉さまの姿を撮らせて欲しいですわ」
冥土「俺が撮ってやろうか? 二人一緒の画像もあった方がいいだろ」
ルナ「あら、珍しく気が利きますわね。お願いしますわ」
冥土「……これを貸してくれれば、閉店後の店長の姿も撮ってやるぞ」
アリア「ちょっと、宇佐美くん!」
ルナ「ホントですの! ぜひ、お願いしますわ」

  場面転換。

アリア「宇佐美くん。今日もお疲れ様でした」
冥土「店長、先に帰ってていいぞ。俺は残ってやりたいことがある」
アリア「そう? じゃあ、私は帰るね」
冥土「お疲れ様」

  場面転換。
  アリアが夜道を歩いている。

アリア「……やだな。やっぱり、見られてる気がする」

ルナ「いいですわ! いい! 怖がっているお姉さまの姿もそそられますわ! じゅるり」
冥土「やはり、お前か」
ルナ「なっ! あなた、どうして!」
冥土「店長が最近、視線を感じるって言ってたからな。それに、今日、再生された画像に写ってたのは私服の店長だったからな」
ルナ「ぐぬぬ。でも、よく私を見つけられましたわね。目立たないようなルートを通っていましたのに」
冥土「悪いな。職業柄、ストーカーの行動は熟知している」
ルナ「……ストーカ? なんですの?」
冥土「とにかく、店長の後をつけるのを止めろ。さもないと……」
ルナ「ふん、どうなるんですの?」
冥土「これを店長に見せる」

  魔具から画像が再生される。
ルナ「いいですわ! いい! 怖がっているお姉さまの姿もそそられますわ! じゅるり」

ルナ「な、これは……」
冥土「さすがにこれを見せれば、店長に嫌われるだろうな」
ルナ「嫌ですわ! それだけは止めてくださいまし!」
冥土「いいか。二度と、店で店長に近づくな」
ルナ「……ふざけるな、ですわ」
冥土「ん?」
ルナ「私は、偉いんですのよ! 愚民が私に命令するんじゃありませんわ!」

  パンと、冥土がルナの頬を叩く。

ルナ「ぶちましたわね! お父様にもぶたれたことありませんのに……」
冥土「ぶって何が悪い。周りが甘やかすから、我儘になるんだ。大体、偉いのはお前の親だろ。お前が偉いわけじゃない」
ルナ「う、うう……」
冥土「悔しかったら、自分の力で権力をもてるようになるんだな」
ルナ「ふ、ふえーん! 悔しいですわー」
冥土「やれやれ、これで問題は解決か」

  場面展開。
  店はお客で賑わっている。
  そこにドアが開く。

ルナ「ごきげんようですわ!」
冥土「なっ、お前……」
ルナ「あら、ご主人様にはお帰りなさいませ、ですわよ」
冥土「……」
ルナ「この席、空いてますわよね」
冥土「おい……」
ルナ「さっそく、トークタイムを希望しますわ」
冥土「昨日の約束、忘れたのか?」
ルナ「覚えてますわ」
冥土「なら……」
ルナ「昨日の約束は店でお姉さまに近づかないこと、ですわよね?」
冥土「ああ……」
ルナ「ですから、トークタイムのお相手は、冥土お兄様ですわー!」
冥土「なっ!」
ルナ「お兄様。たーっぷり、ルナとお話してくださいませ」

冥土(N)「一難去って、また一難か。やれやれ、まさしく前途多難だな……」

終わり

<1話へ>  <2話へ>  <4話へ>

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉