卒業したら会いましょう

卒業したら会いましょう

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、シリアス

■キャスト
カイロ
マイルズ
ニア
隊長

■台本

ガチャリと音を立てて、ドアが開く。

カイロ「あれ? 二人ともまだ起きてたんだ?」

マイルズ「そういうカイロこそ、寝なくていいの?」

カイロ「なーんか、眠れなくってさ」

ニア「っていうか、普通に寝れる方がどうかしてるんじゃない?」

マイルズ「確かにね」

ニア「マイルズ、コーヒーのおかわりは?」

マイルズ「ありがとう。よろしく」

ニア「カイロは?」

カイロ「どうせ眠れなさそうだし、もらおうかな」

ニア「なら、ミルク多めにする?」

カイロ「そうだな」

マイルズ「じゃあ、ボクも」

ニア「わかった。少し待っててね」

ニアが立ち上がり、歩いて行く。

マイルズ「……ニアはきっと、いい奥さんになるよね、カイロ」

カイロ「なんで、俺に言う。お前が幸せにしてやれよ」

マイルズ「ははは。ボクじゃ無理だよ」

カイロ「そんなことないさ。お前みたいなタイプが最後まで残るんじゃないか?」

マイルズ「さあ、どうだろ……。こればっかりはわからないよ」

カイロ「そうだな……」

マイルズ「……三人になっちゃったね」

カイロ「……」

マイルズ「ジャンは残ると思ったんだけどな」

カイロ「あいつはズル賢そうで、意外とお人よしだからな。騙されたんじゃないのか?」

マイルズ「あー、ありそうだね」

カイロ「逆にレナなんかは、最初に卒業するかと思ってたんだけどな」

マイルズ「あはは。カイロ、ずっと言ってたよね」

カイロ「おかげで、3千も損した」

マイルズ「うわっ! サイテーだね。賭けなんかしてたの?」

カイロ「マイルズ、お前も結構、人気だったぞ」

マイルズ「え……そうなの?」

カイロ「ま、結局、賭けをしてたやつの方が先に卒業してったけどな」

マイルズ「みんな、元気にしてるかなぁ」

カイロ「なんだ、会いたくなったのか? いいんだぜ、卒業したって」

マイルズ「いやいや、ボクは最後まで付き合うよ。放っておいたら、カイロ、ずっと卒業できなさそうだもん」

カイロ「うるせえな。いいんだよ、俺は」

マイルズ「……ニアのこと、ちゃんと最後まで見てあげてね」

カイロ「だから、なんで俺なんだよ」

ニアが戻ってくる。

ニア「おまたせー。何の話してたの?」

マイルズ「ああ、みんなの話をしてたんだ」

ニア「なあに? マイルズ、寂しくなっちゃった?」

マイルズ「なんだよ、ニアまで。ちょっと懐かしいなって思っただけじゃないか」

ニア「みんなで卒業したらさ、同窓会やろうよ」

マイルズ「いいね、それ」

カイロ「あいつらが集まるようなタマか?」

ニア「確かに集めるのは大変そうね」

マイルズ「ギルとか、見つからなさそうだよね」

ニア「あはは。あり得る! いなさそー」

カイロ「別に無理して見つけなくていいだろ」

マイルズ「あー、カイロはギルのこと嫌いだもんね」

カイロ「別に嫌いなんかじゃねーよ。あんなイカれた野郎とはソリが合わないってだけだ」

ニア「それを嫌いって言うのよ」

マイルズ「せっかくの同期なんだから仲良くしようよ」

カイロ「無理だ」

ニア「ふふふ。これは死んでも治らないわね」

マイルズ「だね」

カイロ「俺は……同期の奴らより、教官に会いたい」

マイルズ「え? 嘘?」

ニア「カイロ、頭でも打った? 私は絶対嫌よ」

カイロ「今なら勝てる気がする」

マイルズ「ぷっ!」

ニア「あはははは」

カイロ「な、なんだよ?」

マイルズ「あはははは。それ、アカデミーのときも言ってたよね」

ニア「そのたびに、ボコボコにされてたわね」

カイロ「う、うるせーよ。今なら絶対勝てる!」

マイルズ「じゃあ、同期全員でお礼参り行く?」

ニア「アカデミー卒業のときの二の舞になるんじゃない?」

カイロ「いや、俺一人でいけるって」

マイルズ「いや、無理だって」

ニア「無理よね」

カイロ「お前らな……」

マイルズ「ねえ、二人は後悔してない? その……アカデミーに入ったこと」

カイロ「別に」

ニア「私の場合は選択肢がなかったからなぁ。でも、後悔はないかな。みんなにも会えたしね」

マイルズ「そうだよね。……すっごく辛かったけど、楽しかったよね」

ニア「うん。楽しかった。あの思い出があるから、今も頑張れるんだもん」

マイルズ「ボクもそうだよ」

カイロ「俺は、別に」

マイルズ「もう、カイロは意地っ張りだね」

ニア「まあ、カイロっぽいって言えば、カイロっぽいけどね」

カイロ「意地なんて張ってねえって」

マイルズ「はいはい。わかったわかった」

カイロ「殴るぞ、てめえ」

ニア「さてと。じゃあ、そろそろ寝ようっか」

マイルズ「そうだね。明日は厳しい任務になりそうだし」

カイロ「だな。じゃあ、俺は寝るわ。おやすみ」

マイルズ「おやすみ」

ニア「おやすみなさい」

場面転換。

戦場。

周りから爆音や銃撃戦の音が聞こえてくる。

隊長「よし、アルファ隊! お前らの出番だ! 突撃!」

カイロ・マイルズ・ニア「イエッサー」

三人が戦場を走る。

カイロ「相変わらず、激戦だな」

マイルズ「はは……。さすがにこれは『卒業』できそう」

ニア「何言ってるの。このくらいの修羅場なんて何度も潜ってきたじゃない」

カイロ「ああ。これくらい余裕さ」

マイルズ「……それじゃ、二人とも。またね」

ニア「うん」

カイロ「ああ」

マイルズ「もし、卒業しても……」

カイロ・マイルズ・ニア「来世でまた会おう」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉