互いの夢を背負って

互いの夢を背負って

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:4人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
宮原 昴(みやはら すばる)
千川 魁人(せんかわ かいと)
会長
練習生

■台本

昴「シュッシュ!」

ボクシングのスパーリングをしている昴と魁人。

昴「くそっ、当たらねえ」

魁人「……」

昴「ふっ!」

魁人「シッ!」

魁人の拳が昴の顔面にヒットする。

昴「うっ……」

派手に倒れる昴。

会長「ヤバい! おい、ゴングだ! 宮原、大丈夫か!」

ゴングが何度も鳴らされる。

昴「う、うう……」

会長「おい、魁人! お前、スパーリングで本気で倒す奴がいるか!」

魁人「やだな、会長。全然、本気なんかじゃないですよ」

昴「魁人、もう一回だ!」

会長「宮原、無理だ。休んでろ」

魁人「ね? 俺、本気出してないでしょ? 本気出してたら、昴が起き上がれるわけがない」

昴「くっ! もう一回だ!」

会長「止めろ、宮原。デビュー前に壊されちまうぞ」

魁人「はは。デビューさせない方がいいんじゃないんですか?」

昴「くっ」

会長「魁人、黙ってろ! こいつは金の卵なんだ。絶対に、宮原は俺が世界に連れていく」

昴「……」

魁人「金の卵ね……。どうみても、メッキっしょ」

会長「黙ってろって言ってるだろ! 宮原、今日は上がれ! その代わり明日は一時間早く来い。走り込みを増やす」

昴「はい……」

魁人「俺よりも、会長の方が昴を壊すんじゃないっすか?」

会長「お前ら、いつまでリングにいるんだ。さっさと降りろ」

魁人「はいはい」

昴「……」

練習生「へっ、なにが宮原大吾の息子だよ。あんなの俺の方が才能あるっての」

魁人「俺、まだ物足りねえんだ。お前、リングで相手してくれよ」

練習生「え? いや、あははは……。俺、もう上がるんで……」

魁人「へっ! てめえこそ、その根性無しは致命傷だっての」

昴「……」

場面転換。

バスケットゴールがある駐車場。

昴「はあ、はあ、はあ……。んっ!」

鋭いドリブルをして、ダンクを決める昴。

昴「ふう……」

魁人「ナイス、ダンク」

昴「魁人……」

魁人「お前、バスケの時の方が動きいいよな」

昴「嫌味言いにきたなら、帰れよ」

魁人「なあ、昴。ワンオンワンやろうぜ。お前とのスパーだけだと、動きたりねーんだよ」

昴「今の俺は挑発を受け流せる気分じゃねーぞ」

魁人「ああ、全力で来いよ」

場面転換。

バスケットをする昴と魁人。

昴「ふっ!」

魁人「くっ!」

昴が魁人を抜いて、シュートを決める。

魁人「あー、くそ、全然勝てねー」

昴「そりゃそうだろ。お前、バスケ選手じゃねーんだし」

魁人「そういうなら、お前だってそうじゃねーか」

昴「まあ、そうなんだけどさ」

魁人「なあ、昴。……毎日、練習してるのか?」

昴「んー、まあ、朝一時間、夜一時間くらいかな。会長には内緒だぜ」

魁人「お前さ、バスケの方が才能、あるんじゃねーのか?」

昴「嫌味言うなら帰れって言っただろ」

魁人「いや、マジな話。バスケ部のやつらと比べても段違いだと思うぞ」

昴「今更……無理だろ」

魁人「親父さんのことか?」

昴「宮原大吾。三階級制覇の世界チャンピオン。小学生だって知ってる名前だ」

魁人「……」

昴「死んでなかったら、四階級制覇も夢じゃないって言われてたからな……」

魁人「だからって、お前が背負う必要はないだろ」

昴「仕方ねえだろ! 俺は宮原大吾の息子なんだ!」

魁人「違う!」

昴「あ?」

魁人「お前は宮原昴だ」

昴「……そんなこと言ってくれるのはお前くらいだよ」

魁人「昴……」

昴「さてと、もう俺、帰るわ。明日はえーんだった」

走っていく昴。

場面転換。

ボクシングジム内。

会長「いいか。今日は宮原の最終調整だからな。

流す程度でやれよ」

魁人「はいはい」

ゴングが鳴る。

軽快なフットワークを踏む昴。

魁人「はああ!」

昴「え?」

魁人「ふっ!」

昴「ぐっ!」

苛烈な攻撃を繰り出す魁人。サンドバック状態の昴。

会長「な、なにやってんだ、魁人! おい、ゴングだ! ゴング!」

ゴングが激しく鳴らされる。

昴「あ……ああ……」

派手に倒れる昴。

会長「救急車だ! 救急車を呼べ!」

魁人「はあ……はあ……はあ……」

場面転換。

会長「魁人……おめえ、とんでもないことしてくれたな。宮原の顎にヒビが入っちまった。ボクサーは顎が命。ありゃ、もうボクサーとしては使い物にならねえ」

魁人「……」

場面転換。

病室のドアが開き、魁人が入ってくる。

魁人「よお、調子はどうだ?」

昴「それが加害者の言うセリフか?」

魁人「お? しゃべれるのか?」

昴「痛ぇけどな」

魁人「意外と、お前はタフだよな」

昴「……魁人、ありがとうな」

魁人「被害者の言うセリフじゃねえな」

昴「これで親父の怨念から解放されたよ。けど、お前は、これから宮原の息子を壊した男という目で見られる。変な責任を負わせちまったな」

魁人「いや、俺は千川魁人だ。それはこれからも変わらない」

昴「相変わらず、強いな」

魁人「いずれは世界を獲る男だからな」

昴「俺の夢も、お前に託した」

魁人「ああ、任せろ。その代わり、お前も俺の夢を背負え」

昴「……何の話だよ?」

魁人「……実は、さ。俺、本当はバスケット選手になりたかったんだ」

昴「……嘘つくなよ。それ、今、作っただろ」

魁人「完全に顎、割るぞ! 嘘じゃねえ!」

昴「いや、お前の動き、素人に毛が生えた程度だったぞ」

魁人「うるせーな! あれでも、めちゃくちゃ練習したんだよ! 一時期はボクシングの練習時間よりもバスケに打ち込んでたんだよ」

昴「魁人。お前、バスケの才能ないな」

魁人「だから諦めた。悔しかったけどな。けど、お前はバスケの才能がある。ボクシングの才能は皆無だけどな」

昴「喧嘩売ってんのか」

魁人「……俺の夢、託したぞ」

昴「ああ。NBAまで持ってってやるよ」

魁人「じゃあ、お互い、世界を獲るってことで」

昴「ああ。俺たちなら余裕さ」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉