俺の見える世界

俺の見える世界

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、学園、コメディ

■キャスト

占い師
友人
女性
その他

■台本

慧「はあ……世の中、つまらないなー。なんもやる気が起きない。遊びに行く金もねーし。なんか面白いことでも起きねーかな……」

ドン、と人とぶつかる音。

不良「ああ!? お前、どこに目付けてんだよ!」

慧「ひえええ! すんません、すんません!」

不良「おいおい。謝って済むとでも思ってんのか?」

慧「え、えーっと、肩でも揉みましょうか?」

不良「いらねえよ、アホ! とりあえず、出すもん出せ」

慧「いや、僕、とっても貧乏で、30円くらいしか持ってなくて」

不良「……今どき、高校生が30円しかねえってあり得ねえだろ。嘘つくなら、もっとマシな嘘付け!」

慧「し、しかしですね……」

不良「早くしろや! 殴られてぇのか!」

慧「ひいい! ど、どうぞ! 財布です」

不良「ふん。最初から素直に出せばいいんだよ」

財布を開く不良。

不良「……」

慧「……」

不良「600円か……。ホント、お前、貧乏なんだな」

慧「は、はい……。ですから何卒恩赦を……」

不良「わかった。今回は500円で勘弁してやる」

慧「あ、ありがとうございます」

不良「じゃあな。小遣いはちゃんと計画的に使うんだぞ」

不良が行ってしまう。

慧「ふん。今日のところは穏便に済ませてやったぜ。感謝しろよ。ぺっ!」

スタスタと歩くがピタリと立ち止まる慧。

慧「…………ふざけんなー! 500円ももっていきやがって! 今月、どう過ごせばいいんだよ! うおーん! 100円で3週間って、パンの耳と塩水でも無理だろ―!」

ヨロヨロと歩き出す慧。

慧「い、いかん。大声出すと、さらに腹が減ってしまう。とにかくこの100円が生命線だ。有効につかわねば……って、ん?」

看板に飛びつく慧。

慧「なっ! なんだと! カツサンドが100円! 普通に買えば300円近くはする一品……。どうする? こんなチャンスを滅多にないぞ。ここで買ってしまって、21等分して食べるか? いや、そもそも3週間もつか? ここは我慢か? いや、しかし」

そのとき、ビューっと風が吹く。

女の人「きゃあ!」

慧「うおおお! 一瞬のパンチラが!」

チャリンとお金が落ちる音。

慧「ん? あっ! 俺の100円玉―!」

コロコロと転がって排水溝にポチャンと落ちる。

慧「ノー―――!」

シクシクと泣き始める慧。

慧「あんまりだ……。結局、ねーちゃんのパンツも見れず、100円も失うなんて……きっと、俺は今年天中殺なんだ……」

占い師「いや、そうでもないぞい」

慧「ん? なんだ、ばーさん。悪いけど、今、俺、占いなんてやれるほど金銭的な余裕はないから……」

占い師「まあまあ、今回はサービスで無料でやってあげよう。お兄さん、顔に面白い相が出てるぞい」

慧「うるせー! どうせ俺は変な顔だよー!」

占い師「いや、そういうことじゃなく……」

慧「お願いだ、ばーさん。俺の手相見せてやるから、30円恵んでくれ」

占い師「……この道は長いけど、逆にお金を請求されたのは初めてだよ」

慧「じゃあ、肩、揉むから」

占い師「私はあんたのおばあちゃんじゃないぞい……。まあよいわ。こんな老人を楽しませてくれた礼じゃ。この眼鏡をやろう」

慧「眼鏡なんているかー! こちとら、餓死するかどうかの瀬戸際なんじゃー!」

占い師「これは特殊な眼鏡で、この眼鏡を通してみれば、思い通りの世界が見られる」

慧「どういうこと?」

占い師「つまり、この眼鏡をかけると、お兄さんの願望が叶うというわけじゃよ」

慧「ふーん。ちょっと試してみていい?」

占い師「どうぞ」

慧「あの姉ちゃんの裸が見たい―!」

コツコツとヒールの音を立てて通り過ぎる女性。

慧「ちっ! 見えねえじゃん」

占い師「……餓死するかどうかの瀬戸際だったんじゃないのかえ? まあ、そうじゃのう。それはお兄さんの願望の思いが足りないからじゃよ。見えることを信じ、見えることを当然だと思うことが重要じゃぞい」

慧「ふーん。……よーし! 見てろ! じゃあ、今度はあの子だ! うおおお! ……ん? 徐々に服が透けて……。くっ! まだだ! 集中―!」

占い師「お、お兄さん、目から血の涙が出てるぞい」

慧「おお! 下着までいけた! すげー! ありがとな、ばーさん!」

占い師「お兄さん。人の欲望の力というのは意外とすごい力を生むものだよ。忘れないようにのう」

慧「ああ、これで俺の人生もチート級に上昇だぜ!」

場面転換。

慧「……とは言ったものの。やることねーな。もう、覗きする体力もねーし。テレビも飽きたし……。あ、そうだ。宿題でもしてみるかな? 思い通りになるなら、サラッと解けるんじゃねーか」

場面転換。

カリカリと文字を書く音。

慧「ふざけんじゃねー! 全然わからねーじゃねーか」

回想

占い師「お兄さんの願望の思いが足りないからじゃよ。見えることを信じ、見えることを当然だと思うことが重要じゃぞい」

回想終わり。

慧「……つまり、わかって当然って思えってことか? ……もう一回、問題をじっくり読んで……。ふむふむ。あ、そういうことか。じゃあ、Bじゃね?」

ページをめくる音。

慧「すげー合ってる! じゃあ、次の問題は……」

場面転換。

学校のチャイム。

先生「じゃあ、昨日やった小テストを返すぞ。相沢―、井上―……」

場面転換。

友人「ねえ、テストの結果どうだった?」

慧「ふっふっふ! 見ろ! 70点だ!」

友人「ええ! うっそ、いつも赤点の常連だったのに」

慧「俺はこのスーパー眼鏡により、生まれ変わったのだ」

場面転換。

町を歩く慧。

女性「ちょっと、止めてください」

不良「いいじゃねーか。ちょっと付き合えよ」

ピタリと立ち止まる慧。

慧「あいつは昨日の不良……。うう、怖い怖い。君子危うきに近づかずだ」

女性「止めてください! 人、呼びますよ」

不良「おお、おもしれ―じゃねーか。呼んでみろよ」

慧「おい、止めろ!」

不良「ああ?」

慧「ぎゃーーー! なにやっちゃってんの、俺!」

不良「なんだ、昨日のひ弱なガキじゃねーか。今度は残った100円も取ってほしいのか?」

慧「(つぶやくように)待て。相手はひ弱なチワワだ。チワワなら負けるわけがない。チワワチワワチワワチワワ……」

不良「何言ってやが……きゅーん……」

慧「はっはっはっは! ホントにチワワになりやがった! くらえ! 正義の股間蹴り!」

不良「ぎゃわん!」

慧「ふははは! 思い知ったか! チワワ野郎が!」

不良「ぐるるる……ぎゃわん!」

慧「痛っ! くそ、チワワのくせに! うおおお!」

不良「ぎゃわわわん!」

場面転換。

慧「……ちくしょう。チワワに負けるなんて」

女性「あの……ありがとうございました」

慧「いえ、いいんすよ。結局負けちゃったし。恰好悪いっすよね」

女性「そんなことないです! とっても格好良かったですよ」

慧「は、ははは……」

場面転換。

空手部。部員が練習している。

顧問「なに? 入部したいだと? どうしたんだ急に?」

慧「いや、さすがにチワワに負けたのがショックで……」

顧問「チワワ?」

慧「ああ、いや。どうせ、いつも暇だし、どうせなら部活でもやって時間を潰そうかなと」

顧問「まあ、動機はなんにしても、体を鍛えるのはいいことだ」

場面転換。

友人と歩く、慧。

友人「お前、最近、変わったよな」

慧「なにが?」

友人「なんていうか、明るくなったっていうか、前向きって言うか、前みたいにつまらないとか言わなくなっただろ」

慧「ああ。実際、部活やら、勉強やらやってると、忙しくなっちまってなー。空手もやってみると案外楽しいもんだよ」

友人「へー」

そこに女性が走ってくる。

女性「あ、よかった! ようやく会えた」

慧「あ、あなたは……」

女性「ごめんなさい。この前、お礼ができなかったでしょ? だから、改めてお礼がしたくて探してたのよ。メールアドレス、教えてくれる? 今度、食事でも行きましょ!」

慧「は、はい……」

女性が行ってしまう。

友人「お前! なんだよ、あの美人! どうやって出会った!」

慧「へへへ……。内緒」

友人「くっそー。俺も眼鏡買おうかな」

慧「ん? あ、すまん。ちょっと待っててくれ」

慧が走り寄る。

慧「占い師さん!」

占い師「おお、お兄さんじゃないか。どうだい? 眼鏡は?」

慧「最高! この眼鏡のおかげで俺、人生変わったよ」

占い師「ふむふむ。じゃあ、もうその眼鏡はいらないかもねえ」

慧「どういうこと?」

占い師「その眼鏡は、お兄さんが見える景色が変わるというものなんだよ。つまり、世界そのものが変わったわけじゃない。お兄さんの見方が変わったということだよ。だから、人生が変わったというのなら、お兄さんの力で変えたということさ」

慧「……よくわからないけど。自分が思ってたより、世界って面白いよ!」

占い師「ふふふ。これからも、楽しんで生きな」

慧「ああ! ホントありがと!」

慧が友人の元へ戻る。

友人「あ、そうだ。帰り、カラオケでも行かね?」

慧「お! いいね」

財布を開ける慧。

慧「……ごめん。パス」

友人「……貧乏なのは変わらないのな」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉