【声劇台本】作られたドキュメンタリー

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
高郷 隼(たかさと はやと)
藤本 一輝(ふじもと かずき)
プロデューサ

■台本

隼「諦めるな! 俺が絶対に捕まえてみせる!」

一輝「で、でも僕は……その……」

隼「……犯人は必ず捕まえる! この警察手帳にかけて!」

スタッフ「はい、カットです。お疲れさまでした。今日の撮影は終わりになります」

一輝「お疲れさまでした。ありがとうございました」

現場の空気が緩む。

隼「おい、一輝!」

一輝「は、はい!」

隼「お前、セリフ飛んだだろ?」

一輝「す、すみませんでした!」

隼「しっかりしろよ! 台本くらいちゃんと覚えて来いって!」

一輝「すみません……」

隼「演技も棒だし。ちゃんと練習してんの?」

一輝「……」

隼「ちょっと人気出て来たからって調子のんなよ。顔だけなんてすぐ飽きられるんだからさ」

一輝「……頑張ります」

隼「お前、才能ないよ。辞めたら? この業界」

一輝「う、うう……」

隼「泣いてんじゃねえよ、うぜえな」

場面転換。

隼「……ドキュメンタリー?」

プロデューサ「はい。今、注目度ナンバーワン俳優、高郷隼の人気を不動にするために、プライベートも写せたらと思いまして」

隼「俺さ、演技してないときに撮られんのって、すげーストレスなんだよね」

プロデューサ「え、えっと……隠し撮りっていうテイですが、実際は台本に沿ってもらいますので……どうですか?」

隼「……ふーん。なら、まあ、いいか」

プロデューサ「ありがとうございます!」

場面転換。

隼「よし、行くぞ! 捜査、再開だ!」

一輝「はい!」

スタッフ「はい、カットです。お疲れさまでした。今日の撮影は終わりになります」

現場の空気が緩む。

隼「一輝くん、お疲れ様」

一輝「あ、は、はい……。お疲れ様です」

隼「……あー、ちょっとカメラ止めて。一輝、お前、この企画聞いてねえの?」

一輝「え? あ、ドキュメンタリーの話ですよね?」

隼「お前、ビビった感じ出してんじゃねえよ。オフのとき、俺、怖いみたいな印象になんだろうがよ」

一輝「す、すいません……」

隼「ああ、あとさ、俺のことは隼くんって呼んで。オフのときも、上下関係とかないような感じにしたいから」

一輝「は、はい」

隼「じゃあ、最初からな。……一輝くん、お疲れ様」

一輝「お、お疲れ様、隼くん」

隼「一輝くんさ、すっごい演技よくなってきたんじゃない?」

一輝「そうですか? あ、ありがとうございます」

隼「……カメラ止めて。お前、ホント使えねーな。なんなの? 演技の才能ねーよ。悪いこと言わないからさ、絶対辞めた方がいいって」

一輝「……」

場面転換。

隼「プロデューサ。あいつ、変えられねーの? マジでウザいんだけどさ」

プロデューサ「……ああ、一輝くんですか? ドラマも、もう2話まで撮ってますから」

隼「撮り直せばいいじゃん。まだ放送してないんだからさ」

プロデューサ「そ、そう言われましても」

隼「無理ならさ、あいつとの一緒のシーンを減らすように脚本家に言っといて。てか、俺をたくさん映した方が、視聴率上がるって、絶対」

プロデューサ「今回は……バディものなので……。そ、それに一輝くん、頑張ってますよ。現場にも一番で入ってますし、若いのに気遣いもできますし、スタッフからの人気が高いんです」

隼「それって、演技と関係ないじゃん。演技クソなんだからさ、降ろした方がいいって」

プロデューサ「……でも、一輝くん。頑張って練習してますけどね。撮影が終わっても、空いてるスタジオ借りて、夜遅くまで練習してるんですよ?」

隼「だからさー、練習してんのに本番でクソなんだから才能ないって話ししてんの!」

プロデューサ「そこがおかしいんですよね」

隼「何が?」

プロデューサ「練習では悪くないんですけどね。どうして本番は固いんですかね?」

隼「知らねーよ」

プロデューサ「……まだ練習してるみたいですから、見に行きません?」

隼「は? 嫌だよ、めんどくせー」

プロデューサ「それじゃ、ドキュメンタリーの一シーンに、高郷さんの練習シーン入れませんか? 一番演技が上手いのは人一倍努力してるって見せるんです」

隼「……いいね、それ、いただき」

場面転換。

一輝「僕、ようやくわかったんです! 先輩の諦めない心と正義を貫く熱い心が、刑事に一番必要なんだって!」

隼「……」

プロデューサ「どうです? 悪くないですよね」

隼「……」

プロデューサ「もしかすると、高郷さんの前だから緊張してるのかもしれませんね」

隼「あ? それって、俺が悪いってことか?」

プロデューサ「いえ、そういうわけじゃ」

隼「おい! 一輝!」

一輝「え、あ……隼さん……」

隼「俺の練習シーン撮るから退け」

一輝「は、はい。わかりました」

一輝が歩き出し、隼が近づいていく。

隼「おい、てめえ、調子のんなよ」

一輝「え?」

隼「練習ならちゃんとできるってか? んなの、本番で出せなきゃ意味ねーんだよ!」

一輝「……」

隼「やっぱりお前、才能ねーよ。辞めちまえ」

一輝「僕は……辞めません」

隼「あ?」

一輝「演じるの……役者の仕事、大好きですから」

隼「……今回のドラマで、お前潰すから、覚悟しとけ」

一輝「……僕は負けません」

隼「ちっ! おい! さっさと、練習シーン撮るぞ、カメラ回せ!」

場面転換。

ナレーション「この後、高郷の執拗な苛めに一輝は最後まで耐え抜いた。その甲斐もあり、ドラマの終盤では高郷の演技よりもいいという評価になった。これで、藤本一輝は役者として、大きく成長を遂げた……」

場面転換。

プロデューサ「いやー、すごい視聴率でしたよ、藤本一輝のドラマの裏側を描いた、どっきりを入れたドキュメンタリー」

一輝「ありがとうございます!」

プロデューサ「今回のことで名実ともに高郷隼を抜きましたね。今度は映画の仕事も入ったと聞きましたよ」

一輝「はい、おかげさまで」

プロデューサ「また、うちの番組にも出てくださいね。よろしくお願いしますよ」

一輝「はい! ぜひ!」

場面転換。

ガチャっとドアが開いて、一輝が入ってくる。

一輝「うーっす、お疲れさまっす」

隼「……事務所に苦情の電話が鳴りやまないらしい。あのドキュメントのせいで」

一輝「でしょーね」

隼「……俺、もう終わりだよ」

一輝「いいじゃないっすか、どうせ、引退するんすから。……それに、今まで一番、いい演技でしたよ。もしかしたら、悪役なら仕事来るんじゃないっすか?」

隼「……お、俺は」

一輝「事務所の判断ですから、俺を恨まないでくださいね。ま、逆に高郷先輩なんて、顔だけだったのに、ここまで人気者にしてくれた事務所に感謝するべきですけど」

隼「……」

一輝「見ててください。これからは俺が、事務所のトップ役者として活躍してくんで。あはははははは!」

パタンとドアが閉まる。

隼「う、うう……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0