友達の形

友達の形

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
優(ゆう) ※小学5年生くらい
戸倉 健(とくら たける)

■台本

優(N)「僕は仲間外れにされる辛さを知っている。ここにいるのに、まるでいないかのように扱われる。その思い出はずっと僕の心の中にトゲのように刺さっている。きっとこのトゲは抜けることはないだろう。……だから僕は」

多くの子供たちが校庭で遊んでいる。

それを眺めている優。

優(N)「一人を選んだ」

健「おーい、みんな! 見て見て! ほら、宙釣りー!」

子供たちの歓声。

健「あっ!」

健が落ちる音。

きゃははと子供たちが笑っている。

健「あははは。失敗、失敗」

優(N)「最初から一人でいれば、仲間外れにされることはないのだから」

場面転換。

学校のチャイム。

健「なあ、みんな、帰りにグラウンドでサッカーしていこうぜ! あ、優もどうだ?」

優「……いや、僕はいいよ」

健「そうか? サッカーが苦手なら、ドッチボールにするけど」

優「ごめん。運動自体が嫌なんだ」

健「そっか。わかった。ま、気が向いたら来てくれよな」

健が大勢を引き連れて教室を出ていく。

優(N)「同じクラスの戸倉健くん。クラスの人気者で、健くんの周りにはいつも大勢の友達が集まっている。えばるわけでもないし、誰かをイジメるようなこともない。きっと、僕があの輪に入っても、仲間外れにされることはないだろう。でも、絶対にないとは言えない。だから僕は健くんの誘いには絶対に乗らないのだ」

場面転換。

優が歩いている。

ブランコのキイキイとゆっくり動く音。

優「あれ?」

優(N)「公園で一人、ブランコに座って俯いていたのは……健くんだった。その姿を見たときは、ただ、珍しいなって思っただけだったけど……」

優「健くん、どうしたの?」

優(N)「僕は気づいたら声をかけていた」

健「あ、ああ。優か」

優(N)「きっと、声をかけたのは、健くんがどこか落ち込んでいるように見えたからだ。……それは、なんていうか、僕が小さい頃、仲間外れにされたときのことと重なったから……」

健「今日は恭平の家で、みんなゲームするんだってさ」

優「健くんは行かないの?」

健「俺……ゲーム持ってねーから」

優「そっか……」

健「なあ、優。少し、話、しないか?」

優「うん? ……いいけど」

優が隣のブランコに座る。

健「……優ってさ、いつも一人だよな」

優「え?」

健「仲間外れとかにされてるわけじゃないよな。どっちかって言うと、わざと一人になるようにしてるだろ」

優「……はは。そんなことないよ。たまたまだよ。たまたま健くんがそう見えただけだと思う」

健「なあ、優。一人でいるのって辛くないか?」

優「……え?」

健「時々さ、こっちを羨ましそうに見るだろ? でも、絶対に入ってこようとしない」

優「……」

健「お前は……強いな」

優「ぼ、僕が強い?」

健「俺はさ、怖いんだ。一人になることが、すごく怖い」

優「……僕は弱いよ。健くんより、ずっと弱い。弱いから、一人でいるんだ」

健「どういうことだ?」

優「僕は……」

優(N)「気づいたら、僕は健くんに全部話していた。今まで誰にも話したことのない、一人でいる理由……」

健「……なるほどな。最初から一人なら、仲間外れにされない、か。面白いこと考えるな」

優「そ、そうかな?」

健「なあ、優。一つお願いがあるんだけど」

優「なに?」

健「俺と友達をやめてほしい」

優「……は?」

健「この先も、ずっと友達にならないでくれ」

優「ど、どういうこと?」

健「友達じゃないなら、こうやってまた話てもいいだろ?」

優「あ、そういうこと」

健「どうだ?」

優「うん、いいよ。でも……ふふっ。十分、健くんも面白い考え方するね」

健「そ、そうか?」

優「そうだよ。あははは」

健「ははははは」

優(N)「それからは、時々、健くんとは放課後に一緒にいるようになった」

健「よお」

優「ああ、健くん」

ドカッと隣に座る健。

優「今日はみんなのところに行かないの?」

健「ああ。なんか気が乗らなくてな。優はなに読んでるんだ?」

優「図書館で借りた漫画」

健「お、俺も読んでいいか?」

優「いいよ」

健「サンキュー」

健が漫画を手に取り、ぱらぱらとめくる。

健「……」

優「……」

優(N)「一緒にいるからと言って、話すわけでもない。僕は健くんに気を使わないし、健くんも僕に気を使うことはない。だって、僕らは友達じゃないんだから。ただ一緒にいる、それだけだ」

場面転換。

健「なあ、優。帰り、お菓子買ってかね? お互いのお菓子、食べ比べしようぜ」

優「いいよ。でも、予算は300円までで、ちゃんと半分で分け合う、でいい?」

健「もちろん。そういうところはきっちりしとかないとな。俺たちは友達じゃないんだから」

優「そうそう。奢るとか、どっちかが損するとかはなしだからね」

健「わかってるって」

場面転換。

優と健が漫画を読んでいる。

すっと、健が立ち上がる。

健「さてと、そろそろ帰るかな」

優「そういえば、健くんさ」

健「ん?」

優「最近、みんなと遊ばないね」

健「ああ。みんなといるとさ、なんか疲れるんだよ。嫌われないようにって思ってバカやるのも、結構、辛いんだぜ」

優「そうなんだ?」

健「優が前に言ってた、最初から一人なら仲間外れにされないって話、今ならなんとなくわかるな。ちょっと寂しい気がするけど、楽だな」

優「でしょ?」

健「その点、優とは友達じゃないから、気を使わなくて気楽だよ。だから、ついつい、いつもこっちに来ちゃうんだよな」

優「僕もだよ。友達じゃない健となら、仲間外れにされる怖さもないし、気を使わないし、楽だよね」

健「んじゃ、帰るわ。じゃな」

優「うん。また明日ね」

健「おう」

優(N)「健くんとはこの先も友達になることはないだろう。この関係が続く限り」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉