【声劇台本】雨の日

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
日野湊(ひの みなと)
相沢結月(あいざわ ゆづき)

■台本

湊(N)「思えば、高校に入学してからずっとあいつに振り回されてきた気がする……」

図書館。

本を読んでいる湊。

結月「ねえ、あんた、名前は?」

湊「……なんだ、いきなり?」

結月「いいから。名前聞いてんの」

湊「……日野湊。クラスの自己紹介のときに言っただろ」

結月「クラス紹介のときなんて30人近くいたのよ。いちいち覚えてられるわけないじゃない。そういうあんただって、私の名前、憶えてるの?」

湊「……」

結月「ほらみなさい。相沢結月よ。よろしくね」

湊「てか、どうして俺なんかに話しかけてくるんだ?」

結月「あんたさ、クラスでも、いーっつも一人じゃない。昼休みだって、いつも図書室に閉じこもってさ。友達いないんでしょ?」

湊「うるさいな……」

結月「だから私が友達になってあげるって言ってんの」

湊「あげるって……」

結月「じゃあ、さっそく行くわよ」

湊「行くってどこにだよ?」

結月「とにかく図書室から出るわよ。ここじゃろくに話すこともできないわ」

湊「いや、俺はお前と話す気は……」

結月「ほら、さっさと立つ!」

湊「あ、ああ……」

湊が立ち上がる。

結月「ついてきなさい、湊!」

湊「いきなり名前を呼び捨てかよ……」

場面転換。

湊「……結月。別にいいって」

結月「つべこべ言わないで、さっさと蹴る!」

湊「はいはい……」

湊がボールを蹴る。

結月「ちょっと、どこ蹴ってんのよ!」

湊「だから、下手だって言っただろ」

結月「こんなの練習すればすぐに上手くなるわよ」

湊「そもそも、練習なんていいって。俺、サッカー部でもないんだしさ」

結月「ダーメ! あんた、この前の体育でミスして、みんなにバカにされてたでしょ」

湊「……別に、お前には関係ないだろ」

結月「はあ? 大ありよ! 下僕のあんたがバカにされてたら、主人の私の顔が立たないっての!」

湊「……いつの間に、俺はお前の下僕になったんだ?」

結月「ほら、練習再開するわよ!」

湊「はいはい……」

場面転換。

セミの鳴く声。

結月「……暇ね」

湊「……用事もないのに、呼び出すなよ。夏休みくらい、ゆっくりさせてくれ」

結月「何言ってんのよ! あんたは私の下僕なんだから、主人の私を楽しませなさい!」

湊「だから、お前の下僕になったつもりはねーよ。……って、そうだ。水族館でも行くか? 前に家のチラシに挟まってたんだ」

結月「ふーん。割引券か……。無料券の方がいいわ」

湊「無茶言うなよ」

結月「ま、いいわ。暇を持て余すくらいなら、魚でも眺めながら涼んだ方がいいわね」

湊「よし、じゃあ、行くか」

結月「ちょっと! 何、あんたが仕切ってるのよ!」

場面転換。

セミの鳴く声。

結月「……暇ね」

湊「……だから、用もないのに連日呼び出すなよ」

結月「湊。あんた、ちょっと芸でもやって、私を喜ばせなさい」

湊「……一回、殴るぞ」

結月「んー。何がいいかしらね。道具を使わないで、すぐできる芸……。あ、そうだ! パントマイムがいい」

湊「……いや、パントマイムがいいって言われてもな」

結月「ほら、早くやる!」

湊「はあ……。はいはい。……こうか?」

結月「……ドヘタね」

湊「やったことないんだから、仕方ないだろ」

結月「いいわ。手本を見せてあげる。こうよ!」

湊「おお。何気に上手いな」

結月「さ、やってみて」

湊「え? まだ続けんの?」

結月「当たり前でしょ! 私を楽しませるくらいのレベルになるまでやってもらうわ」

湊「……はあ」

場面転換。

湊「……よっ! ほっ……」

結月「あはははは! 上手い、上手い!」

湊「……っと」

結月「んー、今のはいまいちね。……こうじゃない?」

湊「いや、……こうだろ」

結月「やるじゃない。じゃあ、これは?」

湊「ならこうだ……」

パチパチと拍手が起きる。

結月「へ?」

湊「な、なんで囲まれてるんだ、俺たち」

結月「……大道芸人か何かと間違われてるとか?」

湊「どうすんだよ、すごい注目されてるぞ」

結月「……続けるしかないわね」

湊「マジかよ……」

場面転換。

ワッと歓声と拍手が巻き起こる。

結月「ありがとうございました!」

湊「ありがとうございました」

観客たちが去っていく。

湊「ぷっ……」

結月「ふふ……」

湊・結月「あははははははは!」

結月「意外と楽しかったわね」

湊「そうだな」

場面転換。

雨が降りしきる音。

湊「結月、何してる……って、雨か」

結月「うん……」

湊「お前、まさか、傘忘れたのか?」

結月「うるさいわね!」

湊「しゃーねーな。ほら」

結月「あんたはどうすんのよ?」

湊「そこまで大振りじゃないし、走って帰るさ」

結月「それであんたに風邪ひかれたら、私が悪いみたいじゃない!」

湊「じゃあ、どうすんだよ」

結月「仕方ないわね……」

傘をバンと開く。

結月「特別に入れてあげるわ」

湊「いや、元々、俺の傘だぞ、それ」

場面転換。

相合傘で歩く二人。

結月「ちょっと、あんた、肩濡れてるわよ」

湊「しゃーないだろ。元々、一人用の傘なんだから」

結月「だったら、もっとこっち来なさい!」

湊「お、おう……」

沈黙のまま歩く二人。

湊「そういえばさ。なんで、俺だったんだ?」

結月「何の話?」

湊「お前が図書館で俺に、初めて声をかけたときのこと。……なんで、俺だったんだ?」

結月「あのとき、言ったでしょ! あんた、友達がいなさそうだったから、気を利かせてやったのよ」

湊「そっか……」

結月「なによ? 迷惑だった?」

湊「いや。感謝してるよ」

結月「ちょ、急に気持ち悪いわね」

湊「お前があの時、声をかけてくれなかったら、俺は今でもずっと一人で本ばかり読んで過ごしてただろうなって」

結月「読書を否定するつもりはないけど、せっかくの学生生活なんだもん。楽しまなきゃ損じゃない?」

湊「そうだな……」

結月「……実は私も感謝してる」

湊「え?」

結月「……偉そうに言ってたけど、私も友達いなかったから。……だから、同じボッチのあんたなら、友達になってくれるかなって……」

湊「へえ……」

結月「って、今のなし! 恥ずっ! 私、何言ってるんだろ!」

湊「そんなに恥ずかしがることか?」

結月「あ、雨止んでる!」

湊「え? あ、ホントだ」

結月「見て、湊! 虹!」

湊「おお……綺麗だな」

結月「うん……」

湊「……」

結月「さ、私、こっちだから」

湊「おう。また明日な」

結月「うん。また明日」

結月が小走りで去っていく。

湊「……あ」

ポタっと、再び雨が降ってくる。

結月「きゃっ! もう、また?」

傘を出して、バンと開く結月。

湊「……あいつ、傘持ってんじゃん」

湊(N)「きっとこれからも、結月に振り回される学園生活を送るだろう。けど、まあ、それも悪くないかなと思っている」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0