【声劇台本】注文の細かい料理店

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、コメディ

■キャスト
ウォーレン
コール
キャロル

■台本

山の中を歩く、ウォーレンとコール。

ウォーレン「なあ、コール」

コール「ん?」

ウォーレン「道に迷ってないか?」

コール「あははは。ウォーレンは心配性だなぁ。だーいじょうぶだって。もうすぐだよ、もうすぐ」

ウォーレン「お前、それ2時間くらい前から言ってるぞ」

コール「ダメだよ、ウォーレン。美味しいものを食べるためには、苦労が必要なんだよ」

ウォーレン「いや、材料を取りにいくとかなら、そのセリフはわかる。けど、お店に行くんだろ? なんで、その店はこんな場所に建てたんだ?」

コール「んー。聞いた話によると、山奥にお店を出してるのには意味があるらしいよ」

ウォーレン「ホントか? こんな場所だと客が来づらいだろうし、デメリットしかないだろ」

コール「そうだなぁ。きっと、ここまで来るまでにお腹が減るでしょ? 空腹は最高のスパイスってね!」

ウォーレン「空腹っていうか、疲れすぎて、逆に食欲無くなってこないか?」

コール「あ、あったよ!」

ウォーレン「……ホントにあった」

コール「えーと、山猫庵って書いてあるから、ここで合ってるね」

ウォーレン「山猫庵? なんか聞いたことあるような……」

コール「まあ、隠れた名店だかね」

ウォーレン「隠れてるなら、聞いたことないはずなんだけどな」

コール「あ、何か書いてある。んーっと、イケメン大歓迎だって! 僕たち超イケメンだから、歓迎されちゃうね!」

ウォーレン「……自分で言うなよ。残念な奴だと思われるだろ」

コール「おじゃましまーす!」

ウォーレン「おい! 先に行くな!」

ドアを開けて、中に入るウォーレンとコール。

コール「あれ? 変わったお店だなぁ。何もない部屋だ」

キャロル「いらっしゃいませだにゃん!」

ウォーレン「うおっ! どこからしゃべってるんだ?」

キャロル「魔力だにゃん! 嘘だにゃん」

ウォーレン「なんで嘘付いたんだよ!」

キャロル「山猫庵の店長、キャロルだにゃん。お客様、イケメンでとっても嬉しいにゃん」

ウォーレン「……なんで、イケメンだと嬉しいんだ?」

キャロル「イケメンは、私の大好物だにゃん。じゅるり」

コール「ねえねえ、僕たち、お腹減ったんだけど料理食べさせてくれないかな?」

キャロル「もちろんだにゃん。でも、そのためにはお客様に色々やってもらわないとならないにゃん」

ウォーレン「やること?」

キャロル「まずは二人とも、身を清めてほしいにゃん。ここまで来るのに、汗をかいただろうし、土だらけになってるにゃん。だから、奥の部屋にあるお風呂に入ってほしいにゃん」

ウォーレン「は? 風呂? なんで、飯を食べるために風呂に入らないといけないんだ?」

コール「まあまあ。僕たち汗かいたんだし、お風呂入ってさっぱりしてから食べた方が美味しいよ、きっと」

ウォーレン「……」

場面転換。

大浴場で湯船に浸かっている二人。

コール「あー、いい湯だなぁ。疲れが取れるよ。極楽極楽」

ウォーレン「……」

コール「どうしたの? そんな難しい顔して」

ウォーレン「なあ、コール。この店、やっぱり怪しくないか?」

コール「怪しい? なんで?」

ウォーレン「……普通、料理店で、こんな大浴場とかないだろ」

コール「粋な計らいだよねー」

ウォーレン「いや、そうじゃなくて……」

コール「あ、見てよ、ウォーレン。このお風呂、ゆずが浮かんでるよ。どおりで良い匂いがしてると思ったんだよねー」

ウォーレン「……」

キャロル「ゆずは疲労を取る効果があるにゃん」

ウォーレン「うおっ! お前、どこから話してるんだ?」

キャロル「魔力だにゃん。嘘だにゃん。覗いてるわけじゃないにゃん」

ウォーレン「……」

キャロル「それから、ゆず湯に、あと五分浸かってほしいにゃん」

ウォーレン「なぜだ?」

キャロル「お肉が柔らかくなるにゃん」

ウォーレン「肉が……柔らかくなる?」

キャロル「あー、いや、間違ったにゃん。肩こりとかが治るにゃん。体をほぐしてから食べるにゃん」

コール「あはは。お気遣い、ありがとう。至れり尽くせりだね」

キャロル「風呂から上がったら、しっかり体を洗ってほしいにゃん。垢を全部落としてほしいにゃん」

ウォーレン「注文が細かいな」

キャロル「美味しく食べるための秘訣にゃん」

コール「それなら仕方ないねー」

ウォーレン「……」

場面転換。

コール「いやー、いい湯だった」

キャロル「体を拭いたら、そこの桶の中にある塩で体を清めてほしいにゃん」

ウォーレン「……なんで、そこまでする必要がある?」

キャロル「塩は皮膚を引き締める効果があるにゃん。お客様の玉のような肌を、さらにピカピカにするためにゃん」

コール「あははは。玉のような肌だってー。照れるね。じゃあ、塩で体を清めよっか」

ウォーレン「……」

キャロル「ちゃんと隅々まで練り込んで欲しいにゃん」

場面転換。

キャロル「次は爪を切って、髪形を整えてほしいにゃん。あ、整髪料はそこにある、豚の油を使ったポマードを使ってほしいにゃん」

コール「へー、こだわりの逸品だね」

ウォーレン「おい、ちょっと待て! 料理を食べさせるのに、なんでこんなことまでさせる?」

キャロル「私の料理は一級品にゃん。その料理を食べるんだから、それなりのマナーが必要にゃん!」

コール「そうだよねー。ほら、ウォーレン、駄々こねてないで、言う通りにするよ」

ウォーレン「コール、やっぱり怪しいぞ、この店」

コール「何言ってるの! 僕、もうお腹ペコペコだよ。早く準備して料理食べたいんだから。ほら、さっさとする!」

ウォーレン「……」

場面転換。

キャロル「次に、ナイフとか銃を持ってたら、この部屋に置いていって欲しいにゃん。そんなものは料理を食べるのに必要ないにゃん」

ウォーレン「……」

コール「大丈夫! そんな物騒な物、最初から持ってないよ」

キャロル「それなら安心にゃん。それじゃ、最後に目の前のローブを着て欲しいにゃん。あ、下着は履かないで、直で着て欲しいにゃん」

コール「うわー、いいローブだね。……って、ウォーレン、どうしたの? 青い顔して」

ウォーレン「コール。これ、ヤバいやつだ」

コール「は?」

ウォーレン「逃げるぞ! 殺される……」

コール「何言ってんの? これで最後なんだから、さっさと着替えていくよ」

ウォーレン「止めろ! 離せ―!」

場面転換。

キャロル「ここまで指示に従ってくれて、ありがとうにゃん」

コール「あー、店長さん、やっと顔を見せてくれたね。可愛い人だなー」

キャロル「ありがとにゃん。お客様もホント、イケメンで嬉しいにゃん。じゅるり」

ウォーレン「……ヤバい。これ、絶対、ヤバいやつだ」

キャロル「イケメンは大好物にゃん。はあーはあー。よだれが止まらないにゃん」

ウォーレン「うう……くそ……」

コール「ねえ、僕、お腹減っちゃったよ。早く食べさせてよ」

キャロル「うふふふふ。もちろんだにゃん。それじゃ、さっそく……」

ウォーレン「ヤバいヤバいヤバいヤバい」

コトッとテーブルの上に皿が置かれる。

キャロル「前菜のアボカドとエビのカクテルソースだにゃん」

ウォーレン「いや、普通に料理出すのかよ!」

キャロル「は? なんのことだにゃん?」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0