【ボイスドラマ】ゼロの恋天使

【ボイスドラマ】ゼロの恋天使

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

■ジャンル
ファンタジー、恋愛

ミア(N)「恋。それは甘酸っぱくて、ドキドキで、とっても幸せになれる、素晴らしいもの。そんな恋のお手伝いをするのが、私たち、キューピットのお仕事。私はキューピットであることを誇りに思って仕事を頑張っている」

  学校の懸想。

ミアがフワフワと飛んでいる。

ミア(N)「放課後の学校は恋がたくさん。こうして飛んでいれば……」

沙耶「ほら、亜美。今、先輩一人だよ。チャンスチャンス!」

亜美「で、でも沙耶ちゃん。私、お付き合いしたいとか、そんなんじゃ……」

ミア(N)「ほーら、さっそく恋をしている女の子発見!」

沙耶「何言ってんのよ。好きなんでしょ、先輩のこと」

亜美「う、うん……」

沙耶「だったら、思いを伝えなきゃ。そのためにわざわざラブレター書いたんだからさ」

亜美「でも……私、今の先輩との関係を壊したくない……」

沙耶「うっ……。確かに、振られたら、気まずくてあの部にはいられなくなるもんね」

亜美「うん……」

ミア(N)「あららら。どうやら、告白する勇気がでないようね。んーっと、あの子が見ている先に男の子はっと……。おおー、イケメンじゃない! 亜美ちゃんも可愛いし、これはもうくっ付けちゃうしかない!」

  カチャカチャと弓を準備するミア。

ミア「よーし、まずは男の子を狙ってー。えい!」

  ピューッと矢が飛び、冬弥に刺さる。

ミア「よし、当たった。次に亜美ちゃんに矢を……」

  ピーッと矢が飛び、亜美に刺さる。

亜美「うっ!」

沙耶「どうしたの、亜美?」

亜美「沙耶ちゃん! 私、行ってくる!」

沙耶「え? 行ってくるって……」

  亜美が冬弥のところへズンズンと進む。

亜美「冬弥先輩! 好きです! 付き合ってください!」

冬弥「……亜美ちゃん? 急にどうしたの? あ、わかった。罰ゲームかなにかでしょ? 悪いけど、こういう悪戯する子とは付き合えないよ」

亜美「え……?」

冬弥「それじゃね」

  冬弥が行ってしまう。

亜美「そんな……」

ミア「あれれ……。また失敗かぁ」

  そのとき、トーマが飛んでくる。

トーマ「よお、デスラバー。今日もさっそく一つの恋をぶっ壊したようだな」

ミア「あ、トーマくん……。ふん、放っておいてよ!」

トーマ「的中率0パーセント。逆にいうと恋を壊す率100パーセント。まさに恋を殺す、死神だな」

ミア「意地悪言う、トーマくんは嫌い。あっち行って」

トーマ「お前、この仕事向いてないって。諦めて辞めたらどうだ?」

ミア「余計なお世話だよ! べー!」

トーマ「あ、待て! 話は終わって……」

  ミアが飛んでいく。

  ドアを開けて、ミアが家の中に入ってくる。

ミア「ただいま」

母「あら、お帰りなさい。早かった……」

  ズカズカと歩いて部屋の中に入るミア。

  ドサッとベッドに倒れ込むミア。

ミア「うっ……うう……」

  泣き始めるミア。

ミア「うわーん!」

  泣き声が続いていく。

  少し落ち着くミア。

ミア「ひっく……ひっく……」

  そのとき、ドアをノックする音。

祖母「入るよ」

ミア「おばあちゃん……」

祖母「仕事で辛いことがあったのかい?」

ミア「私ね、またダメだったの……」

祖母「ふふ。誰にだって失敗あるものだよ」

ミア「ううん。私の場合、ぜーんぶ失敗。上手くいったことなんてないんだもん」

祖母「……」

ミア「ねえ、おばあちゃん。やっぱり、私、キューピット向いてないのかな?」

祖母「ミアにはきっと足りないものがあると思うよ。それがわかれば、きっと立派なキューピットになれるはずさ」

ミア「足りないもの……?」

ミア(N)「自分に足りないものがあるなんて、考えもしなかった……。だから、私は的中率95パーセントを誇る、スーパーキューピットのミロさんに相談することにした」

ミロ「なるほど。ミアちゃんは、矢はどういう風に撃ってるのかな?」

ミア「え? 普通にこうやって……」

ミロ「あー、そっか。えっとね、矢は当てればいいってものじゃないんだ。ちゃんと胸のハートの部分に当てれば成功率は上がるよ」

ミア「そうなんですか? 知らなかった」

ミロ「やってみようか。ほら、あそこに的があるだろう? 狙ってみて」

  ミアが的に向かって矢を放つが外れる。

ミア「外れちゃった……」

ミロ「結構、難しいでしょ。ベテランでも上手く当てられる人は少ないよ」

ミア「私、頑張って当てられるようにします!」

ミロ「うん。僕も練習見てあげるから、一緒に頑張ろう」

ミア(N)「こうして、ミロさんの元で練習に励むことになった。ミロさんはとっても優しくて、ダメな私を励ましてくれる。だからとっても練習は楽しくて、私の毎日はとっても充実していた……」

  トンっと的に矢が刺さる。

ミア「やった! 刺さった!」

ミロ「おめでとう、ミアちゃん!」

ミア「ありがとうございます、これもミロさんのおかげです!」

ミロ「そんなことないよ。全部、ミアちゃんが頑張ったからだ」

  そのとき、セシルがやってくる。

セシル「ミロ。そろそろ時間よ。挨拶に行くんでしょ?」

ミロ「ああ、そうだった。ごめんごめん」

ミア「えっと……ミロさん、その人は?」

ミロ「この人は僕の婚約者のセシルだ」

セシル「セシルです。あなたがミアちゃんね。ミロから聞いてるわ」

ミア「……婚約者」

  トボトボと歩くミア。

  そこにトーマがやってくる。

トーマ「よお、久しぶりだな。最近、お前、仕事サボってなにして……」

ミア「トーマくん……。うわーん!」

トーマ「な、なっ、ななっ! どうしたんだよ!」

  トーマの前で号泣するミア。

  座っているミアに歩み寄るトーマ。

トーマ「少しは落ち着いたか? ほら、ミルクティーだ」

ミア「うん……ありがとう」

トーマ「ミアはさ、どうして自分が悲しいかわからないって言ってたけど、それって失恋したからだと思う」

ミア「……失恋?」

トーマ「ああ。きっと、ミアはミロさんに恋をしてたんだ」

ミア「恋……。あの気持ちが」

トーマ「恋なんて、そうそう上手くいかないもんだ。だから俺たちキューピットがいるんだからな」

ミア「……」

トーマ「ま、元気出せって。気晴らしにはいつでも付き合うからさ」

ミア「トーマくん……ありがとう」

トーマ「お、おう……」

ミア(N)「私は初めて恋をして、初めて失恋した。私は何も知らないのに、こんなに辛い思いをたくさんの人にさせていたんだ。恋って幸せだけど、逆に失恋するとその分、辛いことだってわかった……」

トーマ「よお、ミア、聞いたぜ! 初めて成功したんだってな! おめでとう」

ミア「うん。ありがとう。ちゃんと応援する気持ちを込めて打つようにしたんだ。まだまだ失敗が多いけどね」

トーマ「な、なあ、ミア。俺……さ、的中率100パーセントのナンバーワンのキューピットになる」

ミア「……」

トーマ「もしさ、なれたら……その……俺と付き合ってくれねーか?」

ミア「え? ……うふふ。それは無理かな」

トーマ「ええ!?」

ミア「だって、ナンバーワンのキューピットは私がなるんだもん」

トーマ「言ったな! じゃあ、どっちが先になれるか勝負だ」

ミア「うん!」

ミア(N)「恋。それは甘酸っぱくて、ドキドキで、とっても幸せになれる、素晴らしいもの。そんな恋のお手伝いをするのが、私たち、キューピットのお仕事。私はキューピットであることを誇りに思って、今もこの仕事を頑張っている」

終わり

〈シナリオ一覧へ〉

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉