発進!NIN

発進!NIN

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

■概要
人数:4人~6人(女性:3人 男性:1人)
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、学園、日常、コメディ

■キャスト
千早  高校生
霞   高校生。千早の友人
啓子  高校生。千早の友人
鬼平  教師
その他

■台本  

  ピッというテレビのチャンネルを変える音。

男性「はい……。断り切れなくて、借金を」

  ピッとテレビのチャンネルを変える音。

女性「ブラック会社だったんです。でも、わかってても辞めれなくて……」

  ピッとテレビのチャンネルを変える音。

アナウンサー「という海外の圧力に負け、日本は規制を緩和し、経済に大打撃が……」

千早(N)「いけない! このままじゃ日本が危ない! 今こそ、立ち上がるときだー!」

  学校のチャイム。

  千早がバンと机を叩く。

千早「というわけで、NINを発足したいとおもいます!」

霞「……」

啓子「……」

霞「でさ、帰りに寄っていかない?」

啓子「うん。いいよ」

千早「無視しないでよっ!」

  場面転換。

霞「……で? 何を立ち上げるって?」

千早「NINだよ」

啓子「なにかの、格闘団体?」

霞「へー、面白そうじゃん。たまには、ちーも良いこと考えるな」

千早「違うよ!」

啓子「それなら、どんな団体?」

千早「ふっふっふー! それはね、『ノーと、言える、日本へ』。略して、N、I、N!」

霞「……」

啓子「……」

千早「リアクション薄いっ!」

霞「うーん。まあ、言いたいことはわかるけど、名前を聞いただけじゃ、どんな活動をするのかピンと来ないなぁ」

千早「それはね! ずばり! ノーと言えるようにするんだよ!」

啓子「ノーと言える?」

千早「そう! 今の日本は断れない人が多い! 断れない人は結局、利用されてボロボロにされて、人生が終わっちゃうの!」

霞「大げさだけど、正しいっちゃ正しいか」

千早「でしょ! でしょ!」

啓子「でも、ノーと言えるようにするって、どうやってするの?」

千早「つまり、私たちがノーと言える先陣を切るの!」

霞「あー、やっぱり私たちも入ってるのか」

千早「私たちがノーと言っているのを見れば、きっとみんなだって、ノーと言いやすくなるよ。それが全国に広がれば、きっと日本はノーと言える国になれる!」

啓子「意外と、草の根活動なんだね」

霞「ちーにしては珍しいな。いつも派手好きなのに」

千早「大きな野望も一歩から! 令和の私はコツコツやってきます!」

霞「おおー、成長したな。背はちっとも伸びないけど」

千早「放っておいて! ふふん。もうすぐ私は17になるんだもんねー。そうしたら、かーちゃんだって抜いてみせるもん」

霞「その呼び方はやめれ。……それになんで、17になったら背が伸びると思い込んでるのか不明だけどな」

啓子「あー、去年も言ってたよね。高校に入ったらギュンと背が伸びるって」

霞「まあ、伸びたっちゃ、伸びたよな。一センチ。一年で」

千早「うがー! うるさーい! それに話が逸れてるー!」

啓子「ごめんごめん。……で、ノーと言えるのを先陣切るんだっけ?」

千早「うん、そう」

霞「今日帰りにケイとマケドに寄るつもりなんだけど、ちーも行かないか?」

千早「わーい! いくー!」

霞「隣の斉藤さんの家で、子犬が産まれたんだってよ。今度、もふりに行こうぜ」

千早「うん! 絶対いく!」

霞「三回回って、ワンって言ったらポテチやるから、やってみろ」

千早「くる、くる、くる、ワン!」

霞「……ノーって言えてねーじゃねーか」

千早「ぎゃー! しまったぁ! この策士め!」

啓子「それじゃ、霞ちゃん、帰ろうっか」

千早「見捨てるの早いよ!」

霞「まったく。ちーは、どうしたいんだ?」

千早「まずは校内を回ってみよう」

  放課後のガヤ。

千早「ふふふーん」

  千早、霞、啓子が歩いている。

男子生徒「あ、高坂さん、ちょっとこれ持つの手伝ってくれない?」

千早「嫌っ!」

  千早、霞、啓子が歩いている。

女子生徒「千早ちゃん、そっちに行くなら、ついでに部室の鍵を職員室に返してくれない?」

千早「無理!」

  千早、霞、啓子が歩いている。

用務員「君たち、あんまり遅くまで学校に残ってちゃダメだぞ。用がないなら帰りなさい」

千早「ぶぶー! 帰りませーん!」

霞「……な、なあ、これって」

啓子「うん。単に我がまま言ってるだけだね」

千早「あっはっはっは! これできっと、みんなも私に続いてノーって言いやすくなったよね」

霞「いや、そうは思えんけど……」

啓子「ねえ、ちーちゃん。こういうのは、断らないといけないときに断るのがいいって話だよね? 全部が全部、拒否するのは違うと思うな」

千早「んー? どゆこと?」

霞「ほら、あれだよ。人間には退いたらいけないときがあるだろ? そんなときに逃げずに相手と戦って、自分の意思を通すってやつだよ」

啓子「……ちょっと違うかな」

千早「難しいなぁ」

啓子「えっと、つまりね。やりたくないことを無理やり押し付けられることってあるでしょ? 例えば、掃除当番変わってとか、お昼ご飯買ってこい、とか。そういうのを、ちゃんと自分の意思を伝えて、断るって言うのがいいんじゃないかな」

千早「……自分がやりたくないこと」

  ツカツカと三人に歩み寄る足音。

鬼平「おい! 高坂!」

霞「げっ! 鬼平」

鬼平「お前、まだ春休みの宿題出してないだろ! いつになったら、出すんだ!」

千早「はうっ! あわわわわ……」

鬼平「いいか? 今月中にはちゃんと終わらせて提出するんだ! いいな!」

  千早がゴクリと生唾を飲む。

千早「わ、わ、私! やりません!」

鬼平「あん?」

霞「ばっ! ちー、空気読めって!」

千早「私、宿題やりたくありません! だから、宿題やるのは断ります!」

鬼平「ほほう。なかなか面白いこと言ってくれるじゃねーか。よし、三人共、生活指導室まで一緒に来い」

霞「私たちも!」

鬼平「当たり前だ!」

啓子「そんな……」

  場面転換。

  カラスの鳴く声。

霞「うう……。なんで、私までこってりしぼられないといけないんだよ」

啓子「先生、マジ切れだったね……」

千早「ふふふふーん! 断るって清々しいね。これぞ、ノーと言える日本!」

霞「……あいつのメンタルすげーな」

  そのとき、犬がキューンと鳴きながらすり寄ってくる。

千早「あ、わんちゃんだ! 可愛い―」

啓子「ちーちゃんに、すごいすり寄ってくるね」

霞「ちー、お前、何か持ってるんじゃないのか?」

千早「あ、今日のお弁当に骨付きのお肉が入ってたから、その骨かな?」

  千早が鞄から骨を出す。

  すると犬がキャンキャンと吠える。

千早「これをあげるから、もふもふさせてね」

霞「待て、ちー」

千早「なに?」

霞「この子は野良だ。うかつに骨をあげたら、つきまとわれるぞ。見ろ、あそこに野良犬には餌をあげないでくださいって張り紙がある」

千早「ええー! 骨、あげちゃダメなの? でも、ほら、この子、すごい欲しがってるよ?」

啓子「ちーちゃん、ノーと言える日本だよ」

千早「うっ!」

霞「そうだ。ほら、放っておいていくぞ」

千早「う、うう……」

  子犬がキューンと鳴く。

千早「NIN、解っ、散っ!」

  千早が子犬に骨をあげる。

霞「……今日、怒られたのなんだったんだろうな」

啓子「……そうだね」

終わり

〈声劇用の台本一覧へ〉

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉