オオカミvs7匹の子ヤギ

オオカミvs7匹の子ヤギ

■概要
主要人数:5人~7人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、童話、コメディ

■キャスト
子ヤギA
子ヤギB
子ヤギC
子ヤギD
子ヤギE
オオカミ
母親

■台本

ナレーション「昔々、あるところにお母さんヤギと7匹の子ヤギが住んでおりました。最近、近くの森では凶暴なオオカミが出ると噂されていて、お母さんは子供たちに注意するように伝えます」

母親「いいかい、お前たち。オオカミがこのあたりに住んでるから油断してはいけませんよ」

子ヤギA「りょ!」

子ヤギB「家の中にいれば大丈夫っしょ!」

母親「そうよ。だから、外に出たり、オオカミが訪ねてきても、ドアを開けたらダメよ」

子ヤギC「あひゃひゃひゃ。そんな間抜けは家にはいないしー!」

子ヤギD「わかんないよ。最近の詐欺は巧妙になってきてるから」

子ヤギE「そうですね。大抵は大丈夫と思っている人こそ、よく引っかかると言います」

母親「さてと、そろそろお母さんはお出かけしようかしら」

子ヤギE「しかし、母上、よいのでしょうか? まだ3匹、紹介……もとい、出てきておりません」

子ヤギD「いいと思うよ。キャラ付けするの面倒くさいし。なんとか松さんよりさらに一体、多いんだよ。それに、なにより僕たちの出番が少なくなっちゃうしね」

子ヤギE「それもそうですね。というわけで、母上。他の3匹は寝ているという設定でお願いします」

母親「う、うん。なんの話をしてるのか、わからないけど、わかったわ」

子ヤギC「うひゃひゃひゃひゃ! でもさ、でもさ! お母さん出かけちゃうの危なくなくない?」

子ヤギB「平気っしょ! 母さんがオオカミごときに負けるって思う?」

子ヤギC「うしゃしゃしゃ。ないない!」

子ヤギE「母上相手に、一分持てば上出来といったところでしょうか」

母親「あれ……? お母さん、そんなに強かったっけ? まあ、いいわ。とにかくお母さんは出かけるから、オオカミが訪ねてきてもドアを開けたらダメよ」

子ヤギA「りょ!」

子ヤギD「お母さんも気を付けてね」

母親「行ってきます」

  パタンとドアが閉まり、母親の音が遠ざかっていく。

子ヤギD「さてと、これからどうしようか? お母さんが帰ってくるまで、暇だよね」

子ヤギE「いえ、あれだけ伏線を張ったので、そろそろ来る頃ではないでしょうか」

子ヤギC「あひゃひゃひゃひゃ! 伏線、伏線!」

  コンコンとドアがノックされる。

子ヤギB「さっそく来たっしょ!」

オオカミ「おう! 俺俺! 母親ヤギだ! ここ開けろや!」

子ヤギD「……」

子ヤギC「なんか、俺、腹減ったっしょ」

子ヤギE「そうですね。とりあえず、ごはんにしましょうか。台所に何かあるか、見てきてくれませんか?」

子ヤギA「りょ!」

オオカミ「おい! 無視すんなや!」

子ヤギD「なんか、気を張ってたのがバカバカしくなるよね」

子ヤギC「うひゃひゃひゃひゃ! 雑!」

子ヤギE「あのですね、オオカミさん。騙すにしても、もう少し誠意をもってくれませんか? 対応する気もおきません」

オオカミ「なっ! どうして、俺がオオカミってバレたんだ?」

子ヤギB「こいつ、天然っしょ」

子ヤギD「あのね、オオカミさん。まず、お母さんは俺なんて言わないし、母親ヤギなんて表現使わないから」

オオカミ「あれ? そうなのか? じゃあ、どう言えばいいんだ?」

子ヤギE「この場合はそうですね……。お母さんよ。開けてちょうだい。くらいがいいんではないでしょうか」

子ヤギD「そうだね。かえって、シンプルなほうが自然かも」

オオカミ「なるほどなぁ。ううん! よし、じゃあ、いくぞ」

子ヤギC「うひゃひゃひゃひゃ! 頑張って!」

オオカミ「お母さんよ。開けてちょうだい」

子ヤギD「うん。だいぶ、よくなったんじゃない?」

子ヤギE「そうですね。及第点といったところでしょうか」

オオカミ「……」

子ヤギD「……」

子ヤギC「……」

オオカミ「いや、ドア開けろや!」

子ヤギE「あのですね、オオカミさん。出直してくださいよ。もう、外にいるのがオオカミさんだとわかっているのに、開けるわけないじゃないですか」

オオカミ「あ、そうか……」

子ヤギD「ああ、あと、まず声でバレるんじゃないかな。お母さん、そんなだみ声じゃないし」

オオカミ「ちょ、ちょっと待ってくれよ! 声でバレるって、そりゃないぜ! どうすりゃいいんだよ?」

子ヤギC「ひゃひゃひゃひゃ! チョークチョーク!」

子ヤギE「確かに、チョークを食べると声が綺麗になると聞いたことがあります」

オオカミ「ええっ! チョーク食うの? まずそうじゃねーか。無理無理」

子ヤギD「じゃあ、俺たちを食べるのをあきらめるんだね」

オオカミ「うっ! それも嫌だな。俺はお前らを食ってやりたい」

子ヤギE「では、もう少し誠意をもってください。多少の苦労はするべきです」

オオカミ「そ、それもそうだな。じゃあ、ちょっくら、行ってくるわ」

  場面転換。

子ヤギC「30分後―!」

  ドアがノックされる。

オオカミ「お母さんよ。開けてちょうだい」

子ヤギD「おお!」

子ヤギB「母さんに声、そっくりっしょ!」

子ヤギE「半信半疑でしたが、結構、変わるものですね」

オオカミ「がははははは! だろだろ?」

子ヤギC「うっしゃしゃっしゃ。そっくりそっくり!」

オオカミ「……」

子ヤギD「……」

子ヤギE「……」

オオカミ「いや、ドア開けろよ!」

子ヤギD「ああ、ごめんごめん。えっとね、ドアの下から足が見えるんだけどさ、それで、オオカミさんの足が見えるんだよね」

オオカミ「え?」

子ヤギE「黒いんですよ。あなたの足は」

オオカミ「げっ! マジか! ……どうしたらいいんだ?」

子ヤギC「うっしゃしゃっしゃ。小麦粉小麦粉」

子ヤギD「ああ、なるほどね。足に小麦粉をつければ、白く見えるてわけか」

オオカミ「なるほどなー。お前、頭いいな」

子ヤギC「えへへへへへー」

オオカミ「あっ! でも、俺、金ねーや。チョークで使い切っちまった。どうしよう?」

子ヤギE「仕方ありませんね。努力賞ということで、10円あげます。これでなんとか恵んできてもらってください」

子ヤギD「ドアの下から投げるから受け取ってね」

オオカミ「お! サンキューな。じゃあ、行ってくるぜ」

  場面転換。

子ヤギC「30分後―!」

  ドアがノックされる。

オオカミ「お母さんよ。開けてちょうだい」

子ヤギD「おお! 足も白いし、声もお母さんだ。完璧完璧」

子ヤギC「うっしゃしゃっしゃ。ほとんど、母ちゃんだー!」

子ヤギB「あんた、やればできるっしょ!」

子ヤギE「感動しました。よく頑張りましたね」

オオカミ「ふふっ! ありがとうよ。これもお前らのおかげだぜ」

子ヤギD「……」

オオカミ「……」

子ヤギE「……」

オオカミ「いや、ドア開けろよ!」

子ヤギD「あー、ごめんごめん。えっとね。お母さんって、鍵持ってるから、そもそも開けてなんて言わないんだよね」

子ヤギB「母さんなら、何も言わず、普通に入ってくるっしょ」

オオカミ「ちょ、待てよ! 最初に言えって!」

子ヤギE「ありがとうございました。いい、暇つぶしになりましたよ」

オオカミ「てめえら、人がおとなしくしてりゃ、付け上がりやがって!」

母親「あら、どちらさま?」

オオカミ「ん? 母親か? ちょうどいいところに来たな。まずはお前から食ってやる!」

母親「ああ、あなたが噂のオオカミですか」

オオカミ「ぐはははは! 食べてやる……ぶべっ!」

  ガチャガチャと鍵が開く音。

母親「ただいま。今日の晩御飯はオオカミ汁よ」

子ヤギC「わーい!」

  トタトタと歩いてくる足音。

子ヤギA「台所にご飯なかった」

子ヤギD「え? ずっと探してたの?」

ナレーション「こうして、母親と7匹の子ヤギは危機を乗り切り、幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」

終わり

〈声劇用の台本一覧へ〉

〈前の10枚シナリオへ〉