ロミオvsジュリエット

ロミオvsジュリエット

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、バトル

■キャスト
ロミオ
ジュリエット
隊長
侍女
王様

■台本

ジュリエット「おお、ロミオ! どうしてあなたはロミオなの?」

ロミオ「ジュリエット……。どうして君はジュリエットなんだい?」

ジュリエット「ロミオ……」

ロミオ「ジュリエット……」

ロミオ・ジュリエット「ああ、狂おしいほど、戦い(あいし)合いたい!」

  場面展開。

  戦場。剣を切り結ぶ音がそこら中から聞こえる。

ロミオ「みんな、俺に続くなよ! 一人で突っ込むから、邪魔をするな。うおおおお!」

隊長「い、いけません、ロミオ様―――!」

  場面転換。

  戦場。剣を切り結ぶ音がそこら中から聞こえる。

ジュリエット「ここは私一人で行きます。みんなは後でゆっくり来てください」

侍女「い、いけません、姫様―――!」

  場面転換。

王様「……」

  隊長が勢いよく部屋に入ってくる。

隊長「王、大変です!」

王様「どうした? 敵の援軍が来たのか? どのくらい来た? 一万か? 二万か?」

隊長「それが……」

王様「……(ゴクリ)」

隊長「壊滅状態です」

王様「……念のために聞くが、味方じゃないよな?」

隊長「はい。敵が、です」

王様「そうか……。一週間ももたんかったか。で、王子は……ロミオはどうしてる?」

隊長「不完全燃焼とのことで、部屋で落ち込まれております」

王様「……どこかの国から、援軍が出ている気配はないのか?」

隊長「……もう一つ、悪い知らせがあり……先ほど、敵国が降伏を申し出てきました」

王様「くそっ! あの大国でもダメか!」

隊長「数年はもつと思ったのですが……」

王様「他に戦争ができそうな国はあるか?」

隊長「……残念ながら。大陸のほとんどの国は同盟国となっております」

王様「むう……早く、何か手を考えねばな。このままでは国内の名のある者を襲いかねん。……で、ジュリエットの方はどうしてる?」

隊長「どうやら、ロミオ様と同じ状態とのことで……」

王様「いっそのこと、戦争でも仕掛けるか?」

隊長「……ロミオ様の為に王家を巻き込むわけにはいきません」

王様「うむ……。わかっておる、冗談だ」

隊長「ロミオ様……」

  場面交換。

ジュリエット「ロミオ!」

ロミオ「ジュリエット!」

ジュリエット「はああああ!」

ロミオ「うおおおおおお!」

  ロミオとジュリエットが斬り結ぶ。

  激しい剣技が繰り広げられる。

隊長「ロミオ様、いけません!」

侍女「姫様、おやめください!」

  ぴたりと止めるロミオとジュリエット。

ロミオ「冗談さ、なあ、ジュリエット」

ジュリエット「ええ、そうですわ。単なる挨拶です」

侍女「もし、姫様に何かあれば、私は……」

隊長「私もロミオ様に何かあれば、斬首刑にされます」

ロミオ「悪かった」

ジュリエット「申し訳ありません」

隊長「では、お二人のことを信じて、我々は席を外させていただきます」

侍女「私も」

ロミオ「二人とも……。感謝する」

  場面転換。

  浜辺。波の音が響いている。

ロミオ「昔はここで、よく二人で試合をしたな」

ジュリエット「ええ。あの頃はとても幸せでした」

ロミオ「ああ、俺もだ」

ジュリエット「何も考えず、全ての力をぶつけられる相手がいる、自分の全てを受け止めてくれる相手が目の前にいる、今思うと、幸せの絶頂でした」

ロミオ「……父上に、ジュリエットとの試合を禁止されてから5年か……」

ジュリエット「あれから、色々な戦場を回りましたが、ロミオに匹敵する者は皆無でしたわ」

ロミオ「少しでも気を抜けば、即死。そんな中で命を削りながら斬り結ぶ。背筋が寒くなるに比例して、全身の血が沸騰していく感覚……」

ジュリエット「止まった時の中にいるような、濃厚な時間。それでいて、何日も斬り結んでいるような感覚は、極限状態ではないと経験できませんわ」

ロミオ「ジュリエット……。君が隣にいるだけで、俺の血は沸騰するほど熱くなる」

ジュリエット「ロミオ……。あなたが隣にいるだけで、私の心臓は張り裂けそうになるほど高鳴っていきます」

ロミオ「互いの家が争っていれば……敵国同士であれば……」

ジュリエット「心置きなく、斬り結べますのに……」

ロミオ「どうして、同じ王家に生まれ落ちてしまったんだ」

ジュリエット「家の為に二人の想いは切り裂かれる。こんなに不幸なことはありませんわ」

ロミオ「おお……ジュリエット、どうして君はジュリエットなんだい?」

ジュリエット「ロミオ。どうしてあなたはロミオなの?」

隊長「うう……おいたわしや、ロミオ様。こうなったら、私が……」

  場面転換。

  部屋に勢いよく隊長が入ってくる。

隊長「ロミオ様! ジュリエット様が!」

ロミオ「……なんだと?」

   場面転換。

侍女「うう……姫様、姫様」

  勢いよく、ロミオが入ってくる。

ロミオ「ジュリエット! なっ! 嘘だろ? どうして……?」

侍女「どうやら、敵国によって毒を盛られたようで……」

ロミオ「嘘だ! ジュリエット……。嘘だと言ってくれ。俺を置いていかないでくれ。お前を倒すのは俺だって、信じていたのに……」

隊長「ロミオ様……」

  そこに王様が入ってくる。

王様「ジュリエットが毒を盛られたというのは本当か!」

侍女「はい……。私が見つけた時には手遅れで」

王様「なんたることだ! すぐに犯人を見つけろ! ……ん? ロミオ、何をしておる?」

ロミオ「……ジュリエットがいない、この世界など、生きている意味はない」

王様「止めろ! 早まるでない!」

ロミオ「(毒を飲み押す)……うっ!」

王様「ロミオ! 医者だ! 医者を呼べ!」

隊長「……王様。手遅れでございます。ロミオ様の心臓は……止まっております」

王様「おお……なんたることだ。我が家が仲がいいばかりに……。我が家が仲違い、戦争をしていれば、こんなことには……。うおおお!」

  場面転換。

  夜。フクロウの鳴く声。

  むくりと起き上がるロミオ。

  そして、歩き始め、ドアを開いて部屋を出ていく。

  場面転換。

  海。波の音が響いている。

  そこにロミオが歩いてくる。

ロミオ「ジュリエット、待たせたな」

ジュリエット「ロミオ」

  剣を抜く二人。

ロミオ「これで心置きなく……」

ジュリエット「死合いができますわ!」

ロミオ「うおおおおおお!」

ジュリエット「はああああああ!」

   二人が全力で切り結ぶ。

終わり

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉