【声劇台本】記憶の奥

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、シリアス

■キャスト
リョウ
ノア
ギーク
その他

■台本

リョウ(N)「俺の記憶に残っている、一番古いものは……」

回想。

リョウが8歳。

ギーク「リョウ……。お前の才能は神に恵まれ過ぎた。この俺さえも上回るとは」

リョウ「……父さん、止めて」

ギーク「最強の傭兵は俺一人でいい。どんな奴でも、俺を超えることは許さん」

リョウ「止めて、止めてよ……」

ギーク「死ね!」

リョウ「うわあああああ!」

回想終わり。

8年後。リョウが16歳。

リョウ(N)「俺は辿り着く。絶対にあいつの元に辿り着いてみせる」

ノア「リョウ。リョウ……」

リョウ「ん? ああ……。ノア」

ノア「……凄いね。戦場で熟睡できるなんてリョウくらいだよ」

リョウ「あー、くそ。最悪の気分だ」

隊長「おい! 傭兵ども、仕事だぞ!」

リョウ「さてと。いっちょ、憂さ晴らしと行きますか」

ノア「……僕は死なないように頑張るよ」

隊長「よし! 突っ込め―!」

リョウ「うおおおおお!」

そこら中から怒号と剣戟の音が響き渡る。

場面転換。

リョウ「よお、ノア。生きてたな」

ノア「あはは。何とかね」

リョウがノアの隣に座る。

リョウ「ほら、エール。俺の奢りだ」

ノア「ありがとう。遠慮なく、もらうよ」

リョウ「やっぱ、戦いの後の酒は美味いよな」

ノア「……ねえ、リョウは怖いと思ったことはないの?」

リョウ「ん? 何がだ?」

ノア「戦いだよ。……死ぬかもしれないことに怖いと感じたことってないの?」

リョウ「いつも思ってるさ。死ぬのが怖いんだ、俺は」

ノア「……リョウでも思うんだ」

リョウ「俺は目的を果たせずに死ぬことが何よりも怖い」

ノア「……目的?」

リョウ「親父を……親父の胸に剣を突き刺すことだ」

ノア「ご、ごめん。なんか複雑な家庭環境みたいだね」

リョウ「いやあ、単純な話だ。親父も傭兵をやっていて、その親父に殺されそうになった。だから、復讐してやるって話だ」

ノア「……十分、複雑だと思うけど。リョウのお父さんって、傭兵なら、もしかしたらもう……」

リョウ「いや、それは絶対ない。あいつが死んだら、絶対に噂になるはずだからな」

ノア「リョウのお父さんって有名なの?」

リョウ「ああ。ノアも聞いたことあるんじゃないか? ギークって名前」

ノア「(エールを吹き出す)ぶはっ! ギーク? ギークって、あの……?」

リョウ「ああ。最強の傭兵と呼ばれたギークだ。……まあ、今は逆賊として懸賞首だけどな」

ノア「……一国落としのギークの子供か。リョウの鬼のような強さの秘密がわかった気がするよ」

リョウ「あいつの血が入っていると考えると死にたくなるけどな」

ノア「でも、どうしてリョウは、お父さんに殺されそうになったの?」

リョウ「俺が……親父を超える存在になりそうだったからだ」

ノア「え?」

リョウ「あいつは最強の傭兵という名前に取り憑かれてたんだ」

ノア「確かにリョウの強さは桁違いだよね」

リョウ「あいつは俺を捨てた。殺そうとした。だから、俺は再びあいつの前に立ち、あいつの胸に剣を突き立ててやるんだ」

ノア「ははは。リョウならきっとやれるよ」

リョウ「きっとじゃねえ! 必ずやり遂げてみせる!」

ノア「頼もしいね」

リョウ「けど、まだあいつには勝てない。もっともっと、俺は戦場で鍛え続けないとな」

ノア「まあ、相手は伝説級の傭兵だからね」

リョウ「ふん、あんな奴、傭兵じゃなくて逆賊だ、逆賊!」

ノア「あれ? そういえば、リョウが殺されそうになったのはいつ?」

リョウ「ん? 8年前だな」

ノア「……そっか」

リョウ「どうかしたのか?」

ノア「いや、ギークが国を襲って落としたのって、9年前だよね?」

リョウ「んー、まあ、そうなるな」

ノア「だったら、もう傭兵じゃなく賞金首になってたってことだよね?」

リョウ「それがどうした?」

ノア「そんな状態で、その……名前にこだわるかな?」

リョウ「どういうことだ?」

ノア「ごめん。あくまで可能性の話なんだけど……。ホントにギークはリョウを殺したかったのかな?」

リョウ「何言ってんだ、現に俺はやつに殺されかけたんだ」

ノア「……そのときの状況を思い出せる?」

リョウ「忘れもしねえ。あいつは俺に向かって剣を振り下ろした。防ぐことができず、俺は斬られたんだ。そして、その後、俺はそのまま道端に捨てられた。皮肉なことに、親父を追っていた国軍に拾われ、命を取り留めたってわけさ」

ノア「そっか……やっぱり」

リョウ「なにがだよ?」

ノア「やっぱり、ギークはリョウを殺す気じゃなかったんだと思う」

リョウ「はあ? 何を根拠に!」

ノア「だって、リョウは生きてる」

リョウ「……?」

ノア「伝説とさえ呼ばれた人だよ? そんな人が8歳の子供を斬るのを失敗するとは思えない」

リョウ「……」

ノア「それに一刀で仕留められなかったなら、首でも刎ねればよかったんだ」

リョウ「待て、待て、待て! 仮にノアの言う通り、親父は俺を殺す気がなかったとする。けど、何のためにそんなことをする必要がある? 単に俺が邪魔なら、そのまま捨てればいいじゃねーか」

ノア「自分を恨ませるため」

リョウ「どういうことだ?」

ノア「もし、そのまま捨てたとしても、もしかしたら自分を探し当て、戻って来るかもしれない。それなら、殺そうとすることで自分に対して恨みを持てば、戻ってくることはないって考えたんじゃないかな」

リョウ「そこまでして俺を遠ざける意味はなんだ?」

ノア「ギークは賞金首だ。もちろん、その一味にも懸賞金がかかってる」

リョウ「……俺を逃がすためか?」

ノア「もしかしたら、ギーグはリョウに殺されたいのかもしれない。逆賊を狩ればリョウは英雄として崇められるし、賞金や最強の傭兵の名も手に入る。いいこと尽くしなんだ」

リョウ「ま、待てよ! そんな……。あいつはそんなことを……するはずが……」

ノア「ギーグは、リョウの目から見てどんな人だったの?」

リョウ「……覚えてないんだ。殺されそうになってときのことしか……」

ノア「もしかしたら、何かの薬を使ったのかも。思い出があれば、きっとギークの嘘に気づく恐れがあるから」

リョウ「……けど、それはお前の想像だ」

ノア「ああ、そうだね。全然違って、本当にリョウを殺そうとしただけなのかもしれない。だけど……もしかしたら、僕が言った通りなのかもしれない」

リョウ「……結局、あいつ自身に聞くしかないってことか」

ノア「うん」

リョウ「ま、いいさ。結局、あいつにところに辿り着くという目的は変わらないからな」

ノア「僕も手伝えることがあれば手伝うよ。エールも奢ってもらったし」

リョウ「はははは。エール一杯で命をかけるってか。イカれてるな」

ノア「まあ、伝説の傭兵ギークを倒そうとするリョウほどじゃないけどね」

場面転換。

怒号と剣戟の音が響き渡る戦場。

隊長「おい! 傭兵ども、仕事だぞ!」

リョウ「よし、行くぜ、ノア」

ノア「うん。死なないように頑張るよ」

リョウ「うおおおお!」

戦場に駆けていくリョウ。

リョウ(N)「俺は辿り着く。絶対にあいつの元に辿り着いてみせる。そして、理由を問い詰めるんだ」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0