【声劇台本】女心と秋の空

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
増田 愛莉(ますだ あいり)
真(まこと)

■台本

愛莉(N)「3年前まで、私には好きな人がいた。その人は特に頭がいいわけでも、スポーツができるわけでもない。休み時間は他の男子と変わらないバカ騒ぎをしている。……ただ、時々、窓の外を眺めている目がどこか儚げで、寂しそうに見えた。そのギャップが私の中で引っかかったのだ。その頃はよく漫画を描いていて、その人の絵ばかり描いていた。だけど……」

真「増田! いっつも、何描いてるんだ?」

愛莉「あ、ううん。何でもない」

真「いいから見せろよ!」

愛莉「あっ!」

バッと紙を奪い取る。

真「へー。漫画描いてたのか。どれどれ? げっ! なんで、男同士で抱き合ってんだよ!」

愛莉「いや、えっとそれは……」

真「気持ち悪ぃ!」

ビリと紙を破る。

愛莉「あっ……」

愛莉(N)「こうして、私の初恋は紙と一緒に破られたのだった。中学を卒業して、高校に進学しても同じ学校にいる。だけど、あれ以来、一言も口をきいていない。可愛さ余って憎さ百倍。女心と秋の空とはよく言ったもの。今では学校内で一番嫌いな人になっている」

場面転換。

愛莉が走っている。

愛莉「はっ! はっ! はっ!」

プシューとバスのドアが閉まる。

愛莉「あ、待ってー!」

バスが行ってしまう。

愛莉「行っちゃった……」

歩いて、バス停の中に入って、椅子に座る。

愛莉「仕方ない。あと10分待つか」

そのとき、パラパラと雨が降って来る。

愛莉「あ、雨……。よかった。屋根のあるバス停で」

遠くから、真が走ってくる。

真「はっ、はっ、はっ」

バス停の中に駆け込んで来る真。

愛莉「げっ!」

真「ふう。間一髪」

ザーッと勢いよく雨が降る。

愛莉「……」

真「あ……」

愛莉「……」

真「……」

愛莉(N)「最悪。よりによって、あいつと二人きりなんて……。せめて雨が降ってなければ、外で待つのに」

真「……」

愛莉(N)「なんか、こっち、チラチラ見てるし。頼むから話しかけてこないでしょ。そっちはあのこと、忘れてるかもしれないけど、こっちはしっかり覚えてるんだから」

真「あ……あの、増田さん」

愛莉「……え? 私のこと、覚えてるの?」

真「うん。中学のとき、一緒のクラスだったでしょ」

愛莉「記憶力がいいんだね」

愛莉(N)「でも、あのことは覚えてないでしょうけど」

真「あのさ……」

愛莉「ごめん。私、今、誰とも話したくない気分なんだ」

真「え、あ……そっか。ごめん」

愛莉「……」

愛莉(N)「あと5分か。あーあ。最悪の時間って、過ぎるの遅いなぁ。早くバス来ないかな……」

真「……あのさ」

愛莉「……なに?」

真「ごめん」

愛莉「は? なに? 急に」

真「増田さんはもう覚えてないかもしれないけど……」

愛莉「……?」

真「中学生のとき、増田さんが描いた漫画を破いたことがあったんだ」

愛莉「え?」

真「ずっと……謝りたかったんだ。あんな最低なことをするなんて」

愛莉「……」

真「謝ろうって思って……でも、勇気が出なくて……時間が経てば経つほど言い出せなくて……気づいたら、中学、卒業になって……」

愛莉「……3年前のこと、急に謝られても」

真「そ、そうだよな。今更……遅いよな。でも、これだけは渡しておきたくて……」

カバンをガサガサと漁る真。

そして、一枚の紙を取り出す。

愛莉「これって……」

真「破った漫画……。テープでつなぎ合わせたものなんだけど……」

愛莉「ぷっ! あはははは」

真「増田さん?」

愛莉「今頃、このページ返してもらっても、他のページが残ってないわよ」

真「あ、そ、そっか……」

愛莉「でも、ありがとう」

真「え?」

愛莉「ねえ、もしかして、3年間、ずっとこれ、持ち歩いてたの?」

真「う、うん。いつでも渡せるように……」

愛莉「……」

愛莉(N)「女心と秋の空。……そう。女の心は秋の空のように変わりやすい。可愛さ余って憎さ百倍の逆のことわざはないのかな? 女心は複雑のようで単純。漫画を破られたことで、この人を嫌いになった。でも、その漫画を返してくれただけで、私の心はまた、ひっくり返ってしまった……」

そのとき、バスがやってきて、プシューとドアが開く。

愛莉「……」

真「……」

再び、プシューと音がして、バスが出発する。

愛莉「あ……。雨、止んだね」

真「ホントだ」

愛莉「行こっか」

真「うん」

愛莉と真が並んで歩く。

真「さっきまで、すごい雨だったのに、凄い晴れてる」

愛莉「ふふ。さすが秋。天気が変わりやすいね」

真「あ、見て! 虹だ」

愛莉「……綺麗だね」

愛莉(N)「私には好きな人がいた。すごく嫌なことをしてきたと思ったら、その逆をしてくる。そんなギャップに、私は二度目の恋をした」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0