【声劇台本】闇の眷属 最強の能力

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉 

〈声劇用の台本一覧へ〉

■関連シナリオ
<闇の眷属>

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、学園、コメディ

■キャスト
田中 透真(たなか とうま)
八神 華憐(やがみ かれん)

■台本

透真「くくくく。我が邪眼の能力をもって挑めば、この程度の結果は当然だ」

華憐「ふむ。透真よ。なかなかやるではないか。偉い偉い」

透真「えへへへ。そう? でも、華憐さんが勉強見てくれたおかげだよ。テストで80点なんて初めてだ!」

華憐「いつもは赤点ギリギリじゃったからな。とはいえ、これは透真の努力の結果じゃよ。胸を張って誇るがよい」

透真「うん! ありがと!」

華憐「それにしても、透真は、ついに邪眼までも発現してしまったか。増々、闇の力が高まってしまうな」

透真「うむ! 今は強大な意思の力で抑えこんでいるが、気を抜くとこの学校を……いや、この周辺ごと灰にしてしまう」

華憐「それはマズイな……。早急に何とかせねば。透真よ、ちょっとこっちに来るのじゃ」

透真「なに?」

華憐「少し、目を見せてもらうぞ。……邪眼に目覚めたのはどちらの目じゃ?」

透真「えーっと、左……いや、右目にしておくよ」

華憐「右目か……。なかな厄介じゃのう」

透真「そうなの?」

華憐「ああ。左目であれば、純粋に力を高めるという作用になるのじゃが、右目となると様々な能力に目覚める可能性が高いんじゃよ」

透真「へー。そうなんだ」

華憐「あとは何段階、覚醒しているかじゃが……。ふむふむ」

透真「な、なんか、ジッと見つめられるのって照れるね」

華憐「阿呆。この地域の安全がかかっておるのだぞ。そんなことを言ってる場合ではあるまい」

透真「う、うん……そうだね」

華憐「うむ……。今はまだ完全に休止状態のようじゃな。わずかな力も感じん」

透真「あー、うん。……そうだろうね」

華憐「難しいな。現段階では、どのような作用を持つ目なのかがわからん。対抗策を講じるのが難しそうじゃな」

透真「あ、あんまり、無理しなくていいからね」

華憐「そうはいかんじゃろ。何しろ、透真の命もかかってるのじゃからな。力が暴走して、宿主自体も消滅させる、なんてことになれば洒落にもならん」

透真「いや、それは……大丈夫だと思うけど……」

華憐「透真の欠点は自分の力を過信し過ぎるところじゃ。一瞬の油断で取り返しのつかないことになることもあるんじゃぞ」

透真「……ごめん」

華憐「まあ、よい。儂が、明日までには何とかしよう。それまでは耐えてくれ」

透真「うん。分かった」

場面転換。

放課後の小さな教室内。

遠くから部活の声や音などが小さく聞こえる。

ガラガラとドアを開けて、部屋に入って来る透真。

透真「ふはははは。今日も、世界侵略の大きな一歩を踏み出すぞ!」

華憐「おお、来たか、透真。ほれ」

華憐が透真に布を放る。

透真「え? なに? ……あ、眼帯だ! 格好いい!」

華憐「眼帯の裏側に特殊な魔術式を組み込んである。これがあれば、そうそう邪眼が暴走することもあるまい」

透真「へー! 華憐さん、ありがとう!」

華憐「気にするな。当然のことをしたまでじゃよ」

透真「ねえ、付けてみていい?」

華憐「ああ」

透真「よっと……」

透真が眼帯を装着する。

透真「どう? 似合ってる?」

華憐「うむ。なかなか格好いいぞ」

透真「えへへ。照れるなぁ」

華憐「それでは、使い方を教えるぞ。よく聞くのじゃ」

透真「使い方?」

華憐「そうじゃ。眼帯に仕込んである、魔術式じゃが、それは邪眼が暴走しそうなときにのみ、発動させるんじゃぞ」

透真「邪眼が暴走しそうなとき……」

華憐「その邪眼の能力は未知数じゃ。何が起こるかわからん。じゃから、少しでも危険を感じたら、魔術式を発動させるんじゃ」

透真「発動させたら、どうなるの?」

華憐「透真以外の世界の時間を凍結させる。もちろん、邪眼の力さえもな。その間に透真は邪眼を抑え込む力を貯め込むのじゃ」

透真「ふーん。……え? ちょっと、待って。それって、時間を止められるってこと?」

華憐「そうじゃが?」

透真「凄い! それって、最強の能力だよ! ねえ、どうやって使うの?」

華憐「咄嗟に使えるように、解放方法は簡単にしておいた。眼帯に触れて、強く念じるのじゃ。止まれ、とな」

透真「それだけなんだ?」

華憐「言っておくが、かなり強力で危険な術式じゃから、無暗に……」

透真「止まれ!」

音がピタリと止み、時間が止まる。

透真「あれ? 凄く静かになった」

華憐「……」

透真「華憐さん? ……すごい! ホントに止まってる! ふははははは! 我は最強の能力を手に入れたぞ! 時間を止める! 我が能力に相応しい! そうだろう!? 華憐よ!」

華憐「……」

透真「あ、止まってるから、返事できないのか。……どうやったら元に戻るんだろ? 眼帯に触って……戻れ……とか?」

再び時が動き出す。

華憐「使うでないぞ」

透真「あ、戻った」

華憐「ん?」

透真「華憐さん、ありがと! 最高のプレゼントだよ」

華憐「う、うむ……。喜んでくれてなによりじゃ」

場面転換。

廊下を歩く透真。

透真「うわー、凄いな。本当に時間が止まるなんて。何に使おうかなー。……うーん。ホントに何に使おう……」

場面転換。

教室内。テスト中。

カリカリと紙に解答を書き込んでいく音が響く。

透真「(小声で)うわー。この問題の解き方、教えてもらったはずなんだけどなー。なんだっけなー。あ、そうだ!」

眼帯に触れる透真。

透真「止まれ!」

時間が止まり、音も消えて静まる。

透真「よし、時間を止めて、教科書を……」

回想。

華憐「これは透真の努力の結果じゃよ。胸を張って誇るがよい」

回想終わり。

透真「……。やっぱり、自力で解こうっと」

場面転換。

街中を歩く透真。

透真「時間を止める能力って、バトルものだと最強だけど、日常生活だと使う場面、ないよなー」

グーっとお腹が鳴る。

透真「お腹減ったなぁ。でもお金無いし。あ、そうだ。時間を止めれば、盗み放題……って、そんなことをするために用意してくれたわけじゃないんだから。……そんなことしたら、華憐さんに悪いよね」

場面転換。

ガラガラとドアを開けて、部屋に入って来る透真。

透真「お疲れ様……」

華憐「おお、来たか、透真よ。……ん? どうした? 元気がないようじゃが」

透真「眼帯、返すよ」

華憐「なぜじゃ?」

透真「これを持ってたら、僕、ダメな人間になっちゃいそうだからさ」

華憐「じゃが、邪眼はどうするんじゃ?」

透真「ふははははは! この透真様を舐めるなよ! そんなものがなくとも、邪眼の力ごとき制御してみせるわ!」

華憐「そうか……。うむ。そうじゃな。透真の力を信じよう。……余計なことをしてしまって、済まなかったな」

透真「ううん。僕のために凄い眼帯作ってくれて、嬉しかったよ。ありがとう」

華憐「ふむ。まあ、透真とは一蓮托生じゃ。当然のことをしたまでじゃよ。……じゃが、眼帯を受け取らないんじゃから、力の暴走は許さぬぞ」

透真「うん! 任せておいて!」

華憐「うむ、良い返事じゃ。最近は自信がついてきたようじゃの」

透真「えへへへ。華憐さんのおかげだよ。これからもよろしくね」

華憐「ああ。こちらこそ、な」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0